子宮筋腫とは


子宮筋腫とは、子宮の筋層にできた腫瘍のことを言います。
もちろん腫瘍は良性のもので、ガンとは違います。
今日明日のうちに治療しなければいけないものではないため、安心してゆっくりとこの先の治療方法について考えていけばいいと思います。
子宮筋腫ができる原因については、敢然とわかっていません。
ただし筋腫は閉経がくれば小さくなりますし、初潮がきた女性しかできないものそれで、女性ホルモンが何らかの形で関係していることがわかっています。
1つの原因として、女性の晩婚化によって、初産年齢が遅くなったこと、二度と出産する子供の数も減ったことから妊娠していない期間が長期化したことが挙げられます。
子供をたくさん出産していた時代の女性は一生の間に生理を約50回経験していたとすると、晩婚化のいまの女性は一生の間に約400回経験しています。
その他にも環境ホルモンによるもの、動もの性たんぱく質の過剰摂取、食生活の変化によるものなども原因の1つと考えられています。
しかしながらロジカルに証明されたことは何もありません。
子宮筋腫は初潮を迎えた女性から閉経がくるまでの女性の誰にでも出来る可能性があります。
子宮筋腫が出来る確率を考えてみます。
筋腫は30代の女性の中の4分の1あるいは3分の1以上の人が持ち歩いています。
やはり10代でも20代でも40代でも多くの人が持ち歩いています。
既婚の人も未婚の人も関係ありません。
筋腫を持ち歩いていても気がつかないまま閉経になる人がほとんどなのです。
筋腫がある人の中で、手術しなければいけなくなる人は30人に1人位の割合となっています。

種類


少なくても成人女性の2割から3割が子宮筋腫を持ち歩いているとも言われています。
主に30代~40代の女性で子宮筋腫は現れることが多いです。
筋腫の大きさ、筋腫の数などは人それぞれ違っています。
一際物珍しい病気ではないのです。
自覚症状がない時折殊に治療がいりませんし、治療が必要になった場合は、薬もの療法あるいは手術療法を行います。
子宮筋腫の種類というのは、筋腫ができた場所によって分類されます。
子宮体部に筋腫ができる「体部筋腫」と頸部に筋腫ができる「頸部筋腫」です。
子宮筋腫の9割が体部筋腫となっています。
そうして体部筋腫も子宮の中のできた場所によってグングン分類することができます。
子宮の厚い筋層の中にできる筋腫が「筋層内子宮筋腫」です。
これが子宮筋腫の中で一際多い種類となっています。
子宮の外側を覆っている漿膜下にできる筋腫が「漿膜下子宮筋腫」です。
子宮の外側に出ていて枝先に腫瘍がある場合と直接子宮についている場合があります。
子宮の内側にある粘膜下にできる筋腫が「粘膜下子宮筋腫」です。
これら3種類は単独でできるより、合併して筋腫としてできることが多くなっています。
3種類の筋腫により症状の現れ方がそれぞれ違ってきます。
過多月経であったり頻尿であったり、不妊であったり起こる症状はそれぞれ違うのです。
一般的には子宮の内側の筋腫ほど症状が強く出て痛みなども強くなります。
漿膜下子宮筋腫では、症状があまりなくて妊娠や出産の妨げとなることもあまりありません。
筋層内子宮筋腫では、出血があり、貧血になることもあります。
不妊や流産の原因となってしまうこともあります。
粘膜下子宮筋腫では、痛みや出血を伴い、不妊や流産の原因となってしまうこともあります。

体部筋腫の種類


子宮筋腫の中それでも最も多い体部筋腫について再び細かく説明します。
体部筋腫の一つ目「筋層内子宮筋腫」は、子宮の中にある筋肉にできるもので子宮筋腫のなかなか7割を占めています。
子宮筋腫ではひときわ多いタイプとなっています。
筋腫の大きさは様々で、にぎりこぶしほどの筋腫がひとつだけある場合もありますし、大豆サイズのものや鶏卵サイズのものが複数できる場合もあります。
筋腫が低いうちは痛みも症状もほとんどありません。
但し筋腫が大きくなるにつれて子宮筋を押しのけるほど大きくなるので、子宮内膜を圧迫して子宮内食らうを変形してしまって子宮が収縮するのを差し止めるようになってしまいます。
こうなってしまうと月経過多や月経困難症などの症状を引き起こすようになります。
体部筋腫の2つ目「粘膜下子宮筋腫」は、子宮の内側を覆っている子宮内膜の直下にできる筋腫です。
子宮筋腫の1割くらいの発生頻度となっています。
子宮筋腫の中それでも症状が一番重たいものになります。
子宮内部にかけて筋腫が発達してこぶが突き出す形になるので、子宮内膜の面積が広がってしまいます。
そのため筋腫が小さかったとしても月経量がたくさんなるのが特徴です。
筋腫によって子宮内膜がでこぼこになって仕舞うことで、受精卵が着床し難く陥るため不妊を引き起こしてしまうことがあります。
中には子宮と細い茎でつながっている場所にできる「有茎粘膜下筋腫」になる人もいます。
子宮は異ものを出す働きがあるため、有茎筋腫も異ものとして外へ排出しようとします。
そのため子宮口から筋腫が飛び出ることによって、出血が続き膿の混じっている血が大量に現れることもあります。
体部筋腫の3つ目「漿膜下子宮筋腫」は、子宮の表面を覆っている漿膜下にできる筋腫です。
子宮筋腫の2割くらいの発生頻度となっています。
筋腫が子宮から外へ向かい大きくなっているので子宮から突出しているものや子宮の表層にできるものがあります。
突出したものは茎で子宮とつながっていて、ちらほら茎がねじれることで強い痛みを伴うことがあります。
どの場合も、治療を必要とすると医師が判断したならば、医師と相談しながら今後の治療方針について決めていく必要があります。