高血圧の症状


高血圧は別名「サイレントキラー」と呼ばれています。
どんな意味かと申しますと、「沈黙の殺人者」という意味です。
つまり、自覚症状がないまま進んでしまい、気づいた時にはさまざまな病気が発生していて、もはや手遅れになっている場合が多いということです。
熱が出たり、痛みもあれば、一気に病院へも行くでしょうが、そういうことがないので、何とも恐ろしい病気なのですね。
その上、健康診断などで高血圧ことが判明してさえ、なにも症状がないから、まったく大丈夫だと見紛うかたは多いです。
ですが、そうではありません。
すぐにでも正常値に戻さなければ、後々、確実にキケンな症状に結びついてゆくのです。
自覚症状がないと言いましても、ある程度の高血圧の状態が続いてゆきますと、ともかく症状は顕れるものです。
ただ、よくありがちな症状ですから、疲れからきているとか、ストレスからきているとか、年齢のせいだとかいうように、ほかの原因のせいとしてしまう。
ですが、今一度、その症状を考えてください。
高血圧で顕れる症状で一般的なものとしては、頭痛や、痛みとまではいかなくても頭が重い感じがするということ、小気味よい重たいにかかわらず、めまいがあること、同様に軽々しい苦しいにかかわらず耳鳴りがすること、動機や息切れがするということ、苦しい肩こりになるということ、胸に痛みを感じること等々です。
これらの症状は、始終持続するとは限りません。
現れては消えて・・・を増やすことも多いです。
ですから、高血圧の症状であると気づかないのですね。
頻繁にこれらの症状が出てきたら要注意ですし、すでにこのような症状が出ているかたは、一気に医師に診てもらって下さい。

高血圧の原因


ここまでの記事では、高血圧によって起こるさまざまな病気を主にご紹介してまいりましたが、そもそも高血圧というのは、どんなことが原因となっているのでしょう。
原因がわからなければ、解決にもなりませんので、本日はそのあたりを考えて見ることにいたしましょう。
とても、知っておいていただきたいのは、高血圧はその原因によって、「一次性高血圧」と「二次性高血圧」に分類されるということです。
一次性高血圧のほうは、「本態性高血圧」とも言われていて、特別な異常がないものの血圧が高くなってしまい、原因も特定できないという、少々やっかいなものです。
ただし、原因になっていると思われる危険因子は本当に明らかにされています。
塩分の摂りすぎやストレス、運動不足、過労、肥満、老化による血管の老化、ひいては遺伝的要因によるものなどが危険因子として挙げられています。
さらにの二次性高血圧のほうはと言えば、ホルモン異常や腎臓病など、高血圧になって仕舞う原因となる病気があるものをいいます。
原因となっている病気が治癒することで高血圧も改善されますから、原因不明の高血圧に比べれば真実味も少しはあることでしょう。
一時性高血圧の方に遺伝的要因というのが含まれていますが、いよいよ、一時性高血圧の約40%は遺伝的要因だとされています。
残りは暮らしですが、念のため、ご自分のご両親や祖父母が高血圧であったかどうか、ということは覚えておいたほうが良いですね。
但し、ご両親が高血圧だからといって全員が遺伝するわけではありません。
遺伝するパーセンテージは50%と言われています。

高血圧の原因(塩分)


ご存知の方も多いのではないかと思いますが、高血圧というと、塩分を遠退けることが重要だとよく言われますね。
実際、高血圧の治療において、いまだに重度の高血圧まで行かない場合には、塩分の摂取を控えるように医師から言われます。
何故、塩分の過剰な摂取がさほど問題になるのかと申しますと、塩分を取り去りすぎることで血液中の塩分濃度が上がります。
そうするとどうなるかというと、細胞組織の活動が低下してしまうのです。
ですが、細胞組織の活動を低下させないようにと、今度は腎臓が血液中に水分を送り出して、薄めようとします。
結果的に、血液の量が増えますから、血圧が上昇することになるわけです。
これを考えますと、毎日、毎食のように塩分を取りすぎていますと、血圧がのぼりっぱなしになるのがわかると思います。
ただし、塩分が原因と考えられる高血圧であれば、まだ良い方ですね。
食事の際に、塩分を出来るだけ取らないようにすれば改善されてゆくのですから。
このような高血圧のことを「食塩感受性高血圧」と呼びます。
かなりの高血圧のかたが、塩分を燃やすことで正常血圧に近づきます。
誰もがこの方法で血圧が下がってくれるのであれば良いのですが、そのようにはまいりません。
摂取した塩分の量にはきっと左右されない血圧・・・という場合もあり、そんな高血圧のことを「食塩非感受性高血圧」と呼んでいます。
このどちらの体質もともかく遺伝すると言われていますので、再三ご注意ください。