飛蚊症について


眼の病気として、飛蚊症があります。
眼科ではありふれた症状となっていますが、聞いたことがない人もいるのではないでしょうか。
この飛蚊症について説明ください。
視界の中に蚊もののものが言える症状です。
それはなかには糸くずであったり、黒い影であったりします。
視点を変えると、立ち回るように感じます。
おそらくの場合は老化とともに生じるようになります。
飛蚊症だからと言って、目の機能として支障があるわけではありません。
ただし、時として網膜剥離の初期症状の場合があります。
心配な場合は眼科で受診しましょう。
また、糖尿病の場合にも網膜症になる初期段階で飛蚊症が見られるようです。
眼の構造は学校や眼科などで断面図を見たことがあると思いますが、球状の硝子体があります。
本来は透明なのですが、混濁することによってごみのように映るのが飛蚊症の原因です。
混濁の原因はいくつか考えられます。
生理的飛蚊症は病気ではなく、生まれつきのものです。
そしたら、後部硝子体剥離は老化や強度の近視、目の打撲にて生じます。
その他に網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎などの病気によるものがあります。
一般論ですが強度の近視の人は飛蚊症になりやすいようです。
飛蚊症の治療は硝子体を手術することによって可能です。
ただし、硝子体の手術には大きなリスクが伴います。
現実的には飛蚊症を治すための手術をすることないのです。
外国では飛蚊症の手術も行われていますが、効果がないケースも多いようです。

飛蚊症の対策


飛蚊症の対策を考える時折、その発生メカニズムを理解しておくことが大切です。
一般的には老化によるものと考えられています。
目に入って現れる紫外線によって活性酸素が発生します。
活性酸素は肌の老化などでも話が出てくるものですよね。
若い時ならそれは問題ありませんが、歳を取ってくると活性酸素を分解するための酵素の働きが鈍ってしまう。
そのため組織が酸化して飛蚊症になるのです。
最近の傾向としては若い時でも活性酸素を分解できずに飛蚊症になる人が増えているのだそうです。
眼球には硝子体と呼ばれるゲル状のもの質があります。
この硝子体が濁るために飛蚊症ものの虫が飛んでいる映像が見えてしまうのです。
硝子体の中にある線維が水から分離して、硝子体の中に浮いているのです。
飛蚊症における原因は活性酸素であり、その核は紫外線です。
紫外線の対策を第一に考えましょう。
パソコンやテレビなどから出る紫外線も無視できませんから、長時間の使用は避けるようにしたいものです。
また、外出するときにはサングラスやUVカットつきのメガネなどを使用するとよいでしょう。
入ってくる紫外線の量を燃やすことと、発生した活性酸素を分解する能力を上げることが対策となるのです。
活性酸素を分解する酵素は退化やストレスによって分泌量が減少すると言われています。
食生活の栄養バランスを考えることと、サプリメントにて補給することが考えられます。
これらの対策を取ることによって、飛蚊症は改善されると考えられます。

飛蚊症とルティン


飛蚊症は60代の3割以上の人における症状です。
視線の中にごみというものが浮かんで思える症状です。
病気ではなく、退化によるものと言われています。
根本的な治療方法はありませんから、そのままにしている人がほとんどです。
飛蚊症の中それでも生理的飛蚊症と呼ばれるものは、殊更心配する必要はありませんが、網膜剥離や硝子体出血などが原因となっている場合もありますから、ひと度検査を通しておくとよいでしょう。
老化の飛蚊症は対策もありませんから、我慢するしかないのでしょうか。
そうではありません。
老化を防ぐための栄養素を並べることによって、飛蚊症の解消も可能となるのです。
注目されている栄養素はルティンです。
サプリメントとしていくつもの製造会社から市販されています。
抗酸素力が良いと言われているアスタキサンチンも老化を食い止める働きがあります。
私たちの体は年齢とともに衰えていきます。
しわが増えたり、肌がかさかさになったりするのです。
飛蚊症もその一つとして下さい。
サプリメントを服用することを当たり前としているのであれば、ルティンも考えてみましょう。
その効果が劇的に顕れるわけではありませんが、確実に飛蚊症の改善になるのです。
では、ルティンに関する情報を集めてみましょう。
インターネットにはたくさんの情報があります。
すべてを信用するのではなく、自分で確認することが大切です。
あなたはいかなるサプリメントを飲んでいますか。
目の健康をどれくらい考えていますか。