子宮筋腫ができ易い人


現在は30歳以上の女性の中で4人に1人の割合で子宮筋腫を持ち歩いていると言われています。
発生原因はきちんとわかっていません。
但し一般的な病気と一緒で、子宮筋腫ができ易いタイプがあると言われています。
ホルモン分泌が最も盛んになる時期の30代~40代の性成熟期に患う人が多いそうです。
なぜならば子宮筋腫を成長させる原因となる女性ホルモンの分泌量が多く変わる時期だからです。
他にも子宮筋腫ができ易い人は、妊娠や出産の経験が少ない女性です。
晩婚化や女性の社会進出に伴い子供を望まない、産まない家庭が増えてきています。
そのため通常妊娠によって月経が一定期間居座ることで子宮筋腫のリスクを回避できたものが、毎月月経が起こることによって子宮筋腫ができ易い状況になっているわけです。
またホルモン剤の服用を通している人もでき易いです。
長期間にわたって治療のためホルモン剤を投与したりピルを服用したりしていると、子宮筋腫と女性ホルモンは激しく関係があるため子宮筋腫ができ易くなってしまいます。
免疫が安い人もでき易いです。
免疫が低下すると子宮筋腫をつくらせないようにする力が不足します。
不規則な生活をしていたり、ストレスを抱えたりすると免疫が低下する原因となるので注意してください。
遺伝による原因もあります。
基本的に子宮筋腫は遺伝性がないと言われています。
但し近親者の中に子宮筋腫を持ち歩いている人がいれば他の人に比べて子宮筋腫ができる可能性は高くなるようです。
家族や親せきの中に子宮筋腫になった人がいる場合、積極的に検診を受けるようにして認識場合には状況によりますが早期治療をすることが望ましいと思います。

Gn-RHアナログ療法


「Gn-RHアナログ療法」というのは、子宮筋腫の薬もの治療の中で今やはり使われている方法で、ホルモン剤を使う薬もの治療のことです。
ただしこの治療によって子宮筋腫の成長を抑えて、筋腫の大きさを小さくして出向く効果はありますが、筋腫を無くすことはできません。
日本で現在使われているGn-RHアナログの薬は、不自然に性腺刺激ホルモンを放出出来るようにするホルモンです。
下垂体に作用することでゴナドトロピンというもの質が産出されるのを鎮め、分泌を抑制する効果があります。
下垂体からゴナドトロピンの放出に関して反応が鈍くなってくると、卵巣機能が低下して排卵や月経を抑えることが出来るのです。
Gn-RHアナログをつぎ込み始めてから効果がでてくるまでには月単位の時間が必要です。
今現在保険適用が可能となっているGn-RHアナログは、点鼻タイプの薬です。
使い方としては1日に3回、鼻へ噴霧するだけです。
Gn-RHアナログによる子宮筋腫治療のメリットとしては、一時的に筋腫をコントロール出来ることが挙げられます。
手術をすること無く薬で筋腫の保存的治療を通じていくのであれば、画像診断をするなどして子宮筋腫の明るい診断を受けなければいけません。
Gn-RHアナログでの副作用は、薬による作用で一時的に卵巣を著しく刺激するため、使い始めて間もなく性器出血が起こることがあります。
そうして低エストロゲン状態が長期間貫くために骨量が減ってしまい、骨粗鬆症になりやすくなってしまいます。
そのため長期間の使用をすることはできません。
のぼせや火照りなどの更年期の症状という症状がでることもあります。
Gn-RHアナログを使う治療によって、子宮筋腫のサイズが小さくなって月経も消え失せるので貧血症状は改善されます。
ただし薬の服用を取り止めるとすぐに月経が再開するので、また筋腫のサイズが元の大きさになってしまいます。

手術費用


実に子宮筋腫の手術を受けようと考えたら、気になることのひとつに費用のことがあると思います。
子宮筋腫の手術では実にいくらくらいの費用が増えるのか見ていきます。
子宮全摘術を膣式で行った場合概ね20万円、開腹や腹腔鏡で行った場合多分20万円~25万円。
子宮筋腫核出術を開腹で行った場合おおむね15万円~20万円、腹腔鏡で行った場合たいてい20万円、子宮鏡で行った場合おおよそ10万円かかります。
正確な手術費用については、病棟ごとに若干の差があると思いますから、手術前に一概に確認しておくようにしてください。
子宮筋腫の手術費用はあんまり短いとは言えません。
生命保険に加入していれば治療費や手術費に対して給付金がもらえるのかどうかも確認しておくことが大切です。
うまくいけば手術費用を一部だけでも負担してもらうことができると思います。
問い合わせをするなかには、保険の契約書類を手元に用意してから連絡するようにすると話が速いと思います。
また治療費の金額によっては確申をすればいくらかお金が帰ることがあります。
手術前に税金のことまで考えるのは大変ですが金額が高額なので検討してみて損はないと思います。
仕事をしている女性の場合、入院期間や復帰までの時間を考えればその間の経済損失をうけることになりますから子宮筋腫の手術費用や治療費だけの損失ではすまないということです。
賢く生命保険を活用して経済的な負担を多少なりとも和らげて子宮筋腫の治療に専念できるように環境作りを通しておきましょう。
悩みや苦悩を抱えながら治療を行うと、心的負担になってしまいます。
但し集束超音波や子宮動脈塞栓などの方法で治療を行う場合には、健康保険の適用外となりますからご注意ください。
全額自前で集束超音波ならば50万円~90万円、子宮動脈塞栓ならば40万円~60万円程度かかります。
一般的な子宮筋腫の手術よりも費用がやけに高額になりますから、こういった点も含めて治療方法を選ぶようにしてください。