小児科と少子化


小児科医は全国的に減少していると言われています。
その理由は何でしょうか。
少子化と直接的な関係はないのかもしれません。
少子化によって患者の絶対数は減少するかもしれません。
但し、実際の現場では小児科医の不足が低下しているのです。
救急患者を受け入れている病院では、子供の患者が圧倒的に多いと言われています。
つまり、小児科医が求められているのです。
そもそも、小児科医になろうとする人は如何なる人なのでしょうか。
子供がスキだというだけで小児科医に生まれ変われるわけではありませんが、子供のために何とか役に立ちたいとしている人が多いのです。
インターネットで小児科医のことを調べてみましょう。
小児科はいつ訪れてもたくさんの子供であふれています。
勿論、これらの患者の大半は軽症であり、病院に来る不要人も多いのです。
ただし、医学の知識を欠ける親にそれを説明することはできません。
小児科医が減少することで少子化がすすむことは容易に考えられますが、逆に少子化が進んだからと言って小児科医が減少することにはならないのです。
日本の医療の中で小児科の役割は重要です。
元気な子供を育てていかなければならないからです。
また、最近の小児科では子供の病気が少なくなっていると言われています。
それは様々な予防接種が増えたからです。
ほとんどの場合は国や自治体からの助成がありますから、検査や予防接種などが無料になるようです。
親としてはこのような助成を積極的に利用して、子供が病気にならないようにしたいものです。

注目の小児科


子供を診せたい小児科医とはどんなところなのでしょうか。
注目されている小児科の特徴を考えてみましょう。
小児科医に求められるものは、医学の知識や技術だけではありません。
子供に接するときのやり方も重要です。
ちっちゃな子供が喚きださないような工夫をしている病院なのかを見ましょう。
一般的に小児科には子供が喜びそうなものがたくさん置かれています。
ふとしたおもちゃや絵本、アニメキャラクターのポスターなどです。
赤ちゃんは病院の雰囲気も体で見受けるのでしょうか。
病院に入った途端に泣き出してしまう子供もいます。
あまりすばらしい思い出のない匂いがしたのかもしれませんね。
病院を評価するたまに小児科の評価は難しいでしょう。
お母さんが感じた評価と別途子供がどのような反応をしたかによって評価するだからです。
注目されている小児科では子供がにこやかに診察にあたっています。
壁の色や照明などにも気を配っているのです。
これらのことは病院の経営者の意向が凄まじく影響すると考えられます。
子供のことがスキというだけではなく、子供のことをよくわかっているということです。
あなたがどこの小児科にするか迷っているのであれば、真に診察を通してみて、子供の反応を見るといいのです。
子供が喜んでいるのであれば問題ありませんね。
最も、注射を喜ぶ子供などいませんから、小児科医のやるべきことによっても状況が変わります。
いずれにしても小児科医は全国的に減少しています。
いい小児科医が少なくなっているということかもしれませんが、熟練した人が多くなっていると考えることもできます。

小児科と幼児


幼児と言うのは正確には小学校以前の子供を言います。
小児科で幼児に対する治療と小学校、中学校の子供では異なっていることが多いのです。
一般の市販薬も年齢によって服用する量が異なっています。
体の大きさが違うためにそんな差があるのです。
幼児特有の病気というものもあります。
勿論、その時だけに限定されたものではなく幼児の発症率が全体の大半を占めているということです。
細菌性髄膜炎という病気は非常に重篤な感染症です。
この感染症の罹患者は1,2歳から4歳までの子供がほとんどです。
適切な治療を行ったとしても5%が死亡しています。
また、25%にはなんらかの後遺症が残ってしまうのです。
細菌性髄膜炎を防ぐ手段としてはワクチン接種が有効としています。
外国ではもう導入されていたのですが、日本では最近になってはじめてワクチンが販売されるようになったそうです。
小児科の医師にとっては年齢毎に対応の仕方がなるということです。
何より乳児、幼児は体が十分発達していませんから、その分だけ注意が必要なのです。
感染症でちっちゃい命を落として仕舞うことも多いのです。
発展途上国のように乳幼児の死亡率が高いわけではありませんが、大人に比べると死亡率はおっきいと考えるべきでしょう。
日本は少子化が進んでいます。
その対策は何かと考えられているのですが、これという決め手はありません。
せめて病気で命を落とすことのないように病気には注意をしたいものです。
それは親の大事な役目として自覚しておくことが必要なのです。