カフェインは体質体格のイメージを狂わせる作用を持ちます

思考の歪みはボディイメージを混乱させていきます。
少年期10歳~青年期20歳までの間に引っ越しによる転居が繰り返されるとカフェインの多量摂取や睡眠習慣の破たんが起きると言われます。
この年齢の時期の転居は「転校」という形で学校生活に変化を加える可能性があるためです。
それは「転居前カウンセリング」と「転居後カウンセリング」を積み重ねることで解消されて元通りの生活・家庭環境・友人との関係・ボディイメージ安定となります。
夕方の移転と昼間の移転があり、小~中学生の年齢では夕方・夜方の移転は体質と体格に対する変化を加えると言われています。
簡単な説明だと「やせる・肥える」を深く意識するものです。
反対の意味で「痩せない・太らない」という弱めの意識も起き上がることがあります。
この反応はすべて「カフェイン」から起きると言われていてカフェインによる「不穏・怒り・早口」が影響しています。
カフェインの副作用は利尿作用を掲げるための「脱水症状」と言われていますが正確には「CMI(慢性精神病)」と強く関係しているとみます。
これは社会シナジーのことで「CMIシステム」や「CMI訓練」など職業技能の欠如が「末期状態」に達することが発達医学で最終の確認をできる状態まで達している患者にあります。
ついつい酷似しているだけかもしれませんが「カフェインを飲むと元気が出る」とか「カフェインで力が湧いた」とかの理由で摂取することから発症すると言われています。
(ごく一部の場合です)。
つまり、カフェインで元気を出そうとすることは精神状態を悪化させる副作用を含むということです。

引っ越しが繰り返されてカフェイン中毒になる

カフェインの多量摂取は望まない不本意の引っ越し(移転・転居)によると言います。
引っ越し前には強い興奮や凄い怒りが湧き登ることがあります。
少年期9歳~青年期18歳の間に不本意の移転が何度か貫くことによる体調変化や睡眠習慣の変化から始まります。
食習慣の変化は転居(移転・引越し)のタイミングで現れるとは限りません。
気が付くとカフェインを摂取しているという姿は転居の直後ないしはしばしが経過してからになります。
それほど栄養ドリンクと缶コーヒーはカフェインの量が普通のコーヒーの倍は入っているために体調に深く影響します。
それは睡眠リズムを妨げる障害になり健康異常へとつながります。
早めにカフェイン摂取をやめておくと後ほど悩むこともなく回復は見込める。
不本意な転居や引っ越しものの移動が続いたり自分の行動が上手に自制出来ない場合起きる発作みたいな形でカフェインを多量摂取することがあります。
カフェインを多量に摂取して自分の身体に元気がみなぎったとか体力がついたと考えるのは「間違い」です。
とりわけ9歳~15歳の年齢は環境への適応が厳しい場合反応的に「反応性憂鬱」になりやすく特定の現象に反応することで発症するものところが、抑制と抑止を目的にアルコールを飲み込む人がいます。
アルコール(ビール・チューハイ)を飲んだら身体のバランスが安定するといいますが正確にはアルコールの「カフェイン」が影響しています。
つまり、アルコールには効果は何もありません。
肝心なのは「成分にカフェインが含まれているかどうか」だということです。
添加もの表記をよく見るとカフェインなどが記載されていると思います。
チェックしてみましょう。

カフェインは性格の歪みでも多量に摂取します

カフェインを摂取したら現われる副作用(症状継続状態)には「早口・誘因」が多く見られます。
本人はコーヒーを飲んだと主張するだけですが明らかに「早口・多弁」になっていると注意してください。
アルコール飲料を飲んだりする場合は一層カフェインが増えていきます。
カフェインが多量に摂取されると頭髪の髪の毛が逆立ちになって副交感神経が異常な活動をはじめます。
適切な栄養と健康的な食事が出来ていない場合だとさらにカフェインは副作用を著しくします。
食事に制限を設けたりダイエットを行ったりする「生理阻害」が起きていた場合にはカフェインを控えるようにください。
体調や体の生理が阻害されている状態でカフェインを摂取すると「利尿作用」が増えて「脱水症状」を起こします。
カフェインを多量に摂取することが健康上なにも問題を起こさないとは限りません。
果たして何かしらの影響を出しかねないために注意が必要です。
カフェインの効果で声が変わったり意識や肌色が変調を起こすことは知られています。
実際に自分たちが普段から飲んでいる緑茶なども別にそうですがカフェインは含まれません。
それは、学童期11歳~壮年期25歳までの生活による「住居の変化」と「家庭環境の変化」が原因だと言われています。
同じ環境で健康教育を受け続けられないことも含めて本人が精神的に変調をきたして出向く病です。
これがカフェイン中毒とどんな風に関係しているかはわかりませんがカフェイン中毒ではなくて「非コーピング状態」だと考えます。
非コーピング状態では自分に自分で言い聞かせてもの事を実行させたり自分ひとりでも何かが出来るという場面が無いことで不安定になって飲んだり・食べたりする傾向です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です