食あたりとは


食あたりとは食べものにおいている細菌によっておきる症状です。
その量や細菌の種類によって、どのくらいで症状が出てくるのかが違います。
食あたりには潜伏期間があります。
食中毒と表現する場合もあります。
医学的には食あたりと食中毒はおんなじものと考えるべきでしょう。
カンピロバクターという細菌の場合は、潜伏期間が1~7日と長くなっています。
思い起こしたころに症状が出るというわけです。
症状としては腹痛、違和感があり、嘔吐、下痢をおこします。
下痢は水ものの便の場合と粘液便の場合があります。
よく訊く名前でサルモネラ菌を知っていますか。
この場合は6~48時間で症状が出てきます。
嘔吐、腹痛、発熱、下痢などの症状が急に出てきます。
その他にも、各種毒素や細菌によって食あたりは発生します。
集団で発生すると、ニュースなどになってしまう。
原因は食べものに細菌が含まれていたことによるものところが、本人の体調や体質によって起きる症状には差があります。
単に幼児やお年寄りの場合は体力がありませんから、症状が重くなるのです。
自宅で安静にしておけば回復する場合もありますが、症状がひどければ病院に行くべきでしょう。
食べものを食するまま食あたりの兆候があるのでしょうか。
残念ながら、徹頭徹尾わかりません。
腐りかけの食材であれば、誰でも臭いでわかります。
但し、食あたりの原因となる細菌は見た目、臭い、味などで判断出来るレベルのものではないのです。
●目次
食あたりとは
食あたりと発熱
食あたりの腹痛
正露丸と食あたり
豚肉で食あたり
卵で食あたり
食あたりの情報
食あたりと食中毒
食あたりと嘔吐
食あたりの注意
食あたりと年齢
食あたりの症状
食あたりの季節
食あたりの相談
あさりで食あたり
食あたりの注意
食あたりの事件
食あたりを控える
食あたりと体質
食あたりと病院
食あたりと吐き気
食あたりに
食あたりの応急処置
食あたりと病気
食あたりの原因
食あたりと下痢
食あたりの薬
カキで食あたり
食あたりの処理
食あたりと食事

食あたりと発熱

発熱は各種病気の時にある症状です。
その症状だけで病気がなんなのかを知ることはできません。
下痢や嘔吐を伴った発熱の場合は食あたりが考えられます。
ウィルス性の食あたりではないでしょうか。
やはり、食あたりと言っても、かなり程度の差があります。
個人差も幅広いようです。
食あたりは腸内に毒素や細菌が入ってきたために起こる症状です。
下痢や嘔吐、発熱、耐え難い腹痛があります。
このような症状が出たのであれば、できるだけ病院に行くことをお勧めしますね。
食あたりを我慢しておくと、重症になって仕舞うこともあるのです。
食あたりの症状は様々なものがあります。
便についても水っぽいものから粘質性のものもあります。
発熱は38度を超す場合もあります。
いずれにしても病院で検査をしてもらうことが大切です。
そうして、もらってきた薬を呑みながら、暫く安静にしておくことが大切です。
体力があればいいのですが、下痢や嘔吐は体力を急激に奪っていきます。
また、体内の水分もなくなります。
水分補給とエネルギー補給が大切になるのです。
下痢を通していますから、通常の食事を摂ることは困難です。
消化の良い軟らかい食事を少しずつ食するようにしましょう。
また、水分補給としてこまめに水を飲み込むかスポーツドリンクを呑むようにしましょう。
体の中から細菌など食あたりの原因が排出されたならば、症状は治まっていきます。
また、食あたりの症状が出るのは潜伏期間を過ぎてからです。
細菌の種類によってその長さは違っています。

食あたりの腹痛


昔から夏になると生ものは食べてはいけないと言われていました。
食あたりになって仕舞うことが多かったからです。
今では冷蔵庫や冷凍庫がありますから、夏でも生ものを平気で召し上がるようになったのです。
食あたりも小気味よい下痢や嘔吐ぐらいですむ場合は問題ありません。
但し、耐え難い腹痛や発熱を伴う場合は病院に行かなければならないこともあるのです。
最悪の場合は命を落とすことにもなります。
毎年、どこかで食中毒がニュースになっているのは知っているでしょう。
自分は大丈夫だと思っても、それは根拠のないことなのです。
食あたりの場合は症状によって、ある程度の判断が付きます。
つまり、下痢や嘔吐だけの場合は軽々しい食あたりとしていいでしょう。
水分を補給しながら、回復するのを待ち受けましょう。
とにかく、呑み過ぎ食べ過ぎが原因だと分かっているのであれば、長らくするとよくなるのです。
但し、きつい腹痛と発熱を伴う場合は細菌による感染が考えられます。
では病院で診てもらうことが大切です。
でも、大した治療をするわけではありません。
薬をもらってきて、安静にしておくだけかもしれませんね。
多くの場合は下痢や嘔吐によって、体内の細菌を排出することによって、回復に向かいます。
症状が数日貫くようであれば、再び病院で診てもらうようにしましょう。
食あたりの症状は2,3日貫くこともあります。
また、細菌による感染では潜伏期間が1日以上もあるケースもあります。
家族に食あたりが出たら全員に可能性があるとして下さい。