食あたりの応急処置


食あたりかなと思ったら、一層応急処置が必要です。
家庭内で出来る応急処置について紹介ください。
食あたりの場合には下痢や嘔吐が特徴です。
よって、脱水症状を起こさないようにすることと、吐いたものがのどに詰まらないようにすることが大切です。
脱水症状の予防としては水やお茶、スポーツドリンクでこまめに水分補給をします。
吐いたものが気管支に詰まらないようにするために、横向きに寝かせておくといいでしょう。
気管支につまると呼吸困難や肺炎になって仕舞うこともありますから、注意が必要です。
病院に行かずに、自己判断で下痢止めや解熱剤を飲み込むのはやめるべきです。
下痢を起こすということは、その原因があるのですから、原因もわからないうちに下痢止めは飲んではいけないのです。
一際食あたりの場合は腸内の細菌を出して仕舞うことが必要ですから、下痢を押さえると細菌が腸内にとどまってしまうことになるのです。
症状が悪化してしまうケースもあります。
また、食事を摂ることが出来るようであれば、瑞々しいお粥もののものがいいでしょう。
勿論、食べてもまた吐き出して仕舞うこともあります。
無理して摂る必要はないでしょう。
水分の補給としてはただの水よりもスポーツドリンクがお勧めです。
塩分などの栄養分が含まれているからです。
下痢や嘔吐によって、急激に体力が失われます。
そのエネルギーを補給してやる必要もあるのです。
また、熱がないのであれば体を冷やさないようにください。

食あたりと病気

食あたりの症状と感染性胃腸炎の症状はとても似ています。
とも下痢、嘔吐、腹痛、発熱があるからです。
食あたりの心当たりがないのであれば、胃腸炎を疑った方がいいかもしれません。
いずれにしても、ひとたび病院で診てもらうことが大切です。
また、インフルエンザの場合も同じ症状です。
病院で検査することによって、原因を特定できるのですが、治療は同じものになります。
薬や注射なども同じです。
自宅である程度まで我慢して仕舞う人もいますが、早めに受診した方が結果的には回復が手っ取り早いと考えられます。
また、下痢や腹痛がひどい時折我慢せずに病院に行くべきです。
それ以外の病気である可能性もあるからです。
また、市販薬を安易に呑むことはお勧めできませんね。
結果がいいこともあるかもしれませんが、症状によっては逆効果となる恐怖があるからです。
私たちの体は病気の症状が出るための原因があります。
下痢は吐き気にはそれなりの理由があるのです。
体力がある人ならば回復も速いでしょうが、幼児などは体力が欠けることもあります。
食中毒で死亡する人が毎年出ているのです。
食あたりを小気味よく見ていてはいけません。
自分の子供の症状を見て、病院に行くことを考えて下さい。
下痢が何度も貫くようであれば、早めに受診決めるでしょう。
自分で病気を判断するのは食あたりとか、危険なことだと考えて下さい。
これは多くの病気に当てはまることです。
症状には個人差がありますから、外見で判断しないで下さい。

食あたりの原因


食あたりはなんで起きるのでしょうか。
ほとんどは食べものにおいている細菌によって引き起こされます。
どのような食べものが原因となるのでしょうか。
食中毒を起こしやすい食品は、生鮮食品が多くなります。
魚介類、肉類などを生で取る場合に起こりやすいのです。
これは食べものにおいている細菌が熱を加えないために生きたまま口の中に入るからです。
細菌種類によってはある食べものが異なります。
一環を上げましょう。
カンピロバクターは肉類、生乳、ジュースなどに多いようです。
小鳥の長官などにも生息していますから、ペットからの感染例もあります。
そうしたら、腸炎ビブリオは海から取り除ける魚介類に含まれています。
刺身やすしなどを食べた場合見つかることがあります。
温かく繋がると繁殖しやすいために、夏場の刺身などが原因によることが多いようです。
そしたら、サルモネラ菌は鶏肉や牛肉のたたきや、レバー刺し、卵などに含まれています。
いずれにしても生で取る機会が多いものが食あたりの原因となるケースが多いのです。
加熱調理することによって食あたりを防ぐことができるのです。
次は加熱しても食中毒となる場合です。
O157は新聞やテレビも報道されているように、症状がひどい細菌です。
腸管出血性大腸菌と呼ばれるものです。
これは牛肉やハンバーガー、ローストビーフ、サンドイッチ、サラダなどに含まれています。
どのような食材が食あたりの原因となるかはわかりません。
食べるときの見た目や臭い、味などで細菌がいるかどうかを判断することは不可能です。

食あたりと下痢

食あたりで下痢になると、とっても鬱陶しいものです。
そのような時にはどうすればよいのでしょうか。
病院に行くべきですか。
それとも薬を飲んで安静にしておきますか。
下痢の施術について考えてみましょう。
ほとんど、病院に行くべきかどうかということはどうして判断すればいいのでしょうか。
目安は下痢の他の症状があるかどうかです。
下痢の他に嘔吐や発熱、激しい腹痛がある場合は重症の食あたりの疑いがあります。
感染性腸炎であれば、すぐにでも病院で治療をしてもらうことが必要になるのです。
また、長時間下痢症状が貫く場合や、便に血や粘膜が混じる場合も病院に行くべきでしょう。
普通の下痢と違うなと感じたら、病院に行く方が安心できますね。
逆に病院に行かなくても良し下痢としては、原因が自分でもわかっている場合です。
食べ過ぎ、呑み過ぎ、脂っこい食事を摂った時などは下痢の症状となります。
心配することはないので、適度な水分補給をしながら安静にしておけばいいでしょう。
2、3日で回復するはずです。
そうしたら下痢止めの薬について注意があります。
下痢の種類で使い分けなければならないのです。
下痢止め剤は腸管の運動を抑制する成分と、粘膜を保護する収れん成分、原因物質を吸着する成分、細菌を殺す成分などが含まれています。
下痢の原因を考えながら成分を選ぶ必要があるのです。
とりわけ食あたりで細菌を排出しなければならない時は下痢止めを使うことはできません。
細菌が腸内に留まって、食あたりから回復しないことになるのです。