高血圧の合併症


高血圧はキケンだ、キケンだとあちらこちらで言われていますが、案の定どのようにキケンであるのかご存じでしょうか。
高血圧そのものは、わずか血管を受かる血液の圧力が大きい状態を指しますが、この状態が貫くことで、さまざまな合併症が現れてしまう。
それが恐いのです。
何故なら、それらの合併症は、簡単に完治出来るような病気ではないからなのですね。
そもそも、高血圧という状態では、自覚症状ばかりありません。
どっかが我慢できないほど痛むとか、皮膚の色が変わったり発疹が出るなどするのであれば、人は誰でも病院へ滑り込みますでしょう。
但し、高血圧にはそういった症状がないため、見過ごしてしまいがちになるのです。
健康診断などで高血圧と診断されたかたであっても、自覚症状が何も乏しいのだから・・・と恐れることもなく安心しきってしまい、引き続き病院へ行かないというかたも手広くいらっしゃいます。
それほどしますと、ある日やにわに、凄い頭痛がして脳の血管が切れたりするわけですね。
それほどなってからでは、更になかなかしようがありませんから、早めに病院へ行ってくださいと言っているのです。
高血圧が影響するのは脳ばかりではありません。
圧力のかかった血液が終始血管を流れていますから、当然ではありますが、血管に障害が起こることもしばしばですし、その血液を送りだす心臓にも大きな悪影響を加え、心臓疾患を招きます。
また、腎臓にも悪い影響を与えますから、腎疾患も招きます。
ひいては、わずか意外な部分であるかもしれませんが、眼球にも多大な悪影響を及ぼします。
次回からは、高血圧が導くこれらの病を細かく説明してゆきましょう。

高血圧による動脈硬化


高血圧になってしまいますと、さまざまな合併症が現れてしまうが、その理由を細かく説明いたしましょう。
動脈内部を圧力の大きい血液が流れ続けることによって、動脈が硬化してしまうというのが大きな原因となっています。
「動脈硬化」という症状を聞いたことはございませんか。
原因は高血圧ばかりではありませんが、高齢になるほど動脈硬化のかたの比率は高くなってゆきます。
血圧が高くなることによっても現れる動脈硬化ですが、なんで、血液に圧力がかかると動脈が硬化してしまうのでしょうか。
まず、血管内を流れ出る血液の摩擦力によって、血管の内膜に力がかかって仕舞うということがあります。
再度、そんな状態では血管内皮から血管収縮もの質が分泌されることとなります。
そうして、その血管収縮もの質によって、血管内皮が障害受けることとなります。
二度と、身体はそれを修復しようとして、粥腫(アテローム)というもの質を形成し、結局はそれがアテローム動脈硬化症の原因になるというわけです。
ですから、高血圧でなければ、このような段階を踏まずにすみ、アテローム動脈硬化症にはなりにくくなりますね。
実際のところ、動脈硬化には、このアテローム動脈硬化症のほかにも、細動脈硬化、中膜硬化などがあるのですが、一般的にはアテローム動脈硬化症のことを指します。
このアテロームを伴った動脈硬化は、高血圧のほかに、喫煙や脂質異常症、糖尿病なども原因となります。
喫煙者も依然多いですし、脂質異常症のかたも数多くいらっしゃいます。
糖尿病も現在の日本では激増しています。
このように病名が垂らしば病院で治療を始めるかたが多いのですが、喫煙や高血圧は楽観視するかたも多いです。
気づいた時折、再び手遅れという場合があり得ますので、高血圧の治療は必ずやするようにしてください。

高血圧による脳疾患1


本日は、高血圧による脳疾患というタイトルとしてみました。
前回の記事もご理解いただけたと思いますが、高血圧が直接的に脳疾患に結びつくというよりも、高血圧によって動脈硬化が引き起こされ、それによって脳疾患などさまざまな病気に結びつくとして下さい。
とはいえ、根本にあるのは高血圧ですから、どうしてもそこを改善しないと解決しません。
今回は脳疾患について書いてゆきますが、脳は心臓と並び、人間にとって最も要です。
その部分にキケンが及ぶ可能性が高いのですから、高血圧を軽々しく見てはいけません。
高血圧によって起こり得る脳疾患といいますと、脳卒中が多いでしょう。
脳卒中の中には、脳出血や脳梗塞、くも膜下出血などが含まれますが、高血圧が大きな原因となるのは脳出血と脳梗塞ですね。
脳出血というのは、脳の中の血管が破れてしまい、血液が脳の内部に流れ出て仕舞う症状です。
脳梗塞のほうは、脳の内部の血管が詰まってしまい、そこから先に血液が行かなくなって仕舞う症状です。
とも、命を落とす心配のある症状なのです。
助かったとしても、身体の半分に麻痺が残ったり、そのせいで言葉も話せなくなってしまったり、認知症まで発症してしまったりと、心から耐え難い思いをすることになってしまいます。
高齢であればあるほどリハビリも出来なくなり、寝たきりになって仕舞う可能性が結構高いです。
年齢が若ければ、もとのように元気に生まれ変われる可能性もありますが、それにしても困難リハビリを経験することになるでしょう。
高血圧は、絶えずこのような症状と隣り合わせだということを、しっかりと覚えて望むと思います。

wakiga4118man