手術後のケア


子宮筋腫で開腹手術をした場合、術式によっても違いがありますが通常は翌日にはあるくことが出来るようになります。
手術後は入院して回復状態を観察していきます。
一般的には2週間以内に退院することができます。
退院後は一気に元のような生活に戻るということではなく、体をいたわって疲れたらすぐ休むようにしてください。
子宮筋腫の定期検診についても、治療が終わったからといってやめてしまうのではなく定期的に受診するようにしてください。
手術後に言える問題としては、子宮筋腫の再発、便秘やのぼせ、更年期症状や痛みなどが考えられます。
便秘になった場合、食事で食もの繊維を積極的に摂取して正しい生活をして行くことで改善していくのがいいと思います。
ただし症状があまりに重い場合には腸との癒着が原因となっている可能性があるのでただちに検査した方がいいです。
手術の際に筋腫と共に卵巣も摘出した場合、手術後に更年期症状がでて仕舞うことがあります。
少し手術前の暮らしに戻して生活しても改善されなければ、ホルモン治療をすることがあります。
手術後の痛みは一般的に1週間ほどで治まります。
それ以上長く痛みが貫く場合には、癒着が原因となっている可能性があるのでただちに検査した方がいいと思います。
手術後の食事は断然制限されていません。
但しこれをきっかけとして食生活を見直して、栄養バランスを考えた食事を摂取するようにしていくといいと思います。
また運動については、手術後半年ほどは凄い運動をしないようにしてください。
医師と相談しながら余裕範囲で体を動かしていきます。
お風呂は手術後月額程度入れません。
シャワーは大丈夫です。
回復の程度を見ながら医師と相談して入浴のタイミングをはかっていってください。

出産について


子宮筋腫があることで出産が困難になるとか、出産の際に何か問題が起きるのではないかと思われがちですがそうではありません。
合併妊娠であることが報じられれば誰でも不安になるのは当たり前のことです。
ただし実際には多くの人が子宮筋腫は問題になることは無く無事に子供を産んでいます。
出産の際にはそれ以外にも様々な状況が生まれる可能性がありますし、本当に出産のそのときまで何が生じるかわからないのです。
ですから子宮筋腫によって特別に大きい状況にあると考えない方がいいと思います。
婦人科や産婦人科の医師に聞いてみても、多くの人が問題ないと回答しています。
子宮筋腫のできている位置や大きさを通じて状況は違ってくるので、名手に相談するのが一番です。
子宮筋腫がある場合、帝王切開になることがありますが、子宮筋腫があっても無事に出産した人はたくさんいますから安心していいと思います。
大切なことは日頃から担当の医師とコミュニケーションをはかっておくことが大切です。
妊娠中はデリケートな時期なので胎児への影響を考えてめったに深く考えずにリラックスした状態で出産を迎えることが出来るようにしたいものです。
子宮筋腫の治療をする際、今後妊娠や出産をしたいかどうかで治療方法が変わってきます。
子宮筋腫の治療で手術を選択した場合には、妊娠や出産の可能性があるように子宮筋腫核出術を行うことになります。
出産を望まなければ子宮全摘術になります。
病気を克服することが大切ですが、治療した後の生活についても重要な問題です。
子宮筋腫と出産はこのような生来問題がついてくるのです。
担当の医師と意思確認を正しく行ない、治療後の人生についても一概に考えてくれる医師を選ぶことも大切なことです。

病院の選び方


子宮筋腫のため病院を選ぶ時折、婦人科を選ぶことになります。
子宮筋腫は婦人科において多く行き渡る症状なので、一般的に多くの医師が検査や治療において十分な経験を積んでいると思います。
流石不慣れな専門医を選ぶよりも、たくさんの患者さんを治療してきた専門医の方がいいと思います。
力強いですし、検査や治療を受けるときにも医師の豊富な経験が有利に働くと望めるからです。
病院で子宮筋腫を治療しようと考えるならば、様々な基準で病院を選ぶことになると思います。
何の基準を注視するかは人によって違いがありますが、いくつか例を挙げておきます。
たとえば、名医がいる病院を見出す場合。
子宮筋腫の名医と言われている専門医がいます。
誰でも優秀な医師に診断や治療をしてもらいたいと考えますし、大切な妊娠や出産に関係して行くことになりますから不用意な医師選びは避けたいです。
しかも手術が必要となれば執刀医が名医であるかどうかによって、安心して手術を受けることが出来るかどうか気持ちの面で著しく違ってきます。
名医がいるかどうか病院選びの際に大切なポイントとなるのです。
病院の雰囲気やスタッフで捜し出す場合。
治療に対して不安な気持ちで病院を訪れるため、気持ちを鎮めることができて安心出来る環境であることは大切なことです。
温かい応対を通して受け取るスタッフ、明るい雰囲気のある病院ならば子宮筋腫の治療のため通院するのに気が重くなりません。
通いやすさで選ぶ場合。
いかほど大きい技術を誇る病院も、病院までやたら遠いと通院するのに不便です。
最初のうちはその遠さが気にならなくても向かううちに負担となって現れることがありますから冷静に考えなければいけません。
集束超音波治療や子宮動脈塞栓術を希望する場合。
導入されている病院は限られているため、集束超音波治療や子宮動脈塞栓術を通じている病院を探さなければいけません。
病院を選ぶ時折、1つの病院だけにすべて割り振るのではなく、セカンドオピニオンをうまく活用してみんなの意見を取り入れるようにすることも大切です。