気持ちの面から改良をしていくこと

カフェインが原因で「フラッシュバック」が起きることがあります。
PTSDと言われるトラウマや臨床的面に問題のある人がカフェイン・コーヒーを摂取することで興奮状態になります。
すると恐怖と憎しみ怒りと不安の「負・怒・殺・恨」が刺激してある程度は抑えられても同時に爆発するようです。
生理的な怒り以外にも悩みや吐き気なども共々蒸し返すような結果になります。
摂取しているなかには気づかなくても正に恐怖を体感するほど身体に刺激として現われるものがあります。
症状はカフェインの副作用が原因だと思われますが実際には「潜在的脅威の知覚」を無意識に抑え込もうとするコーピング機構の抑制が破たんしている状態だと思います。
コーピング機構が破たんして仕舞うほど「激しい恐怖」を胸の内に秘めている人はカフェインの副作用に十分注意する必要があります。
そこからまた別の症状を発症しないとも限りません。
症状発症の流れは個人差があってわかりませんが過去に大きな衝撃を受けるような出来事を体験した場合には注意が必要です。
食事の時に食べものに対して手強いこだわりを持ったり生理的な反応や理論を申し立てる性格の人には「過去の体形」への不安があると見える。
この症状はCMIというものが含まれていて体系を意識して生理阻害(自己損壊)を行った時にカフェインを呑み積み重ねることがあるらしいです。
注意したいのが成人してももう一度悪化を続けていくことです。
できるだけ自分の日常生活のリライアビリティを考えてカフェインを多量に摂取しないような生活を心がけます。
安全を意識した方が身のためですね。