後発医薬品とロキソニン


ロキソニンとは関節リウマチなどの炎症に効果がある医薬品です。
整形外科の病院などでは日常的に使用されているものです。
この薬には多くの後発医薬品があります。
後発医薬品が沢山あるということは、それ程需要が高いということです。
そうして、医師の方も後発医薬品を使用することに抵抗感がないのですね。
後発医薬品の問題がメディアなどで巻き上げられる時折、日本の医療機関で後発医薬品の利用が進んでいないということ言われています。
無論、それは事実なのでしょうが、ロキソニンなどのように、もう後発医薬品の方が多くなっている場合もあるのです。
後発医薬品が利用されるかどうかは医師の判断によりますが、それに影響しているのは製薬会社の情報提供です。
多くの情報を提供している製薬会社は医師からみて信頼できるということです。
信頼できなければ使用控えるのは当たり前ですよね。
どこでもよろしいという時折大手製薬会社を選ぶ傾向があると言われています。
2010年には処方箋の様式が変更されています。
後発医薬品の使用を嫌う場合には医師の署名が必要になったのです。
それは署名をしなければ薬剤師の判断で医薬品を変更しても素晴らしいということを意味しています。
医業分業が進み、薬剤師の役割が重要になってきているのです。
これからも後発医薬品は増え続けて行くことでしょう。
そうして医療費の抑制が思ったようにできれば、保険制度も健全さを奪い返すことができるかもしれませんね。

後発医薬品を知る

後発医薬品はジェネリック医薬品とも呼ばれています。
その内容について簡単に紹介ください。
ジェネリック医薬品学会という団体があります。
これはジェネリック医薬品を積極的に利用しましょうということを推進している団体です。
勿論、一般の人にはどのような後発医薬品があるのかわかりません。
なので、それらの一覧表を作ったり、取り扱ったりしている病院、薬局などを紹介しているのです。
日本ジェネリック医薬品学会のホームページを見てみましょう。
新薬を飲んでいる人なら、その名称を入力することでジェネリック医薬品の検索ができます。
後発医薬品という名称は、おんなじ薬でありながら、なんとなく効果が劣るような印象を与えてしまいます。
医学的には断じておんなじ効果です。
イメージアップを策するためにジェネリックというネーミングになっているのです。
まずはなぜ後発医薬品を推進するのでしょうか。
それは価格が安いからです。
後発医薬品を製造している会社は薬の開発のための費用を使わなくてすみます。
その分だけ安く販売することができるのです。
医薬品の性質にもよりますが、およそ1年で2,3千円の差が出ると考えられています。
やはり、この金額は1世帯の金額です。
健康保険組合全体で考えれば、かなりの金額になるのです。
後発医薬品の情報については、各種ところに掲載されています。
厚生労働省が推進していることもあり、積極的な採用が増えてくると考えられます。
あなたも後発医薬品を考えてください。

後発医薬品の注意


後発医薬品を使用することは、政府の政策でもありますし、一般的な観点からも推奨なることです。
ただし、後発医薬品について注意しておかなければならないことがあります。
そもそも、後発医薬品とは新薬を開発した製薬会社が特許権を持ち歩いてあり、その期限が過ぎた場合に他の製薬会社から販売される薬です。
おんなじ成分で効果もおんなじ薬が複数の会社から入手可能となるのです。
後発メーカーは当然のことながら、価格を安く設定します。
そのために後発医薬品を活用することによって、医療費を制することができるのです。
なので問題があります。
世界中の国が同じ考えではないということです。
インドは医薬品の特許を認めていません。
そのためにインドには後発医薬品というものが存在しないのです。
インドで生まれた薬が特許権のある日本やアメリカなどで個人的に使用されているのが実態です。
日本の国内では違法となる薬を個人輸入という形で、合法化しているのです。
法の抜け道においていると言われても仕方のないことです。
新薬に比べると後発医薬品の価格はかなり安くなっています。
それはとってもカワイイのです。
輸入にかかる費用よりも安くなってしまう。
私たちの生活の中には、生きていくために必要な薬がありますが、それ以外の薬も多いのです。
高価な薬であればあるほど、このような抜け道を利用する人が増えてくるのです。
後発医薬品だからといってすべてが合法だとは言えないということです。
無論、あなたに直接関係ないかもしれませんが、そんな問題がクローズアップされているのです。