高血圧の原因(飲酒と喫煙)


高血圧の約80%以上が原因不明と言われている中けれども、危険因子と呼ばれているものはいくつかあります。
その中に、前回の食塩同様に、今回お伝えいたします飲酒と喫煙も含まれています。
適量なら健康に良いなどと言われている飲酒ではありますが、適量を守っているかたがいかほどいらっしゃるのでしょうか。
また、喫煙は万病の元と言われ、それを知っていながらもやめられないでいるかたの多いこと・・・。
このとも、高血圧の危険因子として挙げられていますので注意してくださいね。
飲酒も喫煙も、身体の内部それでは血管を広げたり収縮させたりしていますね。
そのことはご存じでしょうか。
飲酒は、少量であれば、血行を促して血圧を押し下げる働きもするのですが、大量に飲み込むことによって血管が収縮してしまい、血圧が高くなってしまいます。
ですから、現在、高血圧のかたは、このことを覚えておくだけでも、もう一杯飲みたいというら自然にブレーキがかかるのではないでしょうか。
また、喫煙のほうは、ただタバコを吸うだけで血圧が上昇します。
なんだかといいますと、タバコにおいているニコチンが副腎髄質を刺激することによって、アドレナリンや、ノルアドレナリンというホルモンが多く分泌されるからです。
このアドレナリンというもの質は、神経を興奮させる脳内神経伝達もの質のひとつです。
ですから、心臓の働きを強めて血圧を上げて、血管を拡張させたり、心臓の働きを強めます。
ひいては、血液の中のブドウ糖の量を高めて、血糖量の調節を行ったりもします。
ノルアドレナリンの方も、神経を興奮させる脳内神経伝達もの質のひとつですから、交感神経を刺激して血圧や心拍数を上昇させ、血液の中のコレステロールも増加させますし、不安や恐怖を引き起こしたり、覚醒させたり、集中させたり、記憶力を良くしたり、PMAを強めたり、痛みを感じなくするなどの働きもいたします。

高血圧の原因(ストレスと運動不足)


高血圧になって仕舞う原因として、ストレスと運動不足も挙げられています。
ストレスと運動不足というのは、数多くの病気の原因としているのではないでしょうか。
とくに、ストレスの方はほとんどの病気にかかわっていると言っても良いくらいでしょう。
確かに、現代社会で生きている限り、人間は多かれ少なかれストレスにさらされて生きているのは事実でしょう。
ストレスをほとんど絶やすということは不可能なこととは思いますが、さすが必要以上のストレスは、とにかく身体に影響を及ぼしますから、発散方法などの対策を練るようにしてください。
血圧にも非常に悪影響を及ぼします。
運動不足も高血圧の原因となっていますから、運動をすることによって憂さ晴らしすることが出来れば一石二鳥ということになりますね。
運動不足が何故、高血圧を招くかと申しますと、運動をすることによって血管が開いて血流が促されますね。
そういたしますと、激しい圧力がなくても血行はスムーズになりますから、運動後には血圧が低下するようになるのです。
ですが、毎日の内勤のように運動をしないままでいますと、これらの逆の状態を招いてしまい、高血圧の原因となってしまうわけです。
ただし、年齢を重ねて現れるほどに、今さら運動なんて・・・とお思いのことでしょう。
若々しい方けれども、運動が嫌いというかたが大勢いらっしゃいます。
ですが、敢えておっきいお金を払ってジムに通ったり、毎朝、早起きを通じて何kmもジョギングをしたりする必要などありません。
いつもの道のりを早足で歩いたり、ひとつ前の駅で降りて自宅まで歩いたり、しょっちゅう立ち寄る近所のスーパーではなく、惜しくも遠くにあるスーパーまで歩いて買いものに出かける…といったことけれども良いのです。
お天気がよければ理由もなくお散歩に現れるのも良いですね。
運動不足が解消されるとともに、ストレスもかなり薄らぐと思いますよ。

高血圧の原因(遺伝)


以前の記事も何気なく触れたのですが、高血圧は遺伝的要因が非常に高いです。
だからといって、急に不安になったり安心したりするのはいけません。
それでは、これまでの研究結果をぜひ知って下さい。
遺伝が関係するのは、一次性高血圧のほうですが、ひとつの例として、両親ともに高血圧である場合に、その子供が高血圧になる確率は1/2という結果が出ています。
50%ということだから、二人にセルフの割合です。
相当高い確率だと思います。
どちらか一方の親だけが高血圧であった場合には、子供が高血圧になる確率が1/3となりますが、でも依然おっきいほうですね。
どちらの両親も高血圧でなかった場合に、子供が高血圧になる確率は1/20という低さですから、いよいよ遺伝的要因はあると言わざるを得ないでしょう。
但し、これらの研究結果は、あくまでも遺伝的因子の割合ですから、そんなに半数が高血圧を発症するとは限りません。
でも、遺伝的因子があるということがキケンなことでもありますから、ご両親が高血圧であるのかどうかを知っておくことは、ご自身の健康を続けるうえで、極めて重要なことであるのです。
今、そばにご両親がいらっしゃるのならば、すぐに聞いておいてください。
ご両親が高血圧であった場合、ご自身は高血圧を発症しないよう、あらかじめ注意をすることが出来るのです。
また、遺伝だけでもキケンなのですから、それに加えて、過度の飲酒や喫煙も外しなくてはなりませんし、塩分の摂りすぎもやめましょう。
遺伝以外の高血圧の原因となるものを、出来る限り排除しなくてはなりません。
それでは、ご自身の現在の血圧がどのくらいであるのかを解るところから始めてみましょう。