ヘルニアとは


「ヘルニア」という言葉を耳にしたことがあると思います。
お子様でしたら、まだ聞いたことがないかもしれませんが、ある程度の年齢のかたでしたら、一度や二度はきっちり聞いたことがあるのではないでしょうか。
「ヘルニア」であったり、「椎間板ヘルニア」などという言葉もよく耳にします。
ところでこのヘルニア・・・どのような病気であるのか、ちゃんとお分かりになっていますか。
多くのかたがたは、ふっと知っている・・・そういう程度ではないでしょうか。
この機会にちゃんと覚えてしまいませんか。
ヘルニアは、おしなべて病気とも言いにくいものですが、さほど正常とは言えない体位を言います。
その状態というのは、本来、体内のあるべき場所に納まらなくてはならない臓器などが、本来あるべき場所から脱出してしまったときのことを言います。
体腔内部の裂隙に迷入したものを「内ヘルニア」と言い、体腔外部に逸脱したものを「外ヘルニア」と呼んでいます。
ですので、ヘルニアという症状は、特定のどっか一カ所に生じる異常ではなく、あちらこちらで生じるものなのです。
よく耳にします「椎間板ヘルニア」というのも、椎間板で起こったヘルニアだということがわかりますね。
このヘルニアという症状ですが、これはどなたにも起こり得る症状です。
しかも、体内の多くの場所で起こり得るものですから、今はとても至って弱いあなたであっても、この先、ヘルニアになる可能性は必ずしもゼロではありません。
このブログでは、ヘルニアに関する話題を書いてゆきますので、目を通して知識をつけておくと良いでしょう。

ヘルニアの種類(椎間板ヘルニア)

ヘルニアという症状が、どのような状態を示すのか、前回の説明でご理解いただけたと思います。
さて、まずは本日は、ヘルニアの種類についてお話してみようと思います。
ヘルニアと言いますと、大概のかたは「椎間板ヘルニア」といまひとつ「鼠径ヘルニア」を思い浮かべるのではないでしょうか。
ですが、実際には一際多くのヘルニアがあります。
その中けれども、いくつかの代表的なヘルニアをご紹介してゆきましょう。
今回は、最も代表的な椎間板ヘルニアです。
前回も何気なくふれました椎間板ヘルニアですが、この症状になったことがないかたは、一層この「椎間板」とは何かが、美しく分かっていらっしゃらないと思いますので、その説明からです。
背骨は身体の中心を通り過ぎる大変重要な骨ですが、頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨など、非常にたくさんの椎骨が連結して出来ているものなのです。
その椎骨同士を繋げているのが椎間板と呼ばれるものです。
この椎間板が、通常よりも突出した状態になってしまったものを「椎間板ヘルニア」と呼ぶのですね。
もし背骨が、足や腕の骨のように真っすぐで長い骨だとしたら、背中を曲げたり伸ばしたりすることが出来ませんよね。
少ない骨を椎間板によって繋げているからこそ、自由に曲げ伸ばしが出来るのです。
そうして、何故椎間板がヘルニア状態になるのかと申しますと、椎間板の線維輪が、老化や怪我を通じて傷むことで亀裂が出来上がり、そのようになってしまう。
椎間板ヘルニアという症状が、ご理解いただけましたか。

ヘルニアの種類(鼠径ヘルニア)


前回の説明で、椎間板ヘルニアが、如何なる症状であるのか、概ねではありますがご理解いただけたと思います。
椎間板ヘルニアの他にも、いまいちよく耳にするヘルニアで「脱腸」と呼ばれるものがありますね。
これも確かに聞いたことはあるでしょうが、如何なる症状であるのか、良く分からないというかたも多いのではないでしょうか。
脱腸の正式名称は「鼠径ヘルニア」と言います。
読み方は「そけいヘルニア」です。
これは、鼠径部に発症するヘルニアのことを言いますが、鼠径部といいますのは、男性まずは陰茎外側、女子では大陰唇のことを指します。
その部分に、腹腔内臓器が脱出してしまい、腫瘤を形成するものを鼠径ヘルニアと言うのです。
鼠径ヘルニアは、もっと厳密に言いますと、外鼠径ヘルニアと内鼠径ヘルニアに区別されるのですが、内鼠径ヘルニアという症状は、ごく稀なものです。
脱出した臓器のことを「ヘルニア内容」と言い、その臓器を取り囲む腹膜を「ヘルニア膜」、そして腹壁からの脱出口を「内ヘルニア門」、または「外ヘルニア門」と呼びます。
鼠径ヘルニアは、腹壁が弱くなってしまった老人ですとか、何らかの重労働を通じているかたがた、そしてご婦人などがよく発症します。
また、子供の場合にも発症しますが、その場合には絶対胎生期からある腹膜鞘状突起が開存することでヘルニア膜として、発症することになります。
子供のヘルニアは、外鼠径ヘルニアばっかを占めていて、小児外科で立ち向かう疾患のうちでも、最も頻度が高いようです。

ヘルニアの種類(脳ヘルニア)

ヘルニアは、驚くことに脳にも起こるのですね。
脳によるヘルニアを「脳ヘルニア」と言います。
皆さまご存じの通り、脳は、動ものの身体の中において、最も大切であり重要な器官と言えると思います。
その脳にヘルニアが起こるということは、他の部位のヘルニアに比べて、命にかかわる可能性が高くなって仕舞うことは察しが付くと思います。
やはり頑張る可能性もありますので悲観することはありませんが、恐い症状であることは知っておいて望むと思います。
さて、脳というのは、非常に強い頭蓋骨という骨で周りを囲まれて守られていますが、その部分においてのヘルニアとは、果していかなる症状のことを指して言うのでしょうか。
頭蓋骨がごつくしっかりしているために、その内側の容積は限られていますね。
そのため、脳の組織や髄液などが増大したり、例えば脳腫瘍や血腫などの占拠ものが発生したりしますと、脳の中の圧力が高くなってしまいます。
それは分かりますね。
そうして、頭蓋内部の圧力がガンガン高くなってきますと、脳の組織の一部が圧に押されて正常な位置からはみ出してしまうことになります。
そうして、はみ出すことによって周囲の脳組織を圧迫するようになるのです。
これを、脳ヘルニアと呼んでいます。
脳には代償機能という機能が備わっていますから、頭蓋内部の圧力を激しくする原因が加わったとしても、初めのうちだけは圧が激しくならないように食い止めておくことが出来るのですね。
ですが、代償機能が崩れてしまうと、内容もののわずかな増大にも耐えられなくなってしまうのです。
脳ヘルニアには、注意したいものですね。