子宮筋腫手術を受けた後の性生活について


必ず気になるのは子宮筋腫の手術を受けた後の事ですよね。
それほど性生活の事についてどうすればいいのか企てる事も有ると思います。
一般的に腹式単純子宮全摘術を行った場合は、診察を手術後月額後位に立ち向かう所が多いです。
この期間で大体膣の傷口も治っているので性生活には殆ど支障がないのではないかと言われています。
これ以前に性交渉をしてしまうと傷口がきちんと治っていない為に、感染症を引き起こしてしまうケースも有りますし、痛みも伴うパーセンテージが有ります。
だから目安としては退院後の検診の時に治り具合を確かめて貰い、医師に許可を得る様にください。
そういった事から傷口がふさがっていても性交渉で開いて仕舞う事も有りますので検診は正しくやり、確認して貰った方が良いという事になります。
また以前と同じ性生活が送れないのではないかと不安に思う方もいるでしょうが、大体月額以上経ったのであれば支障は弱い、と言うよりは不自由もないと考えて良いと思います。
やはり男性側に理解を通じてもらわないと、性生活も二人で行なうものだからいけませんよね。
ちょっと恥ずかしくて聞けないという事も見て取れると思いますが、子宮筋腫という病気を克服したのですから出来れば退院場合パートナーも同席してもらって説明を一緒に聞いてもらい、理解をしてもらうのが一番身体の為にも、カップルの為にも良いと思いますよ。
お互いがおんなじ理解をする事でこれ以降の性生活も不安もなくより良いものになっていくのではないでしょうか。

子宮筋腫手術後のお風呂はどうすればいいのでしょうか


女性で有ればお風呂に入れないと言うのは大問題ですよね。
そこで不安になるのが子宮筋腫の手術を行った後のお風呂についてです。
およそ子宮筋腫の手術後月々位で有ればシャワーかかかり湯程度であれば良いと言われています。
浴槽に入るのは絶対だめでは有りませんが控えた方が良いと言われています。
何故かと言うと結構子宮を摘出した後は膣の傷口がつまるのに月々ほどかかると言われています。
この傷口から如何なるばい菌が入るか分かりません。
そういった事からも出来れば入浴は避けて方が良いという事になります。
不安でしたらお医者さんに相談して見て下さい。
大体の病院では手術後月々くらいに検診を行うと思いますので、その時に問題が無い様でしたらお医者さんの方からお風呂に入って大丈夫ですよと許可を得られると思いますよ。
またお風呂に入る際は傷口がまったく塞がっていない場合はこっそり手厚く洗って差し上げる様にください。
また傷口に対して並行として洗う様にすると傷口が開かないと思いますよ。
またお風呂と同様に運動とアルコール、煙草に関してもどうしたらいいか分からないというケースも多いですよね。
運動は無理をしない程度として、半年間位は激しい運動は除ける様にください。
またアルコールも退院して2週間以上過ぎじわじわ飲んで出向くのなら問題ないと思います。
また煙草はそもそも健康に害を与えるものですので、出来ればこれを機会に止めた方が良いですよね。

子宮筋腫の手術を行った後


よく子宮筋腫の手術で「子宮全摘手術」が受け取る事が有りますが、これによる誤った知識を持つ人が大勢います。
たとえば「子宮を取ったら女性じゃ失せるんじゃないか」とか、「体重が増えてしまうんじゃないか」とか「性生活も欲求が無くなってしまって出来なくなってしまうのではないか」とか位置付ける人がいます。
これは全部誤った先入観でしかないという事を覚えておいて下さい。
子宮を全部取ってしまったとしても卵巣が残っている限りは女性ホルモンが分泌されていますので、何も変化する事は無いのです。
無論女性のままですし、性生活にも異常が見られる事は有りませんよ。
では子宮を全部取ってしまったらどういう影響を及ぼすのかと言うと、それは何と言っても妊娠、出産が出来なくなるという事に有ると思います。
その為に妊娠を望んでいる人であれば全摘手術を受けないで他の加療を選択する人もたくさんいます。
勿論子宮を奪う事はやり切れない事ですが、これによってマイナスに捉えてばかりいては始まりません。
出来れば前向きに、手術を受けたんだからこれで筋腫の忌まわしい症状から解放される、臓器への圧迫も尽きるので身体の負担も心配する必要がなくなる。
と言った考え方にする方が良いと思いますよ。
子宮筋腫の手術を通して「失った」という考え方を持つのではなく「健康を得た」という考え方に切り替えて、日々の生活を過ごしていってくださいね。
それが精神的にも肉体的にも良い事だと思いますよ。