ワクチンと免疫療法


免疫療法は体内から取り出した細胞を活性化させて、更に体内に立て直すやりかたです。
この活性化された細胞をワクチンと称しています。
通常のインフルエンザワクチンなどは病原菌を培養してワクチンを製造しますが、免疫療法の場合は自分の体内から取り出した細胞でワクチンを生み出すのです。
従って、他の人のワクチンでは副作用を生じてしまいます。
このような免疫療法のやり方から、DCワクチン療法と呼ばれるのです。
ワクチン療法では、体内から取り出した樹状細胞を増殖させます。
そうして、その細胞に自分自身の癌の抗原を入れるのです。
そんなにすることによって樹状細胞は癌を特定して記憶するのです。
つまり、患者の癌を攻撃するためのワクチンが完成するということなのです。
これを体内に立て直すと、リンパ球などが癌細胞を攻撃することが出来るのです。
この仕組みは癌細胞が転移などをした場合それでも有効です。
体中の癌細胞を探し出すことが出来るのです。
もちろん、この方法では癌の種類が異なっていると、利用できません。
但し、体の免疫をフルに活用して効率良い癌の治療となることは間違いありません。
このDCワクチン療法をさらに進めたものがDCI療法と呼ばれるものです。
これは樹状細胞に抗原を憶えさせるのではなく、体内で憶えさせるのです。
具体的には腫瘍の中に樹状細胞を注入します。
これで腫瘍を癌細胞と認識することが出来るのです。
この方法であればDCワクチン療法のように外部で樹状細胞の処理をする必要がありませんから、治療としては簡単になります。
また、患者の患部からの癌細胞の抽出ができないケースなどでも利用出来るようです。

腎臓癌と免疫療法


腎臓癌の治療として免疫療法が注目を集めています。
免疫療法は特定の癌細胞に照準を当てて、それを弱体化させるという治療です。
癌細胞を見つけ出すのは樹状細胞と呼ばれるものです。
この細胞を体内から取り出して、培養します。
おおむね1000倍にまで増やします。
その樹状細胞に患者の癌細胞を加えてやると、樹状細胞がその癌細胞を記憶するのです。
その記憶を有するまま体内に立て直すことによって、体内の癌細胞を見つけ出して貰える。
腎臓癌に対しての免疫療法の臨床試験はたくさん行われているようです。
その理由は腎臓癌に対して免疫療法は非常に効果的であるというデータがあるからです。
多くの症例があるということです。
一般に免疫療法が効果を表すのは、治療を受けた人の3割程度だと言われています。
腎臓癌の場合は有効な抗癌剤が少ないことや、放射線治療の効果も断じてゼロというところに免疫療法が注目罹る理由があるのです。
他の癌の場合まずは免疫療法は多くの治療の選択肢の一つでしかありません。
しかもその効果は他の治療について小さいと言われているのです。
免疫療法を行うためには、医師の細かいケアが必要です。
当然、樹状細胞を体内に戻してやれば、それからは自分の体が癌を退治できるのを待つだけです。
現代の医学において免疫療法は十分な臨床試験が行われた治療とは言えません。
また、健康保険の適用外ですから、治療費も高額になっています。
但し、他の治療がない患者さんにとっては最後の頼みと言ってもいいのです。

癌検査と免疫療法


癌は癒える病気だと言われるようになってから、かなりの年月がたっています。
ただし、現代も日本人の3分の1は癌でなくなっているのが現状です。
癌が直るためには早期発見が不可欠なのです。
但し、年に一度の検診で見つからない癌も多いと言われています。
そうして、見つかった時折手遅れになっているのです。
そんな危険を控えるために癌検査が注目を集めています。
それは免疫療法によるものです。
免疫療法では樹状細胞によって、体内の癌を発見し退治します。
その免疫を通じて、今までは発見できなかった超早期の癌を作ることができるようになってきたのです。
つまり、癌は検診で生じるまでに少しずつ体内で広がっているのです。
この大層初期の癌であれば、どんなに見つかったとしても対応することは容易なのです。
この検査を変異遺伝子検査と言います。
癌は遺伝子が変異したものです。
この遺伝子を検出することができるようになってきたのです。
現代の医学は微細な以上も見出すことができるような進歩を遂げているのです。
この癌検査は採血してそれを探るだけで済みます。
誰でも気軽に検査を頂けるということですね。
患者にとって概して負担がないことは大きなメリットなのです。
無論、このたまに癌が見つかっても自覚症状などはありません。
癌細胞は何年もかかって発病に差し掛かるからです。
将来の発病を事前に止めることができるのです。
医学の進歩は誠にうまいことでしょうか。
癌の心配から解放される日もそんなふうに遠くはないのかもしれません。

免疫療法と治療


癌治療を受けている人はたくさんいます。
現代の日本においては、3人に自力が癌で死亡しているのが現実なのです。
癌にかかって完治したと思っても、再発する人もたくさんいます。
この癌治療で注目を集めているのが免疫療法です。
本来、免疫療法とは癌だけに特化したものではありません。
病気全般について適応出来るものなのです。
免疫療法の定義は、人間自身が携帯している免疫によって病気を治そうという考え方です。
一部では精神的な落ち着きを送ることによって免疫が伸びると言った情報もあります。
但し、癌治療においては医学的見地からの免疫療法ですので、民間で行われている免疫療法とは一線を画していると言っていいでしょう。
そこで癌治療のための免疫療法です。
人が携帯している免疫を医学的に高めてやることができれば、その機能によって癌細胞を死滅させることが出来るということです。
すべてをホメオスタシスにゆだねるのであれば、医者の芽生える幕はありません。
そうではなく、免疫を上げるという部分を医療で補うのです。
何もせずに免疫が上がるわけではないのです。
こう考えますと厳密な意味でのホメオスタシスにはならないのです。
免疫を決めるために体内から取り出した細胞を培養して、癌に対抗出来るように処理をします。
その細胞をさらに体内に戻すのです。
体内に戻された細胞は前もって自分の体ですから、副作用はないのです。
これが免疫療法の最大のメリットです。
ただ、その効果は精度がないと言われています。
すべての人に効果があるとは言えないのです。