下腹のしこり


一般的に正常な体の女性の子宮は鶏卵くらいの大きさです。
お腹の上から触って聞こえるものではありません。
ただし子宮筋腫ができていて子宮全体が大きくなってしまうと、仰向けになって下腹部を触ると固いしこりがわかるようになります。
自分でしこりが触れるようならば、その時点で子宮筋腫は握りこぶし大あるいは赤ちゃんの頭くらいにまで成長していると考えられます。
中でも漿膜下子宮筋腫は子宮の表層がこぶのように燃えることや子宮本体から離れた外側で育って行くタイプそれでしこりがわかり易いです。
自分でしこりを確認したならば、他にも子宮筋腫の症状がどうにもか現れていると考えられます。
早急に病院へ赴き検査を通じてもらい、経過観察するのか、治療を行うのか判断しなければいけません。
しかしながらおなかのしこりに自分で気がつく人は何となくいないようです。
たまたま他の病気の診察中に偶然現れるケースが多いようです。
お腹にしこりがあると子宮筋腫以外にも多くの病気が考えられます。
上腹部にしこりがある場合は、胃がんや膵がんや肝がんの疑いがあります。
右上腹部にしこりがある場合は、肝臓や胆嚢や結腸や腎臓に何らかの症状がある可能性があります。
左上腹部にしこりがある場合は、脾臓にはれものがあるか、腎臓のこぶか、腎臓のがんなどが考えられます。
中央部にしこりがある場合は、大動脈の動脈瘤である可能性があります。
下腹部にしこりがある場合は、大腸がんや子宮筋腫、子宮がん、卵巣のう腫などの可能性があります。
右下腹部にしこりがある場合は、回盲部がんや直腸がん、S状結腸がんなどの可能性があります。
どこにしこりがあるのかをよく確認して、専門医を受診して下さい。
怖がること無く原因を敢然とさせて早く治療を開始することが大切です。

検査方法


子宮筋腫を検査する方法はいくつかあります。
それでは婦人科を受診して問診や内診をします。
次に超音波検査をします。
これでもわからなければ明るい検査を通じて子宮筋腫の症状を調べていきます。
治療が必要だと判断されればCT検査やMRI検査や腹腔鏡検査などをして今後の治療方針を決めていくのが順序です。
問診では、初経の年齢や月経の周期などの月経状態やしこりや貧血や過多月経などの自覚症状、妊娠や出産の経験の有無、中絶の有無、既往症、家族の病歴、薬の服用歴、アレルギーなどについて聞かれます。
ほとんどの病院で、診察の前に患者に問診票を記入してもらいそれを見ながら問診を通じていきます。
内診では、膣の中に膣鏡を挿入して出血があるかどうか中の様子を確認します。
医師が触診で子宮や卵巣の状態、筋腫の有無や大きさを調べます。
内診を受けたくないと位置付ける女性も多いのですが、病気を早期発見するためにも大切なことです。
超音波検査では、超音波をあてて画像で子宮や卵巣の状態を確認します。
筋腫の大きさや数、位置などをある程度特定することができます。
膣の中に超音波発信機を含める膣式とお腹の上から超音波発信機を割り付ける腹式の二通りの方法があります。
血液検査では、血液中のヘモグロビンや赤血球の数値を見て、子宮筋腫が原因となっている貧血がないか調べます。
治療方針を決めるためのMRI検査とCT検査では、体内の様子を詳細な断層画像として見ることができます。
超音波検査よりもますますわかり易い画像を見極めることができます。
そうして腹腔鏡検査を通じて子宮筋腫の確定診断をします。

貧血


子宮筋腫のサイズが大きくなってくると、経血量が増えたなどの自覚症状があってもなくても貧血症状が現れて来ることがあります。
この場合の貧血は、めまいや立暗みなどが起こるのではなく、血液検査を通して血色素量を量ることで聞こえるもののことを意味しています。
子宮筋腫がある場合、経血量が増えることで鉄分不足になりそのために血色素量が減少して貧血になります。
鉄分不足による貧血欠乏性貧血と呼んでいます。
通常、血色素量は12.0g/dl以上あるのが正常な値です。
女性であることを加味しても11.5g/dl以上はあるのが正常です。
血色素量が減少することで赤血球数も減少してしまい、血液内における酸素の運搬に支障をきたしてしまいます。
そのため体が疲れやすくなったり、息切れしやすくなったりするなどの症状が現れるようになります。
ひどい場合には、動悸があったり、はたらくだけでづらくなったりして最悪の場合命の危険もあります。
自覚症状が僅か場合それでも、体内の酸素不足に心臓は敏感に反応します。
そのため血液中の拍出を増やそうとして心臓に負担をかけて仕舞うことになります。
症状がなくても貧血を弱く見まがうと取り返しがつかなくなってしまうので注意しなければいけません。
血色素量が10.0g/dl以下の場合、手術治療を考えた方がいいと思います。
たとえ鉄剤を内服したり輸血したりして治療をし、一時的に貧血症状が良くなったとしても直ちにまた貧血になってしまうのであれば手術による治療を考えた方がいいと思います。