胃潰瘍とはどういう病気?


胃潰瘍はストレスが原因によることが多く、ストレスフルな現代では、既に「現代病」とも言えるくらい多くの人がかかっている病気です。
胃液中の「塩酸」や「ペプシン」により胃を保護している粘膜が消化患うのです。
胃潰瘍の「潰瘍」とは、皮膚や粘膜がただれたり、崩れ落ちるに関してを所持しています。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、「消化性潰瘍」とも言われています。
かかりやすい年代、性別としては、以前は、男性に手広くみられたのですが、最近はその層を広げてあり、更年期の50代の女性や若い人の発症率も高くなってきています。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、まずかかると無限潰瘍になると仰る程、やっかいな病気です。
治っても再発を増やす人がさんざっぱら多いのです。
胃潰瘍になる原因は、その人の性格と大きな関わりがあり、病院での炎症を逃げる薬だけ飲んでいれば癒えるというものけれどもないようです。
薬を飲んでいる時はよくなるのですが、また日常生活を送っているうちに再発してしまうケースが多く見られます。
胃潰瘍になりやすいタイプの人は、次のような人です。
神経質な人、几帳面な人、ストレスをため込んで仕舞う人、よく気がきく人、悩みや責任をみずから抱え込もうとする性格の人。
性格は実に取り替えることが難しいですよね。
自分の性格をよく理解し、めったに無理をせず、自分にあった息抜き法を探し当てることが大切です。
胃潰瘍になってしまったら、体からのSOSだと思ってください。
ストレスのダムが決壊してしまったのです。
それを体があなたに伝えているんです。
それに気づいて、体のケア・心のケアを通じてあげて下さい。

胃潰瘍の症状とは?


胃潰瘍になる原因も様々ならば、個々にある胃潰瘍の症状も、相当様々な形で体に現れます。
ストレスや食生活の乱れなどが原因で胃の調子が目下気になる方はセルフチェックしてみてください。
1、胃潰瘍の自覚症状の90%は腹痛で現れます。
ほとんどが上腹部の「みぞおち」に痛みを感じます。
胃潰瘍は食後に痛み出し、からきし食事をとりすぎると長時間痛みが続きます。
また、腹痛が強ければ手強いほど、比例して胃潰瘍の状態も悪化しているというのではありません。
胃潰瘍にかかっていてもまるで痛みを感じない場合もあるのです。
但し、そういう痛みを感じない人は要注意です。
胃潰瘍に気が付かないまま、潰瘍が悪化し胃に孔(あな)が空いたケースもあるのです。
この段階になってついに激痛が起こり胃潰瘍に気づくといった場合もあるので多少なりとも異変を感じたら、早めに受診ください。
2、胸やけ、酸っぱいゲップなどが起こり、嘔吐、吐き気、食欲不振により体重が減少するなどの症状が出ることがあります。
これは胃潰瘍になり胃液が多く出すぎて胃粘膜とのバランスが崩れている証拠です。
また、胸やけは胃液が食道に逆流して生じる症状です。
この場合は、胃液が多すぎる場合にみられます。
3、胃酸によってどす黒くなった血を吐血します。
出血ところ一緒におきる症状としては、冷や汗・脈拍が壊れる・血圧低下・激痛などがあります。
出血性胃潰瘍は、潰瘍のできた場所の血管が撃ち破れるのが原因と言われています。
4、胃潰瘍で便に血が交ざる場合には、腹黒い便が出ます。
この便を「タール便」と言います。
下血の場合気づかない人も手広く、貧血になって初めて胃潰瘍で吐血していると見抜く場合も少なくありません。
下血は、胃癌や大腸ガンの症状でもありますので注意が必要です。
大量に下血する場合には、早急に病院で検査をすることをお薦めします。
5、背中の痛みがみられます。
胃潰瘍で腰痛になったという方がおられます。
これは、膵臓(すいぞう)にまで炎症が及んでいると伸びる症状です。
6、胃酸過多による口臭、酸っぱいゲップ、胸やけなども胃潰瘍の症状のひとつです。
また、口臭は胃潰瘍だけではなく、肝炎・慢性胃炎・胃下垂など、その他の病気も起こります。

胃潰瘍の原因とは?


なぜ胃潰瘍になるのでしょうか?何で繰り返し再発するのでしょうか?それには、各種原因が考えられるようです。
以下の胃潰瘍になる原因の中で当たる項目はないですか?
1、苛苛、過労、睡眠不足、緊張、不安、手術前などによる肉体的・内ストレスが胃に影響を与えています。
2、胃潰瘍の原因の7割以上がピロリ菌としています。
また、十二指腸潰瘍においては9割を占めています。
ピロリ菌は、口から入って感染すると言われています。
ピロリ菌にかかると、とても、慢性胃炎として、そのごく一部が慢性胃潰瘍などになります。
ピロリ菌が原因の胃潰瘍の場合、抗生もの質を1~2週間服用して、ピロリ菌を除去が治療となります。
充分期間服用すれば治ります。
3、刺激の激しい香辛料や熱過ぎたり冷たすぎる飲食ものを過剰に摂取し続けた場合も胃潰瘍の原因となることがあります。
4、痛み止めやステロイドなどの強い薬や長期にわたる服用などで胃に負担がかかり胃潰瘍になることがあります。
これらの薬は痛みを抑えてもらえるが、胃腸の粘膜を荒らしてしまう副作用があるのです。
そういった薬を処方された際には、一緒に胃腸薬も処方してもらうと安心です。
5、喫煙は「百害あって一利無し」です。
胃だけでなく、肺にもよくありません。
胃粘膜の血行を低下させるため胃潰瘍の引き金となることがあります。
また、大量の飲酒やコーヒーは胃に負担がかかりすぎて胃潰瘍の原因となることがあります。
6、過食、寝る前に食事を取り去る、よく噛まないで早食いするなど、どれも胃に負担がかかってしまいますのでご注意を。
不規則な食生活は胃だけでなく、病状も狂わせてしまうので気をつけましょう。