乳がんと免疫療法


女性の癌として乳がんは発症率がおっきい癌です。
乳がんになると切除手術が一般的ですが、その他の手当として免疫療法があります。
乳がんを切除せずに済むのであれば、それは大変楽しいことです。
乳がんに利用される免疫療法について紹介ください。
乳がんには樹状細胞療法と活性化リンパ球療法を行います。
当然、どちらか一方なのですがどちらにするかは患者の状況によって対応していくようです。
乳がんは初期のころから癌細胞が血液やリンパ腺に流行りだし、体内の離れた臓器に転移する例が見られるのが特徴です。
肺がんなどに転移するケースもよく見られるのだそうです。
乳がんになった場合の免疫療法の効果は樹状細胞療法が再発を防ぐ役割をします。
樹状細胞は癌細胞を掘り起こす細胞です。
また見つけた癌細胞を攻撃するのはリンパ球などの細胞になります。
活性リンパ球療法は耐性を決めるために選べる手当です。
リンパ球が不足していないにもかかわらず癌にかかってしまったときは癌を攻撃するための情報が不足していることになります。
つまり樹状細胞が重要になってしまう。
また、樹状細胞だけでも耐性がなければ意味をなしません。
耐性を決めるために活性化リンパ球が必要になるのです。
活性化リンパ球療法ではリンパ球の数を1000倍に増やします。
これによって癌細胞を傾けるのです。
乳がんは早期発見によって完治する病気です。
ただし、発見が遅れると癌の転移は全身に広がってしまいます。
手遅れにならないうちに治療を始めることが重要なのです。

丸山ワクチン


丸山ワクチンという名を聞いたことのある人はたくさんいるのではないでしょうか。
この丸山ワクチンは免疫療法の一種です。
この丸山ワクチンを紹介ください。
丸山ワクチンの始まりは、今は亡き丸山千里博士がハンセン病の治療を行っていた際に、ハンセン病患者にがん患者が少ないことに気付いたところから始まります。
原因はライ菌の抗体が癌を抑制しているのではないかと考えられました。
そうして、1965年に末期患者に対する臨床試験が行われました。
丸山ワクチンを週2回投与することによって、患者の症状は回復し腫瘍が消滅したのです。
丸山ワクチンは人型の結核菌から抽出されたもの質です。
この物質自体には癌細胞を破壊する機能はありません。
ワクチンによって免疫細胞が活性化された状態として、それによって癌細胞が増殖できなくなるのです。
このようなワクチンによる療法は非特異的免疫療法と呼ばれます。
つまり、どんな癌細胞に対しても効果があるというものです。
通常の免疫療法では自分の体内から取り出した細胞を活性化して、ふたたび元に戻す治療が行われます。
但し、丸山ワクチンは培養されたワクチンを注射するだけです。
丸山ワクチンの効果は各種ところで書かれています。
また、同じように効果がないとする意見も多くのところで書かれているのです。
まさに効果があるかどうかは決定的なことがありません。
他の免疫療法についても、確実な臨床試験データがないのが実情です。
そんな中それでも丸山ワクチンは有望な免疫療法と言っていいのではないでしょうか。

健康と免疫療法


いつまでも健康でありたいと誰もが願っているのではないでしょうか。
そのために毎年の健康診断にあたっているはずです。
癌は以前ほど深刻な病気ではなくなってきましたが、でも多くの人が癌で死亡しているのが現状です。
癌の治療をするときに如何なる選択肢があるのでしょうか。
勿論、その人の病気の進行状態によって売ることのできる選択肢は変わってきます。
その一つとして免疫療法があります。
この免疫療法は人間自身が持ち歩いている免疫を決めることによって、癌細胞に対抗決めるというものです。
自然治癒力を使うということです。
もちろん、癌にかかってしまった状態では免疫よりも癌細胞の方が強力になっています。
なので、不自然に免疫を高めて引き上げるのが免疫療法と呼ばれるものです。
免疫療法では患者本人の血液中から取り出した細胞を増殖させます。
そうして、1000倍程度に付け足した細胞を体内に返すのです。
それによって、痛烈免疫を手に入れることができるのです。
免疫療法による効果は、現在はそれほど明確になっていません。
生まれたてために十分な臨床試験が行われていないためです。
また、健康保険の適用外となりますから、患者の費用負担はかなり高額になります。
もちろん、癌が直るのであれば、藁にもすがる気持ちで免疫療法にあたっている人もいるでしょう。
但し、初期の癌であれば免疫療法だけではなく、その他のやり方も選択肢として考えるべきです。
ただ、免疫療法は副作用がないというメリットがありますから、多くの患者から期待されていることも事実なのです。

病院と免疫療法


癌の治療として免疫療法があります。
ただし、この治療を行うためには最先端の設備を必要とします。
そのために免疫療法を行うことが出来る病院は限られているのが現状です。
よく知られているのは高度先進医療の指定病棟です。
高度先進医療で免疫療法を受ける場合は、健康保険の適用を受けることができますから、患者にとって経済的な負担が軽くなることが考えられます。
また、免疫療法には各種種類があります。
そのすべてをひとつの病院で行っているわけではありません。
それぞれの病院ではターゲットとする癌を限定して、それに対する免疫療法を行うことが一般的です。
それぞれの病院で適用出来る癌の種類が決まって現れるということなのです。
もしも、あなたやあなたの家族が免疫療法を受けなければならないとしても、病院が近くにあるとは限りません。
かえって、遠方にある可能性の方が高いとしていいでしょう。
免疫療法は現在の医学の最先端ですから、仕方のないことと言えます。
また、免疫療法と合わせてその他の治療も取り付けることが多いようです。
患者さんの状況に応じて、さまざまな治療を試みるということでしょう。
当然、免疫療法を行う、一般の病院もあります。
但し、これらの病院では高度先進医療の指定機関ではありませんから、健康保険の適用外となります。
そんなに費用負担が大きいと呼べるのです。
ただし、命にかかわることだから、単純に費用のことだけを考えているわけにはいきませんね。
これからの医学の進歩によって、免疫療法に対する考え方は変わっているのではないでしょうか。