子宮筋腫にはいくつか種類が有ります


出来る場所によって子宮筋腫の種類が分かれるってご存知でしたでしょうか。
子宮内部に出来る子宮筋腫を「体部筋腫」という種類になり、子宮頸部に出来る子宮筋腫を「頸部筋腫」という種類に区切る事が出来ます。
大体9割以上が体部筋腫という種類で在ると言われています。
その体部筋腫は「筋層内筋腫」「粘膜下筋腫」「しょう粘膜下筋腫」に分けられますが、中けれども全体の7割以上を占めるのが「筋層内筋腫」だそうです。
これは子宮内に幼い筋腫やおっきい筋腫等大きさはバラバラで出来ますし、1つだけじゃなく複数適う事も有ります。
小さい内は症状も殆ど無いのですが成長してくると子宮内膜を圧迫してしまう為に内腔の形が変わって赴き、月経量が多くなったり月経困難症になったりする事もあるのです。
「粘膜下筋腫」は全体の1割程度しか出来ないと言われていて、めったに出来る事は弱い筋腫の種類になりますが、月経量の多さや不正出血という症状がどの筋腫の種類よりも深く出てしまう種類の筋腫になります。
また子宮内膜に受精卵が着床するのを妨げて仕舞う可能性が有る為、妊娠しにくいという状態になる事も有ります。
「しょう膜下筋腫」は全体の2割程度の回数である種類の筋腫ですが、筋腫自体が大きく成長しないと症状が出てこないという特徴が有ります。
広く成長するとお腹から筋腫が触れて仕舞う事も有ります。
これらの筋腫は1種類だけ出来るのではなく、複数種類が合併して適う事も有るそうです。
場合によっては手術を通して切除する場合もあるのですが、手術をしなくても治療が出来るケースも有りますので医師と相談して下さいね。

子宮筋腫と他の病気との関係【子宮腺筋症】


月経過多、月経困難症っていう症状が特徴的な病気に子宮筋腫が有りますが、そういった症状が一際強く出てしまう病気に子宮腺筋症という病気が有ります。
この病気は子宮内膜症の一門に当たるのですが、子宮筋層と言う部分に内膜症細胞が増殖してしまう事により、子宮内の壁が硬くなってしまったり腫れてしまったりする病気の事を指しています。
稀に症状が起きない場合も在るのですが、大抵は酷い月経痛、月経過多が有りますので日常生活に支障をきたす事もあるのです。
また放っておくと症状がガンガン強くなってしまいますので不妊症の原因になって仕舞う事も考えられます。
また子宮筋腫より数が大きい病気としても知られていて、30代後半から50代になるまでの女性で妊娠、出産を経験した方に多く掛かる様です。
また最近は若々しい世代の女性にも発生する様になってきているとも言われています。
この子宮腺筋症になった場合のケアですが、子宮全摘出手術が一般的な治療と言われていましたが、最近では核手術で行える場合も増えていると言い、女性にとっては負担が多少なりとも少なくなる様なケアに変わってきています。
また薬もの療法で様子を見る事もやはり有りますので全て手術になるとは限りません。
子宮筋腫と混同されやすいので、充分医師に診てもらう必要が有ります。
また閉経すると病気自体は治まりますがそれまで待つのはオススメしませんので、適切な治療を受ける様にください。

子宮筋腫と他の病気との関連【子宮内膜症】


「子宮内膜症」という女性特有の病気が有ります。
この病気は子宮筋腫と同じ様に月経異常の様な症状が現れる病気です。
子宮の内側を覆う様に粘膜が有りこれを子宮内膜と言います。
妊娠するたまに受精卵が着床しますよね。
この受精卵のベッドの様な役割を通じて受け取る膜なのです。
妊娠をしない場合は内膜が子宮から剥がれ落ち、月経血となって体外に出され、これが生理という事になります。
子宮内膜症は本来子宮の内側に内膜が有るのが正常な所、子宮じゃない部分に出来て増殖→剥離を増やす事を指しているのです。
こういう状態になると、炎症が起こったり癒着したり、痛みが出てくる様になったりします。
こんな子宮内膜症が起こる原因としては、晩婚化や晩産化が進んでいる事によって、女性の月経回数が増えてしまっている事にあると考えられています。
症状が現れる人と現れない人がいる為、ことごとく症状が出るとは限りませんが月経異常を起こす様になると月経の度に症状が酷くなって来る様になります。
その症状が日常生活に支障をきたす事も珍しくないそうです。
子宮筋腫の場合は手術をする方法が有りますが、子宮内膜症の場合は手術や色んな方法が有りますので医師の診断を受ける事が大切となります。
子宮内膜症は命に関わる病気ではないのですが、色んな症状でつらい思いをする場合もあるので楽観視もしてはいけません。
そうして閉経と共に上向く病気ですので、ご自身の症状によって医師と相談の元、適切な治療にあたって上手に付き合って出向く必要が有ります。