小児科の診察


小児科の診察はそのまま病気の診察ということだけではなく、子供の成長を見るということも含まれます。
子供が元気でも普通より成長が鈍いとか、体がつまらないといったことが病気によるケースもあるのです。
子供の親は自分の子供がすくすくと育ってほしいと願っています。
それが当たり前なのです。
人よりも成長が遅れていたり、言葉を覚えるのが遅かったりするだけでお母さんやお父さんは心配してしまいます。
また、子供の発熱は大人よりも高いことがよくあります。
そのために多くの人がよけいに心配してしまう。
困ったことに、乳幼児は自分でどこが腹黒いのかを訴えることができません。
小児科をめぐっても、症状は親や家族からの説明を受けるしかないのです。
あなたの子供のことをよく観察しておきましょう。
小児科で診察を受けるたまに症状や昨日までの様子などを説明出来るようにしておくといいですね。
大事に至らないとしても、不安があるのならば小児科に診せることもいいのです。
夜中に咳が出やすい子供もたくさんいます。
小児科医になった人は夜中それでも診察しなければならないことは覚悟しているのです。
当然、無用な診察を要求することのないように日ごろから子供を健康的に育てましょう。
健康的な生活とはバランスの取れた食事が一番です。
乳児の時には離乳食などにも気を配らなければなりません。
わからないことは小児科で相談することもできますし、インターネットなどで子育て支援のサイトもあります。
核家族化したと言っても情報源はたくさんあるのです。

小児科を知る


子供の診察は小児科です。
15歳未満までが小児科の対象となっています。
赤ちゃんの時には発熱やおう吐などの症状が急に生まれることが多いようです。
その時慌てないでいいように小児科のことを調べておきましょう。
もちろん、近所にある小児科のことはもちろんですが、休日や夜間に対応できるところを確認しておくことが大切です。
また、小児科に診せる前に親として出来ることはないかを知っておくことも大事です。
子供の症状の多くは病院に診せる程でもないからです。
また、毎日子供と接しているお母さんは子供ことが一番わかっています。
相応しいときの状態、平熱、食欲などは小児科医にはわかりません。
小児科で診察するたまに詳しい説明ができればいいですね。
子供に熱が出ても焦ることはありません。
落ち着いて対処することが大事です。
現代は少子化が進んでいますから、小児科の数も減少しています。
閉鎖されたところや統廃合されたところも多いのです。
小児科の救急外来を通している病院では多くの子供と親が訪れているそうです。
実に入院するほどの重症の場合は仕方ないとしても、自宅で対応出来ることもあるはずです。
乏しい小児科医での対応は現状として仕方ないのですが、軽症であれば出来るだけ小児科に罹らなくていいように望むものです。
そのためには子供の状態に関する知識を携帯しておくことが大事です。
自治体ではそのようなお母さんたちへのゼミナールを開いているところもあります。
発熱やおう吐などでの対応の仕方など、お母さんやお父さんも出来ることがたくさんあるのです。

小児科の特徴


医学的見地から見た子供はどんなことでしょうか。
やはり、大人とは多くの点で違っています。
そのために病院には小児科というものがあるのです。
子供の特徴としては発育・発達することです。
体がやがて大きくなっていきます。
小さい時にはできなかったことができるようになるのです。
従って、小児科の役割としては子供が発育するために十分な支援ができるかどうかです。
主体は子供ですが、自分自身で健康を維持していくことはできません。
親はもちろんのこと、病舎、地域や行政の手助けが必要なのです。
子供は生まれた時から母子手帳を携帯しています。
お母さんが携帯しているものです。
これには子供の成長記録が書かれているのです。
いつごろ、どんな病気をしたのか、予防接種などの状況が頷けるようになっています。
大人が飲んでいる薬も子供に飲ませることはできないものはたくさんあります。
また、量も大人の半分以下であるケースがほとんどです。
大差では体のつくりが違うと考えた方がいいのです。
勿論、内臓などの器官はおんなじものだが、発達途上にあるのです。
薬の作用で気を付けなければならないのは、その発達を阻害するようなことがあってはならないということです。
また、乳児と3歳ぐらいでも大きく変わっています。
自分の子供のころのことを考えればすぐにわかりますね。
小児科医は大抵のところにありますが、現代のように少子化が進んでくると、その経営はあまり困難と言われています。
総合病院も小児科が閉鎖された例はたくさんあるのです。