椎間板ヘルニアの温存療法


椎間板ヘルニアというヘルニアは、その90%までもが手術をしないも痛みが取れてゆき、いずれは癒えるというお話を以前したのですが覚えていらっしゃいますか。
ほんの10%・・・つまり一割程度のかたがただけが手術をするということになります。
痛みが酷い場合には、手術を通じてでも治したいと思われるかたもいらっしゃるでしょうが、ちょこっと我慢をして温存療法をすることで治って得るのでしたら、その方が良いか。
につき、今回は、椎間板ヘルニアの温存療法についてお話してゆきます。
温存療法では、消炎剤や鎮痛剤、筋弛緩剤などを内服して痛みを和らげながらコルセットや腰痛ベルトなどで固定をし、安静をとります。
必ずしも痛みが悪い場合などには「ブロック注射」という注射をする事もあります。
また、血行を促すための温熱療法も行われます。
温熱療法は、筋肉の緊張と痛みもとってくれますから、簡単で効果も実感出来るいい方法です。
他に、低周波治療という治療も行われます。
これは、整形外科などよりも接骨院でよく見掛ける方法ですが、電気刺激を与えることによって筋肉の働きを促し、痛みを和らげるために行われます。
ストレッチの指導を通じてもらえるところもありますね。
ストレッチは以前の記事「ヘルニアになったかたのためのストレッチ」に細かく書いてありますので、そちらもいまだにお読みになっていないかたは、ぜひご覧になって頂きたいと思います。

ヘルニアにならない生活

以前の記事の中で、ヘルニアの予防についてお話をさせていただいたことがありました。
そこでは、普段の姿勢を直すことや、食事や生活のバランスを美しくすること、ひいては寝具についてなどお話させていただきました。
いざ、それらはヘルニアにならないために大変ポイントですから、出来るだけ心がけて下さいと思います。
また、今回は、それに加えてのこととしていただいて構いませんが、ヘルニアにならないための生活とはいかなるものかについてお話するつもりです。
ヘルニアは、温存療法や手術で治らない症状ではありませんが、ならないほうが可愛いに決まっています。
一度でもあの痛みの辛さを経験したかたなら、更にくれぐれも再発したくないとも思うでしょう。
まったく、一度も経験したことがないかたでも、幾らか気をつけるだけでヘルニアにならないようにすることは出来ます。
ここでお話するヘルニアとは、臓器のヘルニアではなく、椎間板ヘルニアや頸椎ヘルニアのことです。
ほとんど、ふさわしい姿勢というのを知って下さい。
壁に背中をくっつけて立ってください。
身体のどの部分が壁にくっついていますか。
規則正しい姿勢とは、このたまに後頭部と背中とお尻とかかとの4カ所がくっついている状態です。
その姿勢を意識して、毎日を過ごすようにして下さい。
最初は、つい忘れてしまいますが、気が付いたところ直すことを続けていれば間もなくそれが癖になり、当たり前になって生じるものです。
また、いまいちきついものを頻繁に持ち上げたり止めること。
中腰の姿勢は出来るだけ遠退けること。
テレビを観る時折、寝転がらないで、ストレッチなどをしながら観ると良いでしょう。
柔軟にして、インナーマッスルを鍛えておくことは、どんどんヘルニアになりづらい身体としてくれる。
ヘルニアになってしまいますと、ちゃんと辛いです。
普段の心がけひとつでヘルニアとは無縁でいられますから、できるだけ実行してみてくださいね。