熱中症について


夏になるとちゃんとニュース等で耳にするのが「熱中症」です。
耳にするけれどまさに如何なる症状かよく分かりませんよね。
これは身体の発汗機能或いは循環機能が正常にはたらくなり、体温調節が上手くいかなく至る事を指しています。
この状態によって身体の不調が何かと生じる事になります。
なぜ体温調節が上手くいかなくなると様々な症状を引き起こしてしまうのかと言うと、汗をかくと皮膚から熱を出したり、蒸発したりして上手に体温のコントロールを通じています。
通常人間の身体は暑くても寒くてもおんなじ温度が保たれる様に身体自身が調整しているのです。
そのバランスが崩れてしまうと、熱が放出されなくなって身体の中に熱を溜めこんで仕舞う事になります。
すると体内にある水分バランス、塩分バランスも同時に壊れてしまうのです。
そこで生じる症状としては、頭痛、はきけ、目眩、意識障害、だるさ等といった症状が挙げられます。
熱中症は特定の人に起こるものまずは有りません。
男女問わず、老若男女問わず起こり得る症状なのです。
ただし起こりやすい年代と言うのは有ります。
身体がまだ未発達で体温調節も上手に出来ない幼児等や、体温調節機能が老化によって衰えてきて仕舞う高齢者の方々です。
こういう人達は熱中症になるリスクが高く陥る様です。
熱中症は水分を取っていれば大丈夫と軽々しく見ていると、深刻な症状になって仕舞う場合もありますのでちょっとおかしいなと思ったらたちまち病院に行く事が大切となります。

熱中症を引き起こすケース


真夏や梅雨など暑い時折熱中症の症状を引き出すんじゃないかと心配する人も多いかと思います。
確かに梅雨が明けた後はいとも暑いですよね。
気温だけでいっても30度を超えているのは当たり前で、33度~35度なんかに至る日も有ります。
このあたりになると熱中症が増加してくると言われているのです。
また、最近の日本は気温の上昇がきつく、36度を超えている地域も有ります。
気温が36度を超えるという事は人間の体温を上回るという事になります。
そうすると体温調節バランスがおかしくなり、熱中症になって仕舞う人が増えて最悪死亡してしまうというケースが伸びるそうなのです。
今では暑いのは関東より南の地方だけでは有りません。
北海道や東北等でも熱中症になる人が増えてきているらしいのです。
暑さが当たり前と言われている関東地方より南に住んでいる人達の場合、暑さには慣れている事も有りますから多少のフレキシビリティが有るとは思います。
ただし基本的に気持ちいい地方に住んでいる方の場合、暑さには慣れていませんので真夏日が急に訪れてしまうと熱中症の症状を引き起こしてしまう可能性が高くなるのです。
また、熱中症の症状は外が暑いによるという事だけでは有りません。
体内から暑くなってしまった場合も引き起こしてしまう可能性があるのです。
体温調節バランスがおかしくなってしまっているとき、室内で有っても運動をしたとします。
湿度がある所の場合、汗をかいても蒸発はしにくいですよね。
すると体外に熱が放出されないで体内にこもってしまう。
そう言った場合にも熱中症になって仕舞う可能性があるについてになります。

熱中症の予防に水分補給


基本的熱中症の予防としては体調管理や服装等を考えるという事です。
その中けれども一番基本的予防は水分補給です。
更に定期的な水分補給と塩分が含まれている水分の補給が必要だという事を覚えておきましょう。
人間は通常2リットルもの水分を体内から失っていると言われています。
これは通常ときの事になります。
真夏等暑い日は1時間で1リットルもの汗をかく場合もあるみたいです。
これだけ急激に水分が体内から無くなってしまうと脱水症状を起こしてしまう可能性が出てきます。
こうなると喉がカラカラになってしまいます。
こうなってしまうと熱中症を予防するという観点では遅いという事になります。
さりとてビールや刺々しいジュースばかり摂取するのも注意して下さい。
白々しいものばかり飲んでいると胃に負担がかかる事になります。
ですから、在る程度の冷たさの水分をこまめに摂取する様にする事が熱中症の症状を予防するのに効果的のです。
高齢者の方は熱中症になりやすいと言われています。
高齢者になってくると代謝が悪くなるのかトイレにいく回数も減ってくるし、水を飲む量も減ってきますのでこまめに呑む様にください。
グングン熱帯夜なんかでは寝ている最中けれども熱中症の症状を引き起こす事が有ります。
暑い夜は1杯だけでも寝る前にお水を飲んでから寝入る様にすると熱中症予防になります。
取り去る水分はスポーツドリンクの方が塩分も含まれていますので効果的です。
しかし糖分も含まれていますのでカロリーがちょい気になるという場合は、薄めて飲んでも良いでしょう。