猫も熱中症になる


人間だけじゃなく、猫も熱中症にかかるってご存知でしたでしょうか。
人間の熱中症だけが取り沙汰されるのでたまたま忘れてしまうが、動ものも生きていますから熱中症にかかる事も見て取れるのです。
猫は本来暑さに強い動ものとして知られています。
とはいうものの猫の体温は38度位が平熱だと言われています。
人間より単に2度しか変わりませんので今の真夏日や猛暑日にあたってしまうとさすがに体温と変わらなくなるので、暑さにも耐えられなくなると思います。
しかも猫には汗腺が無いそうですので、暑くても熱を放出させる事が出来無いのです。
その結果熱中症の症状が出てしまうという訳なのです。
熱中症と言うのは体温調節が上手くいかなく繋がる事で症状が出てしまいます。
人間は汗をかいて体温調節をしますが、猫の場合は自分で出来ないので色んな工夫を猫自身で行っているそうです。
猫は気持ちいい場所を探り当てるのがかしこいという事で、暑い夏の日は気持ちいい場所で寝ていたりとか、身体を自分で舐めて体温を下げていたりとかして体温を調節しているそうです。
けれども限界が有りますので、大して暑い日に猫を外に出さない様にする事が熱中症対策として良いと思います中でも都心の場合は日陰と言ってもアスファルトはかなりの暑さになっているはずです。
そうすると熱は何をやってもあまりに逃げなくなってしまって溜まっていく一方になるので、猫の熱中症には甚だ注意する様にしなくてはならないのです。

熱中症としての事故


毎年ニュースで熱中症による死亡者が起きているのを可愛らしく聞きますよね。
この「熱中症」という症状、最近よく取り上げられて来たようですが、少しあやふや知識の人が多い様です。
年々地球温暖化は進んできてあり、今後もひたすら暑くなる事が予想されます。
この為に、熱中症になる人も増えてくると予想されるので、確実な知識を持っておきたいものです。
では、熱中症による事故にはどんなケースが有ったのでしょうか。
断然多いのは小学生や中学生、高校生等の学生です。
クラブ活動や海辺等のアウトドアの遊び等で症状を引き起こすケースが多い様です。
また成人の人に至っても外回り等の仕事中、または休み中の外での遊びで症状を引き起こすケースが多い様です。
乳幼児の場合は身体が未発達の為に熱中症になる可能性が高いと言えますが、この場合は親がしっかりと管理する事で予防する事が可能です。
但し小学生以降、子供が大きくなると全て管理する事も難しくなってしまう。
こう言った場合は学校等でも意識して管理して味わう事が大切となってくると思うのです。
また高齢者の場合、屋外ではなくて屋内に置いての熱中症事故が多発しています。
高齢者の場合はクーラーが苦手だと暑くても我慢したり、水分を取らなくなったりしている場合が多いです。
暑いという事や喉が渇いているという事も、若い人よりはもらいづらくなっている傾向になります。
その為に知らない内に熱中症になっているという事も少なくないのです。
一緒に暮らしている場合は水分を小まめに混ぜる様に気を付けてあげてください。

熱中症を防止決める


夏は熱中症を起こしやすい季節です。
自分は大丈夫と過信している人に限って気が付いたら症状を起こしている事が多いです。
熱中症の症状を引き起こさない為にも常日頃から熱中症の防止を通じておく必要が有ります。
先ずは外出するときの洋服です。
黒系の服は熱を吸収すると言われています。
つまり服自体に熱がこもってしまうので断じてお勧めできません。
出来れば白系の服で通気性が良い服を着る様にして熱をこもらせない様にください。
もっと外出する時として帽子や日傘としていつも日陰にいる様にする事も大切です。
また14~16時は最も気温が厳しく熱中症をおこしてしまう危険性が大きいです。
この時間じゃなくても望ましい用事以外は、この時間帯を避けて外に出る様にする事をお勧めします。
次に外で作業をする時やスポーツをする時ですが、普段からしている人であればある程度慣れているし、自分なりの防止策を知っているだからまだ良いのですが、外の暑さに慣れていない人が急にする場合は注意する事が大切となってきます。
先ずは小まめな水分補給を通じてください。
喉が渇いた時だけじゃなくて小まめに摂取するだけで至って熱中症防止になります。
暑いとやはりアイスコーヒーやビール等のアルコールを摂りたくなりますが、これらはカフェインが含まれているので利尿作用が有ります。
身体から水分を出してしまっては防止になりませんので、出来ればスポーツドリンクの様な塩分が含まれていて利尿作用が無い水分を用いる事をオススメします。