食中毒とは


有害な微生ものが入っている飲食ものを食べたり、化学もの質が入っている飲食ものを食べたりしたために起こる健康障害のことを「食中毒」と言います。
食中毒の主な症状としては、嘔吐や腹痛、下痢などの胃腸障害が多くなっています。
時折発熱や疲弊といった風邪という症状が生じることもあります。
昔は、赤痢やコレラなど感染症による胃腸障害などは食中毒とは区別されていたのですが、1999年4月に感染症に関する法律が施行されて変わりました。
病院もの質がなんであっても飲食によって健康障害が起きた場合はすべて「食中毒」と分類されるようになったのです。
但し食べすぎや呑みすぎ、あるいはビタミンが欠乏したことによる栄養障害によって引き起こされたものや食品中にガラスなどの異ものが混入したことによるものは食中毒に含まれません。
やはり熱いものを食べてやけどした場合にも、食中毒には含まれません。
食中毒の場合、原因となる飲食ものは腐敗しているわけではないので、味も臭いにもほとんど変化がなく食べてもおかしいとすぐに気がつけないのが特徴です。
食中毒は、通常人から人に感染していくものではありません。
但し「大腸菌O157」や「ノロウイルス」や「赤痢菌」などの感染力が強いものは感染することもあります。
別に体力がない乳幼児や高齢者の場合、食中毒の症状が重症化するため注意しなければなりません。
腹痛、下痢、発熱など体調の異変を感じたらすぐに病棟を受診することが大切です。

食中毒の分類

食中毒を分類すると、「細菌性食中毒」「ウイルス性食中毒」「自然毒食中毒」「化学性食中毒」「原虫等による食中毒」に分けられます。
「細菌性食中毒」は食中毒全体の9割を占めるもので、細菌が原因となって掛かる食中毒です。
細菌性の中それでも「毒素型」と「感染型」に分かれます・
「毒素型」は食べものの中で細菌が毒素を作りだしてそれを召し上がることによるものです。
「黄色ブドウ球菌」や「ボツリヌス菌」や「セレウス菌」などがあります。
「感染型」は体内に細菌が入って赴き、人間の腸の中で増殖したり、毒素を作りだしたりして生ずるものです。
「サルモネラ」や「腸炎ビブリオ」や「赤痢菌」や「腸管出血性大腸菌」などがあります。
「ウイルス性食中毒」は飲食ものとしてウイルスが体内に入り食中毒を起こすものです。
「ノロウイルス」や「A型肝炎ウイルス」などがあります。
「自然毒食中毒」は元々植ものや動ものなどに含まれている有害もの質を体内に摂取することによるものです。
「植もの性」のものには、毒キノコやジャガイモの芽などがあります。
「動もの性」のものには、ふぐ毒や貝毒、シガテラ毒などがあります。
「化学性食中毒」は飲食ものに有害な化学もの質などが含まれていてそれを体内に摂取することによるものです。
「農薬」や「重金属」などがあります。
「原虫等による食中毒」は飲食ものに原虫などが含まれていてそれを体内に摂取することによるものです。
「原虫」や「真菌」などがあります。

食中毒の予防


食中毒を予防するための「3原則」があります。
バイキンを「付けない」「増やさない」「殺す」です。
「付けない」とは、食中毒の原因となる細菌やウイルスなどは調理するときの材料、つまり野菜や肉や魚などについていることが多いのです。
材料についている微生ものを手や調理器具を通じて他の食品につけて汚染させてしまい食中毒の原因となってしまうことがあるのです。
そのため、手をよくすすぎ、調理器具をよく洗い、材料をよく洗うように気をつけることが大切です。
また肉を下回る、魚を下回る、野菜を下回るときの調理器具を使い分けることも大切です。
「増やさない」とは、食中毒の原因となる微生ものが食品に関しましていたとしても、微生ものが食品の中で増殖しなければ食中毒にはなりません。
細菌は4℃から10℃くらいの冷蔵庫の温度の中まずは増殖しにくいので、食品は冷蔵庫に保管するようにした方がいいのです。
冷やしたから菌が死ぬわけではありませんから油断は禁ものところが、室温保存するよりもはるかにデメリットが低くなります。
生ものは面食らうこと無く冷蔵庫へ入れて保管して下さい。
調理済みの食品は早めに召し上がることも必要です。
「殺す」とは、食中毒の原因となる微生ものは「熱」にか弱いものが多いです。
そのため仮に食品に微生ものが付いていたとしてもしっかり加熱すれば殺すことができるのです。
加熱が不十分な場合、食中毒を起こす可能性があるため注意しなければなりません。
また食器や調理器具などは、洗剤で洗うだけではなく洗った後に熱湯消毒したり、塩素系漂白剤に擦り込みたりして消毒する必要があります。