胃潰瘍のしくみとは?


胃潰瘍は、胃液と胃を保護する粘膜とのバランスが崩れた時に生まれる病気です。
食べものを消化してくれる胃液は手強い成分で胃粘膜を融かすほどの力があり、通常、胃粘膜は消化されないように粘液を出しています。
胃液の胃酸を「攻撃因子」、胃粘膜の耐性や粘液を「防御因子」と言い、健康時は両方のバランスが保たれています。
だが、ストレスや服薬で「攻撃因子」が強くなってしまったり、耐性の低下や粘液の分泌が収まることで「防御因子」が弱くなってしまい、バランスが崩れると、胃粘膜が消化されて傷ついてしまいます。
潰瘍というのは、ある程度以上の組織が欠損している状態を意味しています。
これが、胃粘膜(胃壁)に、なんらかの原因で組織が欠損している状態が、胃潰瘍です。
胃潰瘍の原因としては、ジリジリ、過労、睡眠不足、緊張、不安、手術前などによる肉体的・精神ストレス、ピロリ菌、刺激の強い香辛料や熱過ぎたり冷たすぎる飲食ものを取りすぎること、痛み止めやステロイドなどの強い薬や長期にわたる服用、喫煙、大量の飲酒やコーヒー、暴食、食生活の乱れなどから発症します。
こう見てもわかるように、胃潰瘍の発症には、暮らしが多いに関係してくる。
従って、病院での投薬治療のみで治りきらないのは、このためです。
胃潰瘍の根治には、なんで胃潰瘍になってしまったのか原因を見定め、生活を改善していくことが大事になってくる。
最近ストレスを過剰に欠けるか?休息が必要ではないか?心機一転が上手にできているか?など、自分の生活を見直すチャンスでもありますね。

胃潰瘍になりやすいタイプの人


胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、非常に再発率の高い病気です。
とにかくかかると未来永劫潰瘍になると仰る程、その人の性格と大きな関わりがあるのです。
未来永劫というと、それはすでに、持病のレベルですよね。
特に、根治が厳しい胃潰瘍、十二指腸潰瘍は、どんなタイプの人に数多く言える病気なのでしょうか?
胃潰瘍は、神経質な人、几帳面な人、ストレスをため込んで仕舞う人、よく気がきく人、悩みや責任を自ら抱え込もうとする性格の人がかかりやすい病気です。
まじめな人ほどかかりやすい病気なのかなと思います。
会社や、家庭の為に本人は一生懸命になっているのに、ストレスが原因で、胃潰瘍になって仕舞う。
まじめ人が一番かかりやすいとは、複雑な気分ですね。
では、このようなタイプの人等が、ストレスを原因に胃潰瘍にならないためにどうすればいいのでしょうか。
どのようにストレスと向き合ったら良いのでしょうか。
人の性格はまずまず入れかえることが厳しいものです。
年を重ねて出向くほど、できるだけ難しくなってくるものです。
そこで大事になって現れるのが、ストレスを溜めないように、自分にあった憂さ晴らし法、憂さ晴らし法を捜しあてることが大切です。
あなたは、憂さ晴らし法を所持していますか?最近、女子にはやっている山ガールやジョギング。
これらも憂さ晴らしには相応しい趣味と言えますね。
とも、山に登っている間、走っている間はそのことに一生懸命集中して他の事を考える余裕もなくなってしまう。
それがいいのです。
日常の悩みから離れ、全く違うことを通して見る。
これが、大事なんですね。
そんなにゆう意味では、お料理もいい気分転換になります。
最近は男性が台所でお料理をするのも普通になってきました。
自分で自分の食べたいものを始める、そして採り入れる。
いつもと違うことをするということは、各種発見もあり、あらたな自分を発見できる場もあるのです。

胃潰瘍の治療


最近は、不況続きでストレスを原因に胃潰瘍になって仕舞う人が多いそうです。
医療の進歩で、胃潰瘍にかかっても、最近ではほとんどが手術をせずに薬で治療をするようになりました。
ただし、再発も非常に多いのがこの病気の特徴でもあります。
二度と治ったと自己判断で服薬を止めてしまうと危険です。
再発の原因となりますので、医師の指示に従って決められた期間はしっかり服薬して下さい。
これが、再発を防ぐ最良の方法です。
しっかり治して健康な胃を奪い返し、再発を防ぎましょう。
また、自分にあった気晴らし法を見つけることが大事になって来る。
「ガス抜き」、「休むこと」は、仕事を長く積み重ねる為には、至極大事になって来る。
胃潰瘍になりやすいタイプとして、神経質な人、几帳面な人、ストレスをため込んで仕舞う人、よく気がきく人、悩みや責任をみずから抱え込もうとする性格の人が挙げられています。
このようなタイプの人にとって、「ガス抜き」は、どうも腹黒いことのように受け取るのかもしれませんが、何事にも緊張と緩和は、大事なことです。
プレッシャーばかりが長く貫くと、胃だけでなく体に延々と支障がでて来る。
リラックスすることは、そんなに低いことではないのですから。
むしろ、リラックスしたプライベートがあるからこそ、仕事のストレスが気持ち良いものになるのだと思います。
あと、正しい生活・食生活を心がけましょう。
胃の負担になる香辛料や高脂肪食、アルコールなどは避けてください。
この際、禁煙にチャレンジするのもいいでしょう。
断じて改善を早める手助けとなります。
胃潰瘍は一般的に2~3ヵ月間の治療で良くなりますと言われています。

wakiga4118man