免疫療法と胃癌


癌免疫療法は現代の最先端の医学と言ってもいいでしょう。
よって、免疫療法の内容もだんだんと進歩しているのです。
胃癌になったときの治療として免疫療法が適しているという研究もあります。
胃癌で利用される免疫療法は樹状細胞療法と呼ばれるものです。
樹状細胞は体内の癌細胞を生み出す役割をする細胞です。
樹状細胞自体には免疫はありません。
ただし、樹状細胞が感知癌細胞に対して免疫を持つ白血球やリンパ球が攻撃するのです。
このようにして樹状細胞が全身の癌細胞を発見していきます。
そうして、他の部位に転移した癌を治療することができるのです。
もちろん、免疫療法がすべての人に効果的かというと、そうではありません。
現代の実績としては約3割の患者で効果があったということです。
癌の治療として免疫療法を選択しようと考えるのであれば、効果がその程度であるということは理解しておかなければなりません。
免疫療法の特徴としてはいくつか挙げられます。
ひとつは副作用がないということです。
癌の治療である化学療法や放射線治療では各種副作用があります。
殊更化学療法の場合は免疫を弱めてしまうことになりますから、そのための副作用が著しいのです。
そしたら、樹状細胞の特徴として全身の癌細胞に効果があるということです。
転移した癌を見つけてもらえる。
そうして、おんなじ癌が再発した時も樹状細胞の効果によって、速やかに押さえつけることが可能なのです。
通常の治療ができないときの患者の場合に免疫療法が無くなることが多いようです。

脳腫瘍と免疫療法


癌のやり方として免疫療法が注目を集めていると言われています。
癌において脳腫瘍がありますが、免疫療法との関係について考えてみましょう。
免疫療法の基本的考え方について紹介します。
ウィルスなどの病原菌が体内に入ると、そのための抗原ができます。
そうして健康な人であればそのウィルスを退治してしまうのです。
これが人の免疫反応と呼ばれるものです。
人とか動ものに備わっている機能です。
この免疫によって人は様々な病気に罹らずに生活することができるのです。
但し、癌に罹ってしまうとこの免疫よりも癌細胞の方が手強いため、癌が進行して仕舞うことになるのです。
なので人工に免疫を決める治療が免疫療法と呼ばれるものです。
本来の人の機能を強めてやり遂げる方法ですから、原理的に副作用はありません。
脳腫瘍には良性と悪性があります。
また、他の部位の癌が転移して、脳腫瘍となるケースもあります。
手術や化学療法を食べることができない場合それでも免疫療法を行うことは可能です。
脳腫瘍に対する免疫療法の分野も最先端の医学です。
十分な臨床試験などのデータがあるわけではありません。
但し、免疫療法でさっぱり効果がないということはありません。
免疫療法のメリットは癌を細胞が見つけて、それを退治できるということです。
それが免疫の本来の機能なのです。
それを癌に応用したということなのです。
やはり、個人差や病状によってすごく差がでます。
それは他のやり方もおんなじことなのです。
一般には複数の治療を並行して行いますから、単独での評価は容易ではありません。

検診と免疫療法


一般的に癌などが探せるのは、検診の時が多いのではないでしょうか。
最近では一段と細かな検診が可能となっています。
癌に罹ってから免疫療法を行うよりも、陥る前に検診で免疫の状態を見つけることができます。
免疫がどの程度あるかということが押さえるのです。
免疫が高ければ癌を発症する可能性が低くなります。
また、免疫が弱くなっているのであれば、癌の発症や再発などが懸念されるということです。
癌に対する免疫を企てることで体の状態が聞こえるということなのです。
癌の手術を通して、完治したとしていても免疫が低下していることも考えられます。
このように免疫がこれからの体調を解るための指針となるのです。
一般の検診ではこのような検査は行われません。
特別に希望した場合に受けるはずです。
最近の病院では癌検診などを気軽に受けることが出来るようになってきました。
進行中の癌であっても、免疫を上げることによって癌の進行を遅らせることが出来るのです。
免疫療法を行うも、この免疫の検診が重要になってくる。
癌検診では様々な項目を検査することができます。
特定の部位の癌検診は当たり前なのですが、免疫の検査を行うことによって癌になろうとしているのかどうかが極めるのです。
また、癌の治療を終えた人が定期的に健診で免疫を測定することが非常に重要なことだと考えられます。
免疫療法を通していれば、免疫の持続によって再発の可能性を少なくすることが出来るからです。
その予防処置がどのくらい維持できているのかを免疫という測定で量ることになるのです。

免疫療法の費用


癌の方法はいくらぐらい陥るのでしょうか。
注目を集めているのは免疫療法です。
ただし、免疫療法は健康保険の適用外であるため治療にかかる費用は高額なものになります。
だいたいどれぐらいの金額になるのかを紹介ください。
例えば、免疫療法のひとつであるCAT療法と呼ばれるものは大体1回につき21万円もかかります。
それを標準で4回行いますから、それだけで100万円弱になるのです。
やはりそれ以外に事前に検査を受けなければなりませんから、あっという間に100万円は超えてしまう。
その他の方法では200万円以上繋がるものもあります。
個人で負担する費用としては、かなりの額になるのです。
免疫療法の効果は全くないとは言えないのですが、明確な臨床試験の結果がないケースも多いようです。
また、個人差もおっきいことからすべての人に効果があるとは言いがたいのが現実です。
とにかく効果的免疫療法も3割程度の人に効果がある程度です。
それほど考えますと、癌の治療としてはまったく改善の余地がある方法と言えるでしょう。
でも多くの人が免疫療法に期待を通じています。
それは副作用がないことや、手術などをする不要ことが広いのかもしれません。
癌に罹っても完治することができるのであれば、副作用がないほうがいいのです。
放射線治療などでは癌は死滅しますが、正常な細胞にもダメージを与えますから予後のケアが必要になってくる。
どちらがいいのかはおしなべて判断できません。
但し、費用の面で免疫療法が不利であることは間違いありませんね。
最近では民間の医療保険で免疫療法も費用を賄える商品が出てきているようです。