霜焼け予防に影響的なグッズ(耳あて、マフラー)

足と同様、耳も霜焼けが、でき易い部位ですが、、特に寒い地方のかたでも、無いかぎり、あまり耳あてを、しているかたを、見かけること言うのは、ございませんよね。

マフラーにしても、首まわりだけしか回してい無いやうです。

手指の先等ちょっとした火傷を、したときには、直ぐに耳たぶを、触れば良いと言われるほど、耳は、ボディーのなかでも、温度が、低めの部位ですので、特に寒い場所でなくとも、外気にいくらかの時間さらしていますと、霜焼けに成るケースでは、が、有ります。

北風が、強い日等は、とくに忠告が、要するでしょう。

北海道や東北、北陸等にお住まいのかたは、言う迄も、なく、冬季のお出掛け時には、耳あてやマフラーで耳の霜焼けを、予防すべきでしょう。

まだ霜焼けを、経験したことが、無いかたも、ご自身の耳を、触ってみて、すさまじく冷たいようであるのなら耳あてやマフラーは、必須です。

大袈裟な霜焼け対策グッズよりも、まずは、身近に有る寒冷対策グッズ、マフラーで良いのです。

幅のワイドマフラーを、首に巻くときに、耳迄覆うようにして巻きます。

それだけでも、そのまま外気にさらすよりは、だいぶマシに成ります。

過去に、耳が、霜焼けになったことが、有るかたでしたら、出来るだけ厚くて温かいマフラーを、選定してちょーだい。

若しくは、耳あてを、試してみてちょーだい。

耳あては、子供が、使う雰囲気が、有るかもしれませんが、、近頃は、大人が、つけても不自然では、無いお洒落なものも市販されています。

マフラーも素材や形、長さ、柄等々、お洒落なものが、いっぱい有りますので、スタイル感覚で霜焼けの予防にも成ります。

次の冬季から是非使ってちょーだい。