子宮筋腫は再発するのでしょうか


どうにか治療を通しても不安になってしまうのが子宮筋腫が再発してしまうかどうかだと思います。
どんな治療を受けたとしても子宮全摘手術で子宮を全部取り除かない限りは再発する可能性は少なからずあるのが本音です。
西洋医学において薬もの治療をしたとしても症状は改善されますよね。
けれどもその改善は一時的なもので見て取れると言います。
何故ならホルモン剤として治療をするのですが長期使用は辛く、いずれは止めなくてはなりません。
止めた途端に筋腫が再発して症状が元に返るケースも有ると言うのです。
またせっかく手術で筋腫を切除したとしても筋腫の種を完全に除去する事は厳しいのでどうにも再発の不安は残す事になるのです。
子宮筋腫も閉経が近付いているのであれば良いのですが、20~30代の初々しい世代の場合は閉経まで長い期間が有りますよね。
その分女性ホルモンは分泌積み重ねる訳ですからどうしても再発は可能性が否定できないという事になります。
もしも再発をした場合だが、筋腫を省く事はちょっと苦しくてこの時こそ子宮全摘出手術にあたって症状を切り詰めるという方向を決める方が多いと言われています。
もちろん子宮を全部とるのはお断りという方の為に代替療法も有りますが、長く子宮筋腫と付き合って行く事になります。
再発はそれほど子宮が在る限り否定は出来ませんが、子宮を残して将来妊娠を望むのであれば症状を緩和させながら上手に付き合って出向く事が大切だとも思うのです。

子宮筋腫が有っても妊娠は可能なのでしょうか


子宮筋腫が出来て手術をしなくてはならないとなると気になるのが、今後妊娠出来るかどうかだとお思います。
子宮筋腫は場合によっては不妊症の原因になって仕舞う事もあるのですが、子宮筋腫の発見自体が妊娠がきっかけになっている場合も結構在るのです。
ですから子宮筋腫が有ったって妊娠は可能だという事がお分かり頂けると思います。
それでも子宮筋腫を有するときのまま妊娠状態を続けた場合、どういう影響が有るのかと言うのは少し解明決める点が多く在るようです。
大抵は妊娠したら筋腫の発育も止まってしまうと言われています。
人によっては小さくなる人さえいるそうです。
これだけ聞けば良い事じゃないかと思いがちですが、筋腫が出来ている場所や個数、大きさによっては流産の可能性、早産の可能性を決める事になるとも言います。
子宮筋腫が大きくなって子宮を圧迫させてしまった場合、子宮内腔を変形させて仕舞う事になるからなのです。
また別の症状を引き起こす可能性も有りますので、医師と相談したうえで適切な処置を施して貰う必要が有るのです。
また分娩ところ筋腫が邪魔をする事が有るのでこの場合は帝王切開を通して出産という形を取る事になるそうです。
一般的に子宮筋腫が出来て妊娠を希望しているのであれば、早めに手術を通じて除くのが素晴らしいと言われています。
それでも妊娠や子宮筋腫等、仲間でも不安なのに重なってしまったら不安は膨れ上がってしまいますよね。
けれども絶対に出産出来ないという訳でも有りませんので、前向きに頑張って医師と相談して向き合っていきましょう。

ホルモン療法で子宮筋腫を治療するという方法


ホルモン療法は子宮筋腫の治療で行われている薬もの治療の1つになります。
筋腫が高い場合、症状が厭わしい場合、手術を受ける前の出血を制する為にこの治療方法を用いって行われます。
どうしてホルモン療法が良いのかと言うと、子宮筋腫の成長と女性ホルモンはとても深く関係していると言われているからです。
卵巣から女性ホルモンが分泌されるのが多い年代の女性に子宮筋腫になる方が多いと言われています。
その為に月経が始まっていない女性には子宮筋腫は無いと言われているのです。
また閉経すると女性ホルモンの分泌が残る為に筋腫も小さくなると言われています。
この様に奥深い関係が在る為にホルモン治療をするのですが、この方法で脳に働きかけて女性ホルモンの分泌を治める様に命令を出して排卵をいったん止めるのです。
こうすると子宮が一時休止状態になり筋腫が小さくなったり症状が改善したりという状態を作ってもらえる様になります。
ホルモン治療は皮下注射や点鼻薬によって行われるのですが、副作用が力強いのがデメリットとして挙げられます。
主な副作用としてはのぼせたりほてったり、肩凝り、不眠、頭痛、うつ症状、発汗、動機、めまい等が挙げられます。
これらは更年期障害の様な症状と言っても良いかもしれませんね。
こんな症状が出た場合にはそれ相応の対応が受ける事になります。
ホルモン治療も手術とは違うので1回の投与で終わるのではなくて複数回行わなくてはなりません。
もっと長期間の使用は控えた方が良いので半年ほど続けたら一旦終了という事になるそうです。