熱中症になった場合の処置


真夏の暑い日なんか、熱中症の症状を起こしやすいですよね。
仮に熱中症になってしまった時には、その人の体温調節機能がおかしくなっている事が考えられます。
最悪は人命に関する事態にかかるかもしれません。
その為に処置を素早く行う事が大切となるのです。
熱中症の症状が出た場合の応急的処置としては、体温を引き下げる事。
これがポイントとなります。
外にいるのであれば、室内のクーラーが効いている所とか、外しかない場合はどっか日陰になる様な場所で風通しが良い場所に移動させて身体を涼ませる様にください。
このたまに衣服を緩めて身体を解放してあげる事も大切です。
また、身体が暑くなっていますので熱を逃がして見せる場所、首周りや脇の下、ひざ裏の下あたりを白々しいタオルにおいて冷やしてあげましょう。
取り敢えず身体を冷やしてやる様にください。
もしも、意識がはっきりしている様であれば水分を少しずつ取らせる事も可能だが、意識が無い様でしたら水を飲ませては逆に危険に達する場合も有りますので、救急車を呼んで現れるまでの間は静かに寝かせてあげましょう。
救急車が来るまではどうしても身体を冷やしてあげて下さいね。
規則正しい処置により熱中症の症状が改善したとしても、この時はまったく体力はか弱いときのままです。
二度と大丈夫とそのままの行動を通じていると直ぐに症状が再発してしまう可能性が有りますから、しばしはおとなしい行動をする様にください。
とりわけ熱中症は死も意識した症状である事を頭に入れておいて、充分に体調管理に努める様にください。

運動ときの熱中症対策


運動ときの熱中症対策の為には何をしたらいいのでしょうか。
運動をする時には熱中症になる心配が伴います。
断然夏の暑い日に外で運動するなかには注意が必要です。
その対策として効果的のが運動をする前後にスポーツドリンクを呑む事だと言われています。
ただし、ただやみくもに飲んでも効果は有りません。
却って逆効果になる事も有るからです。
呑み方として効果的のは少しずつ、しかもゆっくりと呑む事だと言われています。
よく有るのは暑いからと言ってガブガブとあっという間にスポーツドリンクを飲んで仕舞う事です。
こうしてしまうと血液中に有る塩分濃度が同時に下がって仕舞う事になり、痙攣等の症状を引き起こしてしまうのです。
ですから熱中症の症状を引き起こさない為にも少しずつゆっくりと呑む事が大切になってきます。
また、スポーツドリンクには塩分・糖分が含まれています。
この時に大量に摂取しては濃過ぎてしまいますので、出来れば薄めて飲むとか、お水を呑むだけでも望ましいみたいです。
水にちょっとだけ塩を入れても良いかもしれませんね。
このお水やスポーツドリンクを運動前後で汗を流す分だけ補給するという分量で飲み込む様にすると良いと思いますよ。
呑み過ぎてしまうと塩分過多になりますから注意して下さいね。
つまり、運動するときの熱中症対策としては、運動によって喪失してしまった水分と塩分、つまり汗の分だけお水やスポーツドリンクで補って差し上げるという程度で良いという事になります。
また、必ずという場合を除いて、運動する時間帯も考えた方が良いと思います。

子供が起こす熱中症について


たいして熱中症になりやすいのは子供と高齢者の方だと言われています。
よくニュースで訊くのが、親が子供を車の中に記したままにしておいて買いものとかパチンコとか行ってしまって、戻って来てみたら車の中でグッタリしていたというニュースです。
これは苦しいけど現実に最適件数起こっているのです。
これは子供が熱中症の症状を出してしまった事が原因の事が多い様です。
大人はだいたい子供が熱中症になりやすいとは思っていないんじゃないかと思います。
では、何故子供はそれほどまでに熱中症にかかりやすいのでしょうか。
それは体内の水分量の問題であると言われています。
子供は大人より体内の水分量の割合が多いそうなのです。
水分量が多いという事は、汗を大量にかいてしまうと身体に受ける影響も大きいという事なのです。
その上子供は身体の機能が成熟していません。
発汗機能が未成熟なのです。
その為に体温調節が上手に出来ないので熱中症の症状が出やすくなってしまうのです。
子供の熱中症を防ぐ為には水分の補給をしっかりしてあげる事です。
これだけでなんともなる様です。
後は炎天下の中で遊ばせる時折休憩を取らせたり、帽子をかぶらせたりする事でも変わって来る。
でも子供が熱中症になった感じがしたら、気持ちいい場所に先ずは連れて赴き休ませてあげましょう。
そうして水分を補給させ身体を冷やしてあげましょう。
でもあまり良くならない場合は、いきなり病院に連れて行って診せる様にください。