膣式子宮全摘出術


お腹を下回ること無く子宮筋腫を売ることができる治療方法として「膣式子宮全摘出術」があります。
子宮筋腫によって子宮の大きさがあまり大きくなっていなければ、この手術方法として開腹しないで子宮を摘出することができるためお腹に傷が残りません。
腹腔鏡を使いながら膣式に子宮を全摘する「腹腔鏡下膣式子宮全摘術」もあります。
この手術方法は、先ほどの膣式子宮全摘出術よりも腹腔鏡で中の様子を確認しながら手術を試せるため安全性が高い治療方法となっています。
腹腔鏡による補助があることによって膣式子宮全摘出術ではできない人の手術をすることも可能となります。
ただし子宮筋腫核出術の場合は、一般的に膣式ですることはできません。
この場合は開腹して手術するしかないため、お腹に傷が残ってしまうことは覚悟しなければいけません。
最近は手術方法も進歩しています。
そのため腹腔鏡による筋腫の核出術を試みる施設もあります。
子宮鏡によって筋腫の核出術を試みる施設もあります。
できる限り患者さんの体に負担が早くできるように様々な試みが行われています。
しかしながらまだまだ公的な一部の施設だけで行われているだけなので、一般的に広まっている治療方法ではありません。
この手術方法が適合する条件も関係しています。
現時点でお腹を下回ること無く子宮筋腫をとることができる手術は、子宮の大きさがこぶし大前後までのものに限られています。
しかも子宮を全摘する場合しか対応していないため、核出術は行えません。
病院によって、「腹腔鏡下膣式子宮全摘術」や「腹腔鏡下筋腫核出術」によってもらえるところもあるかもしれませんから、手術方法について事前に確認しておいたほうがいいと思います。

手術のメリットとデメリット


子宮筋腫の手術治療にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
腹腔鏡手術では、核出術と子宮全摘術の両方をすることができます。
核出術の場合、開腹手術に比べて傷跡が小さくて、手術後の癒着が少ないというメリットがあります。
子宮や卵管が手術によってダメージを受け辛い治療方法なので、手術後に妊娠できる確率が高くなります。
腹腔鏡手術はちっちゃな穴から器具を入れて遠隔操作するので、しんどい手術です。
医師の高い技術と豊富な経験が求められるので、優秀な医師に手術を選ばなければなりません。
また特別な装置も必要なので、できる病院が限られています。
腹腔鏡の核出術では、3泊4日入院したケースで50万円~60万円程度の費用が必要となります。
保険適用が可能それでこのうち自前は3割だとして16万円程度となります。
開腹手術の場合、腹部にメスを入れて切開します。
子宮全摘術、核出術の両方をすることができます。
子宮筋腫が高い場合や数が多い場合などは真実味があって安泰の良い開腹手術が行われます。
お腹を切開しないで行なう手術よりも手術時間が少ないことがメリットで、全摘術で1時間から2時間で終わります。
出血量が少なくて輸血の心配をしなくてもいいのがメリットです。
但し手術後の痛みが強くて、入院期間が8日間ほどあるため、腹腔鏡手術よりも長く変わることがデメリットです。
核出術では、子宮筋層を一部切開して筋腫をくりぬきます。
傷口を縫合して終了だが、傷の部分が癒着して卵巣や卵管や大腸や小腸などが引っ付くことがあります。
核出術した人の7割から8割が癒着を起こすため、手術後の経過観察が大切です。
膣式手術では、お腹を切らないで膣の奥の方を切って子宮を全摘します。
お腹を切らないので手術痕が残らないことや手術後の回復が速いことがメリットです。
但し膣が小さい場合や子宮がでかい場合、子宮周囲が癒着している場合などは膣式手術は行なうことができません。
出血量が少ないこともメリットです。

術後の注意点


術後のポイントについて述べておきます。
子宮筋腫の手術をした後、術後の痛みは3日ほどで収まります。
これから痛みが薄れていきます。
手術の際に腹部を切開した場合、縫い合わせた傷の痛みを感じますがこれは惜しくも先まで残ります。
子宮筋腫の手術治療を受けた後に必要なことは、安静にして体を暖めることです。
手術で開腹すると傷口の癒着が起こる可能性が高くなります。
手術後も定期的な検診をすることが大切ですが、きわめてまれに腸が癒着部分に絡んでしまい腸閉塞を起こしてしまうことがありますから、症状が現れたら一気に病院へ行ってください。
主な症状としては吐き気や嘔吐、めざましい腹痛や便秘などがあります。
子宮筋腫の手術を通しても基本的には性生活に影響がありません。
但し性交時まれに出血してしまうことがあります。
これは手術で切った膣の端の断面部分に肉の盛り上がりができたためです。
ただしこれは簡単な治療をすれば直るので安心してください。
手術後に生ずる性交痛は挿入ときの痛みと奥まで突き上げたときの痛みの2種類があります。
挿入ときの痛みは手術とは関係がありませんから一際注意することはありません。
但し突き上げたときの痛みに関しては、癒着が原因となっていることが見えるため一気に医師に相談する必要があります。
核出術においては再発の気配があります。
ですから手術の治療後も定期的に検診してフォローして行くしかないのです。
とりわけ子宮筋腫の数が多かった人の場合、再発の可能性も高くなるため半年に1回程度は検診を受けるようにしてください。