こころと体を解きほぐすヨーガ


ストレスが原因の胃潰瘍で苦しんでおられる方に、ぜひ試してもらいたいのがヨーガです。
繰り返し胃潰瘍を再発させて仕舞う人は、自分なりのリフレッシュ法を見つけておくことがなにより大事です。
ヨーガを続けていると、不思議とストレスを感じにくい体質になっていくのです。
ヨーガが心の憂さ晴らしに効果的のはどうしてでしょう。
ヨーガでは、ポーズを行う過程で、体の各部位に耳を傾け、それを理解しようとする姿勢が生まれます。
その為、日々接する人々や自分が置かれている状況を大きい心でとらえていけるようになり、和や張りによって、不要なストレスが賢く昇華なるといいます。
再び、ストレスを抱えているとマイナス思考になりがちですが、瞑想によって、プラス思考でポジティブに暮らせるようになります。
確かにマイナス思考の人は、先のことをあれこれ心配したり、気苦労が多く、胃潰瘍の患者さんに多いタイプかもしれません。
マイナス思考な人は、もの事を柔軟に感じる余裕もなく、考え方も固く固まってしまっているかもしれません。
心身はつながっています。
心を解きほぐすと体もほぐれる。
体を解すと心もほぐれる。
ヨーガは、心も体もストレス、緊張からほぐしてもらえるリラックス方法なのです。
ヨーガの様々なポーズの中には、胃の不調に効果的ポーズ、心をリラックスさせるポーズといろいろあります。
覚えておいて、仕事の休憩時間にすると、気分もリフレッシュできますよね。
ストレスが原因で体に不調がでないように、賢くコントロール出来るようになることが大事なんですね。

神経性胃炎に効果的ヨーガのポーズ


ストレスフルな現代では、心に携えるストレスが原因となり病気を引き起こすパターンが増えてきています。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、自律神経失調症、不眠の症状を抱える人は年々増加しています。
そんな中、ヨーガは、リラックスに全然有効です。
ストレスが原因で胃潰瘍の再発に苦しんでいる方にはヨーガをお進めします。
ヨーガでは、呼吸を大事にしながらも様々なポーズをとります。
普段の生活では使わない、こわばった筋肉を伸ばし、緊張をほぐしてもらえる。
また、逆に筋肉を緊張させるポーズをとって体の中にたまったマイナスのエネルギーを上手に消耗させます。
様々なポーズがあるのですが、意味のあるものばかり。
どれも内臓のどこかに効果のあるポーズばかりです。
ヨーガを始めようとするとき、最も初心者の方は教室に通うのが、一番の上達の道かと思います。
はじめは、ポーズを覚えることで精いっぱいになるでしょうが、徐々に呼吸法も憶え、奥深いリラックスを行うことができるようになるでしょう。
教室に通うのが金銭的にも、時間的にも厳しい方には、自宅でDVDを見ながらスキな時間に取り組むのもいいですね。
書店も、ヨーガの本や雑誌、DVDはたくさんでていますので、まずチェックしてみてください。
ここで、胃の調子を備え付けるのに最適なポーズをひとつ紹介します。
「押し上げのポーズ」というものです。
両手を胸の前で作りあげ、息を吸いながら両手を上へ。
上腕が耳に付くくらい、心から引き伸ばす。
伸ばしきったところで、手のひらを上に戻す。
息を吐きながら、上体を左に滅ぼす。
裏側も同様に立ち向かう。
興味のある方は、ネットなどで検索して下さい。
わかりやすい説明付きのポーズの取り去り方が載っていると思います。
このポーズは、胃をすっきりと引き伸ばす効果があるので、ストレスで疲れきった胃の緊張を和らげて貰える。
簡単なポーズなので、日々の生活の中けれども取り入れるとよいでしょう。

無理をしないで続けましょう


なんでも、はじめに気合いを入れすぎると、長続きしません。
気持をラクラクできる範囲でヨーガに挑戦して見ることがよいでしょう。
ヨーガは、ストレス解消にさんざっぱら有効で、ストレスが原因で胃潰瘍の再発に苦しんでいる方には息抜き法として知っておくと損はないでしょう。
弊社が生活していく中で、ストレスから完全に逃れることは、もはや不可能といっても過言ではありません。
あんな中で私たちは、上手なストレスの受け止め方、付き合い方、発散の仕方を身につけなければなりません。
でないと、ストレスが原因となる心身症に考え込むようになるかもしれないからです。
胃潰瘍はその代表という病気ですよね。
そうならない為にも、いくつかの息抜き法を持ち歩いておくことが大事なんですね。
ヨーガを生活の一部に取り入れてみましょう。
1、それでは、一日5分、10分から始めてみましょう。
2、頻度は毎日立ち向かうのが理想。
無理なら、1日置き、1週間に一度でもいいので、習慣化することが大事です。
短時間けれども毎日行なう方が効果的。
3、ポーズは簡単なものから。
無理せず、「痛気持よろしい」ところで食い止めるのがポイントです。
無理すると体が強張ってしまい、リラックスどころそれではなくなってしまいます。
4、ヨーガのベストタイムは朝一番。
一日、よろしいコンディションでスタートすることができます。
以上が、ヨーガを始めるときのポイントです。
胃潰瘍は病気ですが、本人の性格も広く影響する病気です。
ヨーガを長く積み重ねることで、胃潰瘍も、それを引き起こしたあなたの性格の癖もいいほうに向かうことを祈っています。