糖尿病の人が行う熱中症対策


糖尿病の病気を持ち歩いている人は平凡以上に熱中症には気をつけなければいけません。
糖尿病治療の一環として減量や適度な運動をしなければならないと言われています。
但し、糖尿病の方の場合、発汗機能が上手くいってない方が多い様です。
これは身体が高血糖状態になっている為、皮膚上の血流障害が起きたり自立神経の障害が起こっていると考えられているからです。
こうなると体温調節をする事が余計大変になり、熱中症になりやすくなってしまうのです。
熱中症の症状を引き起こさない為には水分や塩分を適度に小まめに摂取するのが良いと言われています。
中それでもお水よりスポーツドリンクを推奨している事も多いです。
ただし、糖尿病の方の場合はこのスポーツドリンクも気をつけなければなりません。
スポーツドリンクには塩分も入っていますが糖分も入っています。
呑み過ぎてしまうと糖分を摂りすぎてしまい、高血糖になる可能性も出てきます。
ですから、熱中症対策としてスポーツドリンクを入れるのであれば糖類が少ないものを選ぶ様にする事が大切となります。
もし糖分が高いスポーツドリンクしか無い場合には、勿体ないけど水で薄めてから呑む様にすると良いと思います。
しかし、自己判断は良くありませんので罹り付けのお医者様に聞いて熱中症対策に有難い呑みものを聞いてから対策をするとより良いと思います。
再度ですがビールやコーヒー等、カフェインが含まれているものは離尿作用が有るので熱中症対策にはオススメ出来ません。
そういった事を踏まえて熱中症の症状が出ないようにしましょう。

熱中症を予防する為には


熱中症の症状を引き起こしてしまうと最悪死んで仕舞う程、弱く見てはいけない症状です。
その為にある程度予防を通じておく事が大切となります。
では、熱中症の予防に何をしたらいいのか挙げてみたいと思います。
【水分補給】
暑い日に汗をかいたら引き続き放っておいてはいけません。
そのままでいたら脱水症状になってしまって熱中症にもなってしまいます。
汗をかいたらその分水分を補給ください。
どちらかと言うと喉が渇く前に補給する様にすると体調がおかしくならなくて良いと思います。
水分補給に適している水分はお水も良いですが、塩分も一緒に取ると体内への水分吸収が良くなりますのでスポーツドリンクがお勧めだと言われています。
【体調管理】
体調を崩してしまうと熱中症にもなりやすくなってしまいます。
夏は暑くてしっかり寝る事も耐え難い日が多くなってしまいますよね。
その為にエアコンを付けて涼しくしてから寝る様にするとか、上手に利用する事も大切になります。
暑過ぎ去る日には外に出掛ける時は水分を携帯していったり、適度に休憩を取ったりして注意する様にください。
グングン熱中症に一度かかった事が有る人は、またかかりやすくなっているので注意して下さい。
【日よけ対策】
身体の中に熱がこもらない様に洋服をきる時折通気性が良い服をはおる様にください。
また黒の洋服だと熱がこもり易いですので、白系統の服を着る様にして熱を取り逃す様にする事も大切です。
また帽子や日傘も充分に活用してください。

熱中症の症状にはどんなものが有るのでしょうか


夏になるとニュース等で素晴らしく耳にする事が多くなる「熱中症」。
よく訊く言葉ですけど、まさにどんな症状が熱中症の症状なのか知らない人も多いのではないでしょうか。
なのでここでは熱中症にどんな症状が出るのか挙げてみたいと思いますので、夏に海や山等アウトドアをする予定が在る人なんかは特に参考にして下さい。
【熱失神】
熱失神の場合ですと、名前の通り失神を起こしたり、目眩を起こしたりします。
この時顔色は顔面蒼白ですし、血圧も低下していますので注意して下さい。
【熱疲労】
熱疲労の場合ですと、脱水症状を起こしている可能性が有ります。
この為に頭痛や吐き気と言った症状が起こります。
【熱痙攣】
熱痙攣の場合ですと、脱水症状を起こしている可能性が有り、水分が体内に足りない状況になっています。
この為、血液中の塩分も不足して仕舞う様になり、手足、腹部などに痛みが伴う痙攣が起きるという症状が出ます。
【熱射病】
熱射病或いは日射病とも言います。
この症状の時は体温が思い切り上がっている事が予想されます。
この状態が貫くと意識障害になって仕舞う事も有る為、最悪の場合、死に到るケースも見て取れるようです。
上記の他にも小気味よいときの熱中症にかかって仕舞う場合も考えられます。
脈拍が速くなったり、顔色が青くなったり、手足や腹部が痙攣したり、少しだけでも失神したりする事が考えられます。
症状が重くなるほど熱中症としても重くなっていますので、早めに病院に行く事をオススメします。