カフェイン摂取の時の副作用

カフェイン摂取の時のどの程度の量を摂取するかを考えているとある程度の目安が見えてきます。
実際に自分が飲める量を打ち破り多量で摂取すると身体に副作用が出てきて大変です。
眠気が襲うとか怒りや不安が襲うなどです。
寝ていると途中で目が覚めるのは不穏や不安感が起きているからだと思います。
これがカフェインが切れたときに起きる中毒症状です。
つまり、以下になります。
1.コーヒーを飲み込む(カフェインが体内に関する)
2.夜は交わる(すやすやと眠ろうとする)
3.途中で目が覚める(カフェインの禁断症状)
4.またコーヒーを呑む(副作用)
この過程で副作用が起きます。
コーヒーを飲まなくなって時間が経過すると目が覚めたり眠気が欠けるのはカフェインの禁断症状で副作用となります。
精神状態や神経をコントロールできなくなったり恐怖に怯えたり不安感が強くなったり意味もなく外出をしたり落着きがなくなる例です。
これは大変危険なリスク状態だと思います。
注意していても無意識にまたカフェインを飲んでい仕舞う衝動に駆られます。
危険ですが「カフェインを辞する習慣」を持てば大丈夫です。
カフェイン以外の何かで賄う習慣があれば少しは安心できます。
たとえばジュースに変えるとかカルシウムの牛乳に変えるとかです。
これで多少の緩和にはなるはずですから少しは安心です。
ただし、自動車やバイクを運転するならカフェインは避けていきましょう。
カフェインを多量に摂取するよりは普段からなるべく別の呑みものを呑み積み重ねる必要があります。
お茶・水・ジュースなどに置き換えて直していきましょう。

カフェインだけに問題はありません

カフェインによるネット中毒疾患はたくさんあります。
昔はゲームボーイが流行していたと思いますが今は大人版のゲームボーイみたいに「スマートフォン・ネット」が出てきました。
こんなカフェインが無くても眠気と睡眠をすべて妨害できるほどのハードがそろっている限りは健康リスクが残ります。
正に自分たちが普段から飲用している呑みものにはどんな添加ものが付け加えられているのかを考えます。
添加ものには表記されている分とされていない分があります。
仕事で疲れた後にはカフェインを摂取して体力や気力を回復させるという方法もあります。
気力が回復しなかったり体力が下がっていると感じてカフェインを多量に摂取することで精神状態を安定にすることはできます。
それが「禁断症状」と同じような「ジリジリ・怒り」になって顕れる可能性があります。
パターンは分かりませんが恐い病気です。
少年期10~青年期20歳までに多量のカフェイン摂取があった人には特に離脱の症状を懸念する必要があります。
自分が多量のカフェインを摂取してきていてそれが健康に与えた影響を考慮しないといけません。
体調にいかなる影響があるかは取り敢えず、「睡眠」と「食欲」が無くなる可能性があります。
食事だけではなくてふだんの行動にも異常が出始めます。
自分たちの普段の食事リズムが完全に変化したり体調にも影響が出るというところです。
これが体重増減にも影響するとカフェインだけで神経までやられる病気がなくもないと私は感じていました。

カフェインの多量摂取は脱水症状をまねきます

カフェインを摂取することで利尿作用があがりますがあれは脱水症状の予兆になっています。
カフェインを多量に摂取することは体調不良を招かなくても十分な脱水症状の原因を作っていることになりやすくて危険です。
自分から一向にカフェインを摂取したくてたまらない人は要注意です。
そこには禁断症状の恐れがあるからです。
と、世間では言われています。
正確には「思考過程の変調」とよばれる「服装変化」が起きた時期に発生する病気についています。
引っ越しを繰り返したり小学生時代の転校や中学校時代の転校が起因して立ち上がる家庭環境変化に際して「カフェイン多量摂取」という風景が目立ちます。
これが続いている人の副作用としては「食事を食べない」という部分と体重の増減が激しくなり睡眠習慣が変化します。
睡眠習慣の変化に合わせたカフェイン摂取は「ボディイメージの混乱状態」と呼ばれていて実際には綺麗なのに汚いと感じる「感覚障害」が発生していると思われます。
カフェインの副作用以外にも「栄養ドリンク」に含まれるカフェインの副作用に「怒り」と「不安」があります。
缶コーヒーのカフェインの副作用には「不安・不信・疑い・怒り・早口・高揚」が存在しています。
ここで要約しますとカフェインの副作用には人によって「多弁・早口」が現れます。
長い期間かけて続けていると「躁病的興奮状態」に陥ります。
それは予兆として「躁状態化」した姿と形で本人に現われてしまう。
ひとまずそうすると取り返しがつきにくくなり、人間関係にも少なからず支障を来します。
生活状態が少年期~壮年期にかけて不安定であったり転居が繰り返された際に禁断症状として発症すると思われます。
(食事制限によるリスカもしくは自損行為のリスキーときの慢性症状)