子宮筋腫について


子宮筋腫という病気をご存知でしょうか。
これは筋肉の瘤の様な塊が平滑筋の中に適う事を指しているのです。
つまり腫瘍が子宮内に適うのですが良性の腫瘍となっています。
ですから他の臓器への転移と言うのは心配する事は有りません。
最初は筋腫もしょうもないですが次第にゆっくり他の正常な筋肉を押しのける形で成長していきます。
大きさも人それぞれで小さくて顕微鏡でしか確認できないものから数十センチクラスまで大きくなる事も有ります。
場合によっては手術をし省く様になります。
手術も全部行うのではなく、場合によってはそれで医師と相談してする事になります。
本当に接する事は殆ど無いと思いますが、硬さはソフトボール位で色もピンクか灰白色を通じています。
また子宮内の血行が悪くなると暗赤色の様に血液が充満した色になる事もあるそうです。
子宮筋腫が出来る場所は子宮内のいつの部分にも可能性が有ります。
この出来た場所によって身体に浮き出る症状も違いますし、治療もなる事になります。
またタイプも子宮内の筋肉の内側に出来るもの、外側に出来るもので変わってきますし、子宮から飛び出て膣の方まで見つかるものもあるのです。
月経が在る女性であれば子宮筋腫が出来る可能性は充分に有り、狭い筋腫も含めたら殆どの女性に有るのではないかとおっしゃる位、ありふれた病気と言っても良いでしょう。
多くは30代~50代の人に多く見られますが、今は初経年齢が幼くなっている事も有り初々しい世代の人にも広がる様になってきているそうです。

子宮筋腫はなんで出来るのでしょうか


筋腫予備軍は多くの女性の子宮の中に見て取れると考えられていますが、この筋腫予備軍が日増しに成長して症状を引き起こしてしまう場合と、引き起こさない場合が有る様です。
これは卵巣によるホルモンの働き方や子宮筋腫予備軍のときの違いによって、育ち方に違いが出てくると考えられているのです。
通常、子宮筋腫と言うのは悪性ではなく良性の腫瘍である為に、どうしようもなく大きくなって仕舞う事と言うのは案外無いです。
あまり大変ならない人だっているのですから。
でも大きくなってしまうと手術等を通して取り除いた方が良い場合も有ります。
手術になると些か不安ですよね。
手術以外の方法も治療をする事が出来るので後は医師との相談になりますね。
それでも子宮筋腫って月経が見て取れる女性しか発生しないと言われています。
つまり月経が始まっていないお子さん、閉経してしまった女性の方には殆ど発生しないという事なのです。
そんなに考えると月経を起こしている卵巣のホルモンが子宮筋腫が出来る原因と関係している事が分かると思います。
それでもどうして子宮筋腫が子宮の筋肉の中に出来るのかと言うのはいまだ謎なんだそうです。
それに子宮筋腫って出来る時は1個ではなくて複数個叶う場合が殆どだそうなのでそれも謎ですよね。
この様に女性の卵巣から出ているホルモン(多くはエストロゲンというホルモンが原因だと言われています。
)が子宮筋腫を作って仕舞う原因だと言われているのですが、もう完成している子宮にはいかにエストロゲンを与えても筋腫は出来ないそうです。
女性の身体って不思議ですよね。

子宮筋腫が発生する場所


一言で「子宮筋腫」と言ってもその出来る場所は人それぞれだそうです。
今までの統計によると全体の9割以上は子宮内部に発生していて、1割以下の方は子宮頚部に発生していると言われています。
子宮の中に出来る筋腫はまたそれぞれ場所が有って、「筋層内筋腫」という子宮の筋肉の中に出来る筋腫、「しょう膜下筋腫」という子宮の表面に適う筋腫、「粘膜下筋腫」という子宮の内宮に適う筋腫が有ります。
「筋層内筋腫」は子宮の内側が生える様な感じで成長して行く為に、月経量が増えて仕舞う傾向に有ります。
これにより月経痛が酷くなったり貧血になったりする症状が出てくるそうです。
また成長してくると卵管が圧迫変わる事も有り、これが不妊症の原因になる事もあるそうです。
「しょう膜下筋腫」はすごく成長してしまうとお腹の上から触っても聞こえる位、固いしこりとして出てきます。
初期状態は症状は決して出てこない為、結構成長してから出ないと症状として出てこないのが特徴的です。
症状が出るころには膀胱が圧迫変わる事も有り、ひん尿になるケースも有ります。
どんどん大腸が圧迫変わる様になると便秘を起こす場合も有るそうです。
場所によっては背中が痛くなる事もあるそうです。
「粘膜下筋腫」は月経量が増えて仕舞う事により月経痛が酷くなったり貧血になったりする場合も有り、場合によっては不妊症になる可能性も有ります。
不正出血の可能性も見て取れるそうです。
この様な症状が出来る場所によって違ってくるのも子宮筋腫の特徴で、場合によっては手術になる可能性も有ります。
手術の場合は医師に相談の上司る様にしてくださいね。