治療方法


子宮筋腫が発見されたとしても、一般的に症状がなければ何より治療は行いません。
一般的には筋腫の状況によって子宮筋腫の治療方法を考えます。
症状がなくて筋腫が可愛い場合、経過観察を通じて様子を見ます。
子宮筋腫自体が良性の筋腫であるため、症状がなくて日常生活に支障がなければ単に様子を見ていくのです。
中でも年齢が若い人でまだこれから妊娠する可能性がある人、逆に更年期という人、妊娠中に筋腫がみつかった人などは定期的に診察をしながら様子を見ていきます。
症状が手強い場合や筋腫が幅広い場合、薬もの治療や手術治療を行います。
薬もの治療に関しても、手術治療に関しても様々な方法があるため、個人の筋腫の状況などを見た上で医師と相談して決めていく必要があります。
経過観察を通じている間に、筋腫の大きさや症状などに変化が現れた場合には治療方法を積極的に検討しなければいけません。
経過観察中の定期検診は半年に1度くらいのペースで行います。
但し筋腫が成長しかけているときなどは、3ヶ月に1度くらいのペースで様子を確かめることもあります。
反対に筋腫の大きさがほとんど変わっていない人の場合は、1年に1度くらいのペースになることもあります。
いずれの場合も、専門医の指示に従って正しく検診を受けるようにしてください。
但し体に異変を感じたら、検診日を待たずに一気に検診を受けるようにしてください。
子宮筋腫では、経過観察、薬もの治療、手術治療など様々な治療方法の選択肢があります。
これらの中から自分に当てはまるものを選ぶことが重要です。
正確な情報を医師からきちんと聞いて、最終的には自分で判断しなければいけません。
一般的な判断としては、基本は経過観察をする。
今後妊娠したいのであれば、核出術を検討してみる。
貧血症状が進行するのであれば、手術を検討する。
子宮を残すのかどうか、自分の年齢と今後のことを考えて見る。
子宮筋腫以外の可能性も一概に策することが大切です。

治療方法2


2つ目の治療の選択肢として薬もの治療があります。
子宮筋腫で薬もの治療を行う場合、鉄剤や鎮痛剤などを服用することで症状を軽くしていく対症療法。
ホルモン剤によって体を一時的に閉経状態にすることで筋腫を成長させる要因となるエストロゲンの分泌量を減らして筋腫を小さくして行く偽閉経療法などがあります。
対症療法に関しては、子宮筋腫を小さくするなど筋腫への効果はありません。
但し子宮筋腫による不快症状を軽減させることができます。
偽閉経療法に関しては、筋腫を一時的に薄くすることができます。
ただし副作用として火照り終わりまい、多汗など更年期障害ものの症状が現れる可能性があります。
とも子宮筋腫の根治治療ではありません。
薬もの治療では、子宮筋腫の症状をコントロールすることでうまく共生していこうとしています。
3つ目の治療の選択肢として手術治療があります。
薬もの治療を通じても子宮筋腫による症状を抑えることができない場合や、子宮筋腫を根本的に治したいという人の場合は手術による治療を行います。
子宮筋腫の手術方法は、子宮を全部摘出する子宮全摘術、筋腫だけを摘出して卵巣など他の器官は残すという子宮筋腫核出術があります。
子宮全摘術をすれば筋腫の症状は完治させることができて、かつ再発のリスクもありません。
しかしながら、妊娠・出産はできなくなります。
子宮筋腫核出術をすれば高い確率で筋腫の症状を治すことができて、妊娠・出産も可能になります。
但し再発の可能性があります。
このように手術にはそれぞれメリットとデメリットがあるので、筋腫の症状、自分のライフコースなどを考えて上げる必要があります。

手術


子宮筋腫の手術治療、子宮全摘術と子宮筋腫核出術の方法について説明します。
子宮筋腫核出術は、子宮の正常な組織を残して子宮筋腫だけを摘出する治療方法です。
子宮筋腫の大きさや種類、位置にて子宮筋腫核出術が適応するかどうか判断します。
開腹手術で立ち向かう場合、腹部を8センチ~10センチ切開してそこから筋腫だけを摘出します。
傷跡は腹部に著しく居残ることになります。
腹腔鏡手術で立ち向かう場合、腹部に少ない穴をいくつか開けて、お腹の中に二酸化炭素を入れて膨らませます。
1つの穴から腹腔鏡を挿入してモニター画面で中の様子を確認します。
他の穴から器具を挿入して筋腫を摘出します。
腹腔鏡手術では入院時間も短くて済みますし、回復までの時間も短くて済みます。
傷跡も小さくて痛みも短い手術方法となっています。
子宮全摘術は、子宮をすべて摘出する治療方法です。
子宮と共に卵巣も摘出してしまうことがあります。
開腹手術で行なう場合、腹部を8センチ~10センチ切開してそこから子宮を摘出します。
腹腔鏡手術で立ち向かう場合、腹部につまらない穴をいくつか開けて、お腹の中に二酸化炭素を入れて膨らませます。
手術方法は先刻と同様で、1つの穴から腹腔鏡を、その他の穴から器具を挿入してモニターを見ながら子宮を摘出していきます。
入院時間も短くて、回復までの時間も短くて、傷跡が小さくて痛みも安いことがメリットの手術方法です。
その他、経膣的にすべて行って子宮を摘出する、膣式手術があります。