免疫療法の特徴


癌に対する医学の発達によって、治療方法も多くのやり方を選択出来るようになってきました。
その中として免疫療法があります。
免疫療法とは如何なる特徴を持ち歩いているのでしょうか。
癌の治療においてはいくつかの分類ができますが、一つは外科的療法です。
これは手術などによって癌を摘出するやり方です。
そうしたら化学療法と呼ばれるものは抗癌剤などの投与です。
次は放射線療法です。
放射線を向けることによって癌細胞の死滅を図ります。
外科的療法が取れない場合によく浴びるものです。
そうして、免疫療法です。
これは他の療法と違って、人間自身が持ち歩いている耐性を利用するものです。
耐性を上げることによって癌細胞を攻撃するのです。
本来の人の機能だから、副作用などが少ないと考えられます。
但し、他の治療方法に比べると生まれたてということがあります。
よって、通常の健康保険の適用を受けることができません。
もちろん、それなりの費用を支払うことによって、免疫療法を受けることはできますが、設備を持つ病院が限られているのが現状です。
また、免疫療法によって治療出来る癌の種類も限られていますので、患者の状況によって適応可能かどうかの判断を通して出向くことになります。
外部からの働きかけによる治療よりも、免疫療法の方が普通治療法というイメージがあります。
但し、実際には細胞を取り出して、その細胞を活性化させることなどが必要です。
人本来の耐性だけでは癌細胞を弱体化させることはできないのです。
癌の治療を受けなければならなくなったときに黙々と考えてください。

免疫療法の副作用


免疫療法が癌の治療として注目を取り集めるようになってきました。
当然、現在ではまったく未承認の治療方法です。
但し、免疫療法のメリットとして副作用が少ないことが挙げられます。
これは体力が衰えがちな患者さんにとって非常に意義のあることです。
手術などを受けることができないケースでも免疫療法であれば、対応出来ることもあります。
免疫療法の基本的やり方は、患者の血液中から特定の細胞を取り出します。
そうしてその細胞に対して免疫を上げるための処置を行います。
そうして、細胞を元に戻すということです。
副作用として思い当たるのは採血ときの手足のしびれなどですが、これは免疫療法だけの副作用ではありません。
また、治療中には発熱などの症状が出る場合があるようです。
また、細胞注入ときの注射による合併症がおこる危険性もあります。
いずれにしても、免疫療法だからという副作用ではありません。
よって、免疫療法に特有の副作用はないと言ってもいいのではないでしょうか。
本来の自分の細胞を使うのですから、副作用が起きる要素がないのです。
癌細胞は自分の細胞でありながら、そうではないという特殊な細胞です。
免疫を上げることによって、癌細胞を弱体化させることが出来るのです。
免疫を上げるための方法はいくつかあります。
そのために使用される細胞によって、分類されているのです。
どのような方法が最適かということは症状によって異なります。
本当に治療を受ける必要に迫られたときに、じっと医師に相談することが大事です。

温熱免疫療法


癌細胞が熱にか弱いということはよく知られています。
理想の治療として、癌細胞だけを加熱することができれば確実に癌の治療ができるのです。
ただし、現実的には癌細胞が体の深部にある場合などは、局所的に暖めることは困難です。
そのような状況での治療のために考えられているのが温熱免疫療法です。
温熱療法は局所的に細胞をあたためるための機械を使います。
勿論、この治療だけですべてが終了するわけではありません。
細胞の免疫を上げることができるだけですから、その後の免疫機能の回復をしなければなりません。
温熱免疫療法は温熱療法と免疫療法を併用することであると考えても間違いではありません。
免疫療法として如何なるやり方をするのでしょうか。
よく受けるのは樹状細胞による免疫療法です。
免疫療法は体内の細胞を取り出して、免疫を高めた上でさらに体内に戻すという手順を取ります。
その時に如何なる細胞に着目するかで、免疫療法のやり方がなるのです。
樹状細胞による方法では、癌細胞を樹状細胞が検出することによって効率よく免疫機能を使うことになるのです。
温熱療法によって癌細胞の活動が抑えられていますから、免疫療法によって確実な効果が期待できるのです。
癌の治療方法は長い歴史があります。
その中の免疫療法は未だに始まったばかりです。
これから、臨床試験などを経て確実な治療方法として確立して出向くことになるのです。
癌細胞は多くのことがわかってきました。
完全に治癒することも、大して遠くないのではないでしょうか。