子供の年齢


子供の具合が悪い時は小児科で診察を受けることになります。
小児科は15歳ぐらいまでの子供を専門的に診療するところとなります。
なぜ15歳なのでしょうか。
それは、子供の成長がほとんどそのぐらいの年齢までだからです。
当然、ぴったり15歳になったところで診療科を切りかえるわけではありません。
飽くまで目安としていいでしょう。
乳幼児の時には体が少しずつ大きくなるとともに、体内の耐性に変化が出てきます。
小さい時には免疫が弱いですから感染症にかかることも多いのです。
よって、狭苦しい子供ほど注意しなければならないということです。
小学校に入ったころには特別な病気をしていない限り、決してモウマンタイでしょう。
また、小児科では予防接種も何かとあります。
有力感染症のワクチンは小児科にかかる時期に終わっているということです。
1歳までの子供を乳児と言います。
これも目安ですが、お乳を飲んでいる時期を指します。
普通の食事を食べるようになると体の免疫がなるのでしょう。
細菌性髄膜炎という感染症は2歳から4歳のころにかかりやすい病気です。
苦しい場合は死亡することもあるやばい病気です。
また、先天性の病気を所持している子供もいますが、それも小児科で診ることになるでしょう。
お母さんやお父さんは初めての子供で、病院への加わり方を知らないこともあります。
深夜に熱が出たと慌てて引き寄せることも多いのです。
それらは、ある意味仕方のないことところが、当直の小児科医にとっては大きな負担になっていることは確かですね。

小児科の注意


若々しいお母さんたちが小児科に子供を連れてくることはよくあることです。
小児科を受診するときの注意について考えましょう。
ここでは赤ちゃんのケースを考えてみます。
小児科では最初に心音や呼吸の音を確認します。
そのために、お腹や背中を見せなければなりません。
診察の時にはすぐに脱がせられるような服装にしておくことをお勧めします。
勿論、寒い時期ならば重ね着することはいいのですが、診察の時に脱がせることを考えておきましょう。
ボタンなどで前を解くことが出来るものや、上下に分かれた服装がいいでしょう。
そしたら、授乳やおむつ替えが必要であれば、出来るだけ診察前に済ませておくことです。
診察にあたっている間は赤ちゃんにとっておもしろい時間ではありません。
嫌がって泣き出す子供も多いのです。
出来るだけスムーズに診察がすすむような配慮が必要なのです。
赤ちゃんを病院に連れて行く状況を想像してみましょう。
赤ちゃんが急に泣きだしたり、熱を出したりするのです。
その時、お母さんにはその原因がわからないことも多いでしょう。
焦ること無く小児科へ連れて行きましょう。
そこで、慌てないでいいように、受診セットを準備しておくことです。
適当なバッグに必要なものを一揃えとしておきましょう。
準備するものは母子手帳、健康保険証、診察券は七つ道具です。
そうしたら、子供の年齢によって着替えやおむつ、ビニール袋、ハンドタオルやティッシュペーパーなどです。
過去に病気をしたことがあるとすれば、その時のメモなどあると診察もスムーズです。
ミルクなどもあるといいですね。

小児科と学校


学校には保健室があります。
ここにいる先生には児童がかかりやすい病気に関する知識を持っていなければなりません。
無論、伝染病などが広がったら学級閉鎖を判断したりすることもあるでしょう。
保健士ですから医師の資格を持っているわけではありません。
そのため一時的な応急処置はするでしょうが、本格的な治療や手術などは小児科に診てもらう必要があるのです。
昔は小児科医が学校で集団予防接種を通していましたが、最近では各クリニックへ親が子供を連れて行くようになってきました。
小児科の病気に関して学校が直接的に対応することは僅かと言っていいでしょう。
また、学校の保険に関することは学校保健法という法律を通しています。
これは小学校だけではなく、中学校、高校も含まれます。
小児科で診察するのは一般的には中学校までとしていいでしょう。
ですから、小児科の範囲となる年齢とはさっと違うのです。
最近は小児科での病気ということではなく、不登校などの心のケアの面で学校の保健室が重要な役割を果たしているケースが多くなりました。
子供たちは日々ストレスに晒されているのです。
子供の具合として、発熱やおう吐、下痢がよく生じる症状です。
勿論、これだけからその原因を推定することは困難です。
なんでも無いこともあるでしょうが、大きな病気の始まりということも言えるのです。
お母さんは子供が心配であれば、夜中それでも小児科に診てもらうことが大事です。
多くの救急クリニックでは小児科を持っているのです。