後発医薬品の購入


最近よく耳にすると思いますが、後発医薬品の活用が推進されているようです。
後発医薬品とはある薬を開発した製薬会社の特許権が切れて、他の製薬会社がおんなじ成分の薬を取ることです。
後発医薬品ですから価格も低くなっています。
これを利用することによって、医療費全体を抑えようということなのです。
では後発医薬品の購入はどうすればいいのでしょうか。
個人的に後発医薬品を購入することはできません。
それは医師の処方箋が必要だからです。
処方箋において薬局が調剤するのです。
購入するためには医師に依頼するしかないのです。
病院で医師が書く処方箋は2008年から書式が変わっています。
「後発医薬品への変更不可」という欄が設けられているのです。
ここに医師の署名がなければ薬局の判断で後発医薬品に変更することができるのです。
後発医薬品を選択し易くするためのひとつとなっているのです。
医師が後発医薬品についてすべてを知っているわけではありません。
そのために、医師に代わって薬局が薬を選択するのです。
当然、すべての薬について後発医薬品があるわけではありません。
後発医薬品の活用は世界中で勧められていますが、日本はちょっと遅れていると言われています。
日本の医師はまだまだ、後発医薬品の活用について消極的な姿勢を示しているようです。
あなたが今度病院で薬を買う時折後発医薬品のことを聞いてみるといいでしょう。
お医者さんは丁寧に答えてくれると思いますよ。
医療保険組合も後発医薬品の推進を通じています。

後発医薬品と薬剤師協会

薬剤師協会とは薬剤師で作っている団体です。
薬剤師相互の情報交換などを積極的に行なっているのです。
最近後発医薬品の推進の話をよく耳にしますが、その活動においては薬剤師の役割が重要になってきています。
それは医師や患者に変わって、薬剤師が後発医薬品の選択をすることが可能ですからです。
薬剤師が後発医薬品の推進を積極的に行なえば、その活用はすごく前進することになるのです
2008年の4月に処方箋の様式が変更されています。
後発医薬品の利用を嫌うという医師の場合にはその旨を署名する欄が設けられたのです。
これは何を意味するのでしょうか。
署名しなければ、「後発医薬品の選択は薬剤師に任せます」ということです。
医師もすべての薬のことを知っているわけではありません。
薬のことだとすれば薬剤師の方が多くの情報を持っているのです。
知識のある人にその役割を分担して買うことによって、医療制度全体がよくなると考えられますね。
後発医薬品の販売は特許権がなくなる20年後から可能となります。
現代も多くの医薬品の後発医薬品が販売されています。
そうして、これからも増えていくのです。
おんなじ成分でおんなじ効能ですから、できるだけ少ない方を選択すべきでしょう。
そうして医療費の低減に貢献するようにしましょう。
薬剤師の役割がでかいことが聞き取れるでしょうか。
インターネットなどで薬剤師会のホームページを見てみましょう。
それぞれ地方の協会がありますが、後発医薬品のことはどこでも記載されていますね。
私たちの暮らしには薬は欠かせないものなのです。

後発医薬品と保険


高齢化社会を迎えて、医療保険財政が非常に厳しくなってきています。
これは毎年のように国レベルの政治の場も議論されていることです。
地方においても、個々の医療保険組合の資金繰りが問題視されているのです。
その結論において後発医薬品の活用が挙げられています。
これは価格が短い後発医薬品を利用することによって、医療費の発生を抑えようということです。
厚生労働省が推進していますね。
後発医薬品といっても先発の医薬品と性能は同等です。
それが認められているからこそ、後発医薬品と表現されるのです。
では、後発医薬品の利用を進めるためにはどうすればいいのでしょうか。
それは医師と薬剤師への働きかけとなります。
後発医薬品を患者自身が直接選択することはできないからです。
薬を買う時折医師が書いた処方箋によって、薬剤師が処方します。
そのために後発医薬品の活用推進は医療関係機関に対して行われているのです。
当然、患者としてもできることはあります。
それは医師に対して後発医薬品の活用をお願いすることです。
医療保険組合の役割も重要です。
自分たちの保険によって薬代を賄っているのですから、それが安く入手できたほうがいいのです。
後発医薬品はジェネリック医薬品とも呼ばれています。
ともおんなじことを意味しています。
ジェネリック医薬品を利用して味わうように保険組合からの働きかけも多くなっていると言われています。
そうして、私たち患者がそれを医師に触れること大切なのです。

後発医薬品の通販

バイアグラという薬の名前は聞いたことがあるでしょうか。
国内では販売されていませんから、個人輸入をしなければなりません。
このような薬を購入する目的はひとそれぞれでしょうが、違法な取引を通しているわけではありません。
個人輸入で購入する場合にはその価格は国内での通常ルートよりも安いと考えられます。
ただし、国内で販売されていないのですから、元々の価格はかなり高いのです。
そのため、出来るだけ少ないものを購入したいとしてしまう。
後発医薬品はこのような輸入医薬品にも適用されるのです。
後発医薬品の通販とはこのようなケースがほとんどです。
通常国内で販売されている医薬品であれば、わざと輸入しようと練り上げる人はいないからです。
輸入医薬品では大きな問題となっていることがあります。
それはインドで生まれている後発医薬品です。
インドには医薬品の特許権というものがありません。
つまり、後発医薬品は20年の期間を待つこと無く、いつでも製造出来るのです。
インドで生まれた後発医薬品が世界中に広まっていると言われています。
これはアメリカも大きな問題として取り上げられているようです。
後発医薬品の輸入を進めているサイトなどを見てみましょう。
どうして安く購入するかということが書かれています。
最終的にはインドから運ばれてきた医薬品になるのです。
このような仕組みを十分理解しておくことが大切です。
興味本位で医薬品を購入するのはオススメできません。