集束超音波治療という子宮筋腫の治療方法


「集束超音波治療」という子宮筋腫の治療方法が近年出てきました。
これは手術では有りません。
筋腫にかけて超音波の振動エネルギーを当てて子宮筋腫の細胞を壊死させて行くという治療方法になります。
よく虫眼鏡として太陽の光を集めると光の先が焼け焦げますよね。
この理論として開発されたものだそうです。
手術とは違いますから身体を痛め付ける心配もなく、安心安全ですし、日帰りも可能になっています。
今までに子宮筋腫でこの集束超音波治療を受けた過多の8割の方の症状が改善されたと言いますから、今後注目を揃えるであろう治療方法となると思います。
では真にいかなる治療方法で有るかと言うと、診療台にうつ伏せの状態になり治療を通じていきます。
痛み止めを使うので治療の際の痛みや熱さ等は殆ど憶える事は無いと言いますから安心して下さい。
子宮筋腫にはずいぶん有効的治療方法なのですが、日本では入ってきたばかりの治療方法になりますので健康保険が適用されていないと言います。
その為に治療代は高額になり大体50~80万円程の治療代がかかると言われているのです。
そう考えると簡単に受ける事は出来ない治療方法ですよね。
またこの治療は筋腫を退治できるのではなくて症状を小さくして改善して行こうというものになります。
その為に再発してしまう確率も高いと言います。
妊娠を望むのであれば有効的治療かもしれませんが、治療代と再発のリスクも合わせて考えたいものですね。

子宮動脈塞栓術という子宮筋腫の治療方法


子宮動脈塞栓術という治療方法が子宮筋腫には有ります。
皮膚からカテーテルを入れて動脈内に挿入していきます。
そうして子宮筋腫を育てている栄養を送っている動脈を閉塞してしまうという方法になります。
これにより筋腫が小さくなって症状も緩和されるという効果が得られます。
この方法は分娩後や手術後の止血の為に昔から行われていた方法で、これを応用して子宮筋腫の治療方法に使っているのです。
この方法はたいして真新しい方法ですが、日本ではなかなかでかいで受けられる様になっているそうです。
この方法はメリットが多いです。
子宮全摘手術ではないので温存も出来ますし、傷跡も残りませんし、他の臓器への影響も少ないし、副作用も僅かと言います。
また栄養を絶っているのでおんなじ場所での子宮筋腫の再発も殆ど考えられないと言います。
但し治療効果が一向に上がらないというケースもあるそうで、この場合は適用しなかったという事で別の治療をすすめる事になります。
そうして基本的に子宮筋腫は良性の腫瘍ですが、まれに子宮肉腫の場合もある為、良性や悪性の判断が付かないというリスクも有ります。
またこの方法も健康保険が適用されていない治療方法の為、自前額が50万円位と高額で見て取れるのもデメリットであるでしょう。
ただし生命保険に加入している方は、ご自身の内容を確認して見ると支払い対象である場合が有りますので、ひとたびご確認を通じていただければと思います。
もしも適用されるのであれば自前額が少なくなりますのでオススメです。
また先程副作用が無いと言いましたが、術後、下腹部痛を伝える人が多いと言いますのでこれは仕方が無い事かも知れませんが、痛み止めの注射を打って貰って対処する様になるそうです。

漢方を使って子宮筋腫を治療するという方法


漢方ってご存知でしょうか。
中国の伝統医学になるのですが天然材料の生薬を2種類以上合わせて処方された漢方薬だそうで治療にたくさん役立っています。
西洋医学の場合は子宮筋腫の治療をする際に薬もの療法や手術を通じていくという方法になりますがこれらの方法は手術自体も身体に大きな負担を強いる事になります。
それでも漢方薬の場合は症状を改善させる事を目的としている為、身体の機能を改善させて赴き筋腫が大きくなる事自体を防ぐ様な働きをしてくれます。
また色んな生薬が有って色んな漢方薬が出しだせるので患者さんの体質や症状によって、個々に当てはまる漢方薬を築けるのも魅力的です。
子宮筋腫の漢方においての考え方は血が塞がる事で起こると言われています。
これを「おけつ」というのだそうですが、その地の滞りを解消させる為の薬を用いるのが順当と言われているのです。
身体に良さそうな感じの漢方薬ですが、手術等と違って効果が無い事が問題として挙げられます。
漢方薬が身体に有っているのであれば2~3週間で効果が出てくる様ですが、そうじゃないと数ヶ月かかってじりじりゆったり改善させていくという方向になっている事も短くは有りません。
今ではお薬の種類として漢方薬を用いる西洋医学の病院も在るそうです。
西洋医学、東洋医学のどちらを組み入れるのも自由だと思いますが、身体に手で治したい。
バッチリ治したいというのであれば漢方薬は効果的子宮筋腫の治療方法ではないでしょうか。