慢性胃潰瘍


胃潰瘍には二種類のことなるタイプがあることはご存知ですか?それは、急性胃潰瘍と慢性胃潰瘍です。
両者は、症状、加療、胃潰瘍になった原因も異なります。
なので、慢性胃潰瘍について説明します。
症状としては、胃や背中などの痛みが慢性的に起こります。
断然、空腹時に痛むのが特徴で、夜中に痛みで目が覚めたという患者の声も聞きます。
原因として考えられるのが、ピロリ菌の感染です。
ピロリ菌に感染すると胃の内部が炎症を起こします。
炎症を起こした部分にもう一度胃酸やペプシンなどの刺激が加わると、胃の粘膜に欠損が生じ、胃潰瘍になるというわけです。
ピロリ菌感染による慢性胃潰瘍は、胃潰瘍全体の約9割合も上るというデータがでています。
但し、ピロリ菌に感染した人すべてが慢性胃潰瘍になるわけではありません。
いよいよ、日本人の中高年それでは、70~80%の人がピロリ菌に感染していますが、その中で慢性胃潰瘍にまで進行するのは、たったの約2~3%の人だけ。
また、ピロリ菌に感染したら一気に胃潰瘍が発症するわけでもありません。
ピロリ菌の感染は、多くの場合、幼少ら起こると考えられているのですが、慢性胃潰瘍の発症は中年以降、単に50歳代に多く見られます。
つまり、幼少ときの感染から胃潰瘍の発症までには、数十年繋がるということになります。
この間に、ピロリ菌感染によって、意外と慢性胃炎が起こり、そこから一部が萎縮性胃炎へと進行し、その中のますます一部が慢性胃潰瘍へと進行することになるのです。
治療としては、原因としているピロリ菌を除去する活発治療が一番有効です。
ピロリ菌を除去する根本治療を行うと、再発率が大幅に低下し、その後、ほとんどの再発が防げるのです。
ピロリ菌を除去するには、抗生もの質を1~2週間、毎日服用します。
この時大切なのは、お医者さんが指示した期間は正しく服用を積み重ねるということです。
中途半端な服用の仕方を通していると、完全にピロリ菌除去まで至らず、またやり直しということになってしまいますよ。

胃潰瘍の回復を支える食事療法


過食、寝る前に食事をとる、よく噛まないで早食いする、刺激ものの過剰摂取。
日頃の食生活が原因で胃潰瘍になって仕舞う人が多いそうです。
仕事のストレスなど違う原因があっても、食生活の乱れが輪をかけて、胃に負担をかけてしまうね。
胃潰瘍など胃腸病を患っている人の食事と聞いて先ず、頭に浮かぶのは、「梅干しとおかゆ」じゃないでしょうか。
おかゆなら胃に負担引っ掛けること無く栄養ももらえるものね。
ただし、これは急性期のみでよく、安定期には、傷ついた胃壁の回復を策する為、やっぱり十分な栄養を摂らなければなりません。
以下が、胃潰瘍の人に気をつけてほしい食事のポイントです。
1、バランスがとれ、栄養の豊富なものをいただきましょう。
2、消化しやすく、刺激の少ない食事つくりを心がけましょう。
3、よく噛みましょう。
4、腹八分目で止めておきましょう。
5、毎日規則正しく食事ください。
6、興味深い雰囲気の中で食事ください。
腹八分は胃だけでなく、各種臓器の健康を続ける面でも大事であると言われていますよね。
粗食や、昔ながらの食事も最近では見直されています。
女子の間で、プチ断食なども流行っていますよね。
これは、普段働かせっぱなしの胃を休めることが目的です。
胃腸の中をからっぽという状態にします。
アレルギー、アトピーに悩む人や、体質改善したいという人にはオススメです。
終わると、体がすっきりとし、肌の調子も良くなるそうです。
このような健康法が人気であると聞くと、どんなに当方が日常で胃を酷使しているか、考えさせられます。
子供のころは、「たくさんおなかいっぱい食べなさい」とお母さんに言われましたね。
但し、大人になると、さほどご飯をたくさん摂る人イコール、健康な人ではないのですね。
胃潰瘍になったことは、これまでの食生活を見直すチャンスです。
胃潰瘍で食生活を見直してから、以前より健康的になれたという人もたくさんいると思います。
それほど、日々口にする食べものは大切だということです。

胃潰瘍の人にお薦めの野菜、果もの


私達の体は、日々、なにげなく口にしている食べもの、呑みものから形成されています。
胃潰瘍など胃腸の病気になると最もですが、「毎日の暮らしに原因があったのかな?」「食生活に原因があるのかな?」と、日頃のライフスタイルや食生活を反省してしまいます。
野菜や果ものを上手に食生活に用いることで、胃潰瘍の治療・回復を助けて頂ける。
それといまひとつ胃潰瘍の治療に有効な食べ方のポイントがあります。
それは、食事をするときは「よく噛んで召し上がること」。
仕事や家事に追われて、皆目早食いが得意になっている人多いのではないでしょうか。
よく噛むことで食べものの消化吸収を支えるだけでなく、内臓への負担も軽減され、グングン健康に近づけます。
食事をする際は、意識して噛むように心がけてくださいね。
具体的に、胃に良いとされている野菜・果ものを紹介しますので、食生活に活かしてください。
里芋は、胃潰瘍を改善してくれるだけでなく、肥満予防や糖尿病も改善も期待できます。
キャベツは胃の粘膜を再生する働きがあるので、胃潰瘍の予防に役立ちます。
カリウムや抗酸化作用のあるビタミンCが豊富です。
しかも、キャベツには乳酸菌が付着しているので酵素ジュースにもお進めです。
大根は、でんぷんやたんぱく質、脂分などの消化を助ける酵素が含まれています。
よく大根おろしが揚げものや焼魚などに添えられていますよね。
大根おろしと共に採り入れることで胃への負担が相当違います。
長いもは、腸内の毒素を排出して、胃の調子を良くして頂ける。
バナナは、消化吸収が可愛らしく、エネルギーに変わります。
マラソン選手は、よくマラソンの前にバナナを取るそうですが、そういった理由からなのでしょう。
消化に宜しい栄養満点な食品としては、お粥、半熟卵、白身魚、ささみ、豆腐、バナナ、りんご、桃、麦茶、牛乳、ヨーグルト、カボチャ、人参、プリン、ゼリーなどが挙げられます。
人の体は、三年の周期でなるそうです。
これから、上記のような胃に良いとさせる食事として続けてください。
三年後、あなたの体が今とどうして変っているのか楽しみですね。