胃潰瘍の検査


ストレス、ピロリ菌、食生活の乱れ等、胃潰瘍発症の原因もやけに様々ですね。
そうして、胃潰瘍の検査方法は二つあります。
皆さんも、経験あるでしょうが、とも、一歩引いて仕舞うような検査ですよね。
一つ目は、レントゲン検査(X線検査)です。
胃潰瘍の大きさや潰瘍の周りの粘膜、胃壁、変形の様子を観察します。
バリウムを服用後、体の向きを何かと変えて撮影します。
二つ目は、胃カメラ(内視鏡検査)です。
潰瘍の状態を見晴らし、胃潰瘍の原因とも言えるピロリ菌の有無、病気がどの程度すすんでいるのかなどの症状を観察します。
胃カメラが喉を通るら幾らか抵抗感がありますが、5~15分ほどで終わります。
「胃カメラがのどを通り過ぎる感じがどうも苦手!なんとなく、ウエッとなってしまう!」という方には、こちらをおすすめします。
最近は、鼻から行なう内視鏡検査もあるんです。
鼻から行なう内視鏡検査は私も経験済みですが、思ったより平気であっという間に検査終了でした。
胃カメラが鼻の穴に入ってしまえば、あとはスルスルと入ります。
ただ、女性は男性より、鼻の穴が細長い為、鼻からの検査がしんどい人もいるそうです。
検査前の注意事項としては、検査前は胃の中を空にしておく必要がある為、前日の午後9以降は食事はぜず、当日は飲食することはできません。
また、タバコは胃液の分泌をうながすため、検査前の喫煙は禁止です。
人間ドック、健康診断を専門に受けている医療機関も最近では増えてきています。
そういうところは、毎日何人もの胃カメラ検査を通している為、検査を通してくれる技師の方も大変慣れているように思います。
なので、そんなに考え込むこと無くスムーズに検査できるので安心ですね。

胃カメラとは?


胃カメラというと、恐い、苦手という人が大半だと思います。
但し、最近は医療の進歩で、胃カメラもグングン小さくなり、たいして悩むこと無く検査することが出来るようになってきています。
ここで、胃カメラについて、初めて詳しく知っておきましょう。
そうすることで、皆さんの胃カメラへの恐れが和らいで受け取ることと思います。
胃カメラについて細かく説明します。
正式には「内視鏡検査」と言います。
口から入れて、食道→胃→十二指腸の順に検査していきます。
先端には超小型カメラが付いてあり、胃の中の様子をモニターに撮して診察します。
潰瘍の状態や胃潰瘍の原因ともいえるピロリ菌の有無などを調べることができます。
もしも、胃カメラの検査しているたまに、ポリープ等見つけたら、その場で切除することもできますし、胃の一部を採取して検査することもできます。
胃カメラと聞くと、尻込みしてしまうが、一度の検査で、胃の中の状態を見分けるだけでなく、検査、簡単な手術まで試せるのですから、ありがたいものです。
レントゲン検査(X線検査)は、バリウムを服用後、体の向きを延々と変えて撮影し、胃潰瘍の大きさや潰瘍の周りの粘膜、胃壁、変形の様子を観察するという検査ですが、ちっちゃな腫瘍が発見されたとしても、胃カメラのようにその場で切除についてにはいきません。
それほど考えると、一時我慢して胃カメラを飲んでおくほうが安心ではないでしょうか?
医療技術の進歩により、現在ではか細いもので0.5ミリ程度の胃カメラもあり、麻酔を通じて検査をすることも出来るので安心です。
検査にかかる時間は5分~15分程度です。
胃カメラは、恐い、厳しい、不安などのイメージが激しく、仕事のストレスや疲れが原因で、胃の調子が悪いのに我慢して仕舞う人が多いのではないでしょうか?ひと度検査しておけば、あとは安心。
思いあたる人は、早めに病院をめぐってくださいね。

胃カメラの検査料金は?


胃潰瘍、胃の検査というと、やはり料金も気になりますよね。
検査にかかる料金は各病院で違いますが、保険適用で大体9000~14000円程度だと思っておいてください。
また、検査中に潰瘍やポリープなどの細胞組織を一部摂取した場合には、プラス2000程度負担がかかります。
医療技術の進歩も目覚ましく、最近では、鼻から入れる胃カメラもあります。
口から加える胃カメラに対して吐き気をほとんど感じずに検査できるのが特徴です。
鼻から行なう胃カメラは私も経験済みです。
取り敢えず、口からだと、カメラを飲むまでがウエッとして、忌まわしいという周りの声もよく聞いていましたので、鼻からの検査としてもらいました。
初めての鼻からの胃カメラでしたが、思っていたより平気であっという間に検査が終わってしまいました。
胃カメラが鼻の穴に入ってしまえば、あとはスルスルと入ります。
ぽっきり、耳鼻科での診察の感じに似ているなと思いました。
ただ、女性は男性より、鼻の穴が細い為、鼻からの検査が厳しい人もいるそうです。
検査の前には、鼻に麻酔を通してくれたように思います。
鼻からの胃カメラの最大の魅力は、患者自身がモニターを見ながら医師の説明を受けることができることです。
確かに、割と冷静にモニターを見られたように記憶しています。
先生が、「うん、きれいな胃ですよ。
」との説明を聴き、ほっとしたのを覚えています。
検査前は、「もしかして胃潰瘍かも?」「最近胃の調子悪かったなぁ。
最近のストレス続きが原因かな?」など緊張、不安でいっぱいでした。
4月5月は、入学、進学、就職などで真新しい環境に慣れるストレスが生じ易い時です。
そんなストレスが原因で胃の不調を勧める人も多い時期です。
不調を感じたら、我慢せず間もなく病院に行く。
これが、病気を長引かせない、こじらせないコツですよ。