子宮筋腫は一般的な病気なのでしょうか


よく訊く女性の病気の中に「子宮筋腫」が有ります。
子宮筋腫と言うのは成人で月経がある女性に発生する病気だと言われています。
一般的な数と言うと成人女性の10人に2~4人の割合で何かしらの子宮筋腫が有るのではないかと言われているそうで、はたして酷い筋腫まで混ぜると大抵の女性の子宮内には子宮筋腫が有るのではないかとも言われているのです。
これだけ子宮筋腫は一般的な病気だという事になります。
通常子宮筋腫の症状が出てくるのは30代半ば位の女性だと言われていて30~50代半ば位の女性で有れば発生確率が高いと言われています。
ただし現代は初潮を迎える年齢が低くなってきています。
この事を受けてか20歳前半の女性けれども子宮筋腫が叶う可能性が高くなっていると言われているのです。
そういった事を受けて、子宮筋腫が20代という初々しい世代の女性に発症してしまう例が多発していると言います。
この背景には昔と違って性成熟度が低い年齢化している事が一因ではないかとも考えられているのです。
つまり体格も大人になるのが早いですし、初潮を迎えるのも早いですし、性交渉をする年齢も早くなってきている感じがします。
こんな事で筋腫が適い易い子宮の環境が初々しい年齢でも整ってしまうと言われているのです。
また栄養過多、ストレス、食生活等も原因の一つでありますので、どんどん一般的な病気として知られてきている様です。
子宮筋腫は場合によっては手術で除く場合が有ります。
子宮筋腫だから手術をしなくてはと暗に考えるのではなく、お医者様に相談してアドバイスを受ける様にください。

子宮筋腫になると如何なる症状を引き起こしてしまうのでしょうか


多くの成人女性に起こると言われている程、一般的な病気が子宮筋腫になりますが、出来た筋腫の大きさや数、筋腫が出来た場所によって表れる症状は多々だと言われています。
筋腫が小さかったり、中でも影響が無い場所に適うと症状が出ない事も有り、婦人科検診か妊娠ときの検診で始めて発見受ける事も多いそうです。
症状として一般的なのは月経の状態がしょっちゅうとなるという事です。
たとえば月経の期間が長くなったり、出血の量が多くなったり、不正出血が出たりする事も有ります。
それに伴って月経痛がひどくなったり、貧血を起こしたり、めまい、息切れ等の症状も起こす様に達する事も有るのです。
また筋腫自体が大きくなってしまうと周りに在る臓器を圧迫させる事も見て取れるそうです。
そのひときわ一般的なのが膀胱を圧迫させる事でこれによりひん尿の症状を表す事になるそうです。
もっと大腸が圧迫受ける様になると便秘の症状を現す事も在るそうです。
子宮筋腫は良性の腫瘍だと言われていますが、出来た場所によって不妊症の原因になる事もあり、これは受精卵が着床するのを防ぎたり、卵管を塞いで精子が通らなくなる様にしたりする事で起こるんだそうです。
もう一度流産や早産になる確率も子宮筋腫が無い方と比べて厳しい事も分かっているそうです。
凄い場合になると手術を通して奪う事も可能だが、手術をしないで別な治療ですませる場合も多いです。
とはいうもののそのまま放置するのではなく医師の診断の元で判断を下して貰うのが一番ですので定期的に診断を受ける事が大切なのです。

卵巣ホルモン以外の子宮筋腫が出来る原因


子宮筋腫が出来る原因に卵巣からのホルモンが広く関わっているのではないかという事が考えられています。
ただしそれ以外にも原因が見て取れる様なのです。
子宮筋腫は大きくなってくると手術を通して取る事も有ります。
手術となると少々嫌ですよね。
なので子宮筋腫が出来る原因を多少なりとも理解しておいた方が良いというのです。
その原因の考えの1つには、子宮内の筋肉がきちんとできあがって仕舞う段階の部分での事になります。
自分ではどうにもなりませんが、子宮の筋肉と言うのは身体ができあがる段階、つまりお母さんのお腹にいる段階の時に作られするのですが、このたまに何か子宮筋腫予備軍が出来る原因が起こっているのではないかと考えられているのです。
考え方としては子宮内の筋肉細胞がちょっと違う形でできあがる部分が出来るのではないかという事なのです。
それが思春期になって月経が始まって卵巣からホルモンが分泌される事で反応を通して子宮筋腫として育って出向く様になるという考え方なのです。
子宮筋腫は急に出来るのではなくて何年もの年月を積み重ねて大きくなると考えられています。
また、子宮の筋肉と言うのは赤ちゃんを育て上げる環境を作っていっていて、月経毎に大きくなり子宮内の細胞を繰り返す準備を通しています。
それでも妊娠にならないとその準備が途中になり閉めなくてはならない事になるのです。
これが何度も繰り返されると細胞になんらかの変化が起こり、子宮筋腫の予備軍が出来るのではないかと考えられているのです。