高血圧による脳疾患2


高血圧による脳疾患といいますと、脳出血や脳梗塞が真っ先に思い浮かぶのではないかと思いますが、本当はそれだけではありません。
「高血圧脳症」という病名をお聞きになったことはございませんか。
高血圧脳症になりますと、頭痛がしたり、吐き気がしたりしてきますので、なのでようやく病院へ出掛けるかたもいらっしゃるようですが、二度とそこでもほおっておきますと、ひいては脳出血に至って仕舞うことが多々あります。
しかも、脳出血だけにとどまらず、心不全や腎不全になって命を落とすことにもなりかねません。
ですので、高血圧脳症という病気は、こうした最悪の事態の一歩手前というように認識しておくとよいでしょう。
そうして、この高血圧脳症がどのような症状をあげるのかといいますと、頭痛や、意識障害、視力障害などで、たまに、けいれんなどを起こすこともあります。
これらすべては血圧が高くなることによって脳に障害が発生し、表れてくるものです。
脳の血管は「脳血管の自動調節能」という働きを携帯しています。
それを簡単に説明するだとすれば、血圧の上昇や下降に対して脳内の血管を収縮させたり、拡張させたりします。
それほどすることによって、血管の抵抗を足したり、減少させたりして、脳内の血行を一定に保とうとするのです。
自動的にそのように調節していただけるから、はたして人体とは良く出来ているものですね。
但し、その重要な調節能の範囲を超えて仕舞うほどに血圧が上昇してしまいますと、脳内の血行は異常なほどに増えてしまい、脳の毛細血管内から血管外へと血漿成分がしみ出してくるのです。
そんなにしますと、脳はむくみを起こしますから、頭蓋内圧が亢進することになります。
このような状態を高血圧性脳症と言っています。
ご自身の高血圧に気づいていなくても、この症状になるとたいがい気付きます。
そしたら、アッという間に病院へ行ってくださいね。

高血圧による心疾患


高血圧が影響を及ぼすのは、脳だけではありません。
血管は全身を網羅していますから、全身になんらかの影響があるのは当たり前といえば当たり前ですが、高血圧のやっかいなところは、人間にとってとくに重要な臓器に支障をきたすことなのです。
脳と同じくらい大切な臓器である心臓・・・そこにも生死を左右するような大きな悪影響を与えます。
心臓への悪影響として「虚血性心疾患」と「心肥大・心不全」とに激しく隔てることができます。
虚血性心疾患というのは、冠動脈の硬化により心筋への血行が阻害されることで、代表的な病名を吊り上げるとすれば、「心筋梗塞」や「狭心症」など、心筋障害をきたす疾患をいいます。
一方、心肥大・心不全というのは、高血圧である状態が長く貫くことにより心臓の仕事量が増えますから、心筋が肥大して現れるという症状です。
それが、どのように悪いのかと申しますと、肥大した心筋はさらなる高血圧の負荷により拡張してゆき、ひいては心不全に陥ってしまうことになるのです。
また、肥大した心筋ですと冠動脈からの血行も減少してしまいますから、虚血に陥りやすくなり、不整脈や虚血性心疾患の大きなリスクとなってしまいます。
虚血性心疾患のほうは、高血圧が原因ではない場合もあります。
糖尿病が原因であったり、喫煙が原因であったり、肥満が原因の場合もあります。
ですが、これらが原因である場合も、並行して高血圧場合が多いですからね。
血圧を正常値に保っていることで、このような疾患の感じが低くなりますから、やはり高血圧はすぐにでも治療しなくてはいけません。

高血圧による腎臓疾患


高血圧が悪影響を及ぼすのは脳や心臓だけではありません。
腎臓にも大きな影響を与えます。
腎臓の内部に存在していて、大変重要な働きを通じている糸球体というものがありますが、それが本当は細動脈の束になったものなのです。
高血圧は動脈に多大な損傷を授けるということは今やお話いたしましたね。
また、糸球体高血圧がレニン-アンギオテンシン系を賦活するために、どんどん血圧を上昇させることとなります。
レニン‐アンギオテンシン系といいますのは、血圧や細胞外容量の調節に関わっているホルモン系の総称のことです。
出来るだけ簡単に説明しているつもりではありますが、多少の専門用語が合わさることをお許しください。
さて、なので腎臓内部の糸球体というものは、廃絶いたしますともう再生してくれません。
ですから、糸球体障害は残存糸球体への負荷をグングン鍛えることになってしまいます。
やがては腎不全となってしまい、人工透析を受けなければならなくなってしまうのです。
人工透析はお分かりですね。
腎臓が普段行っていることを、不自然に機械を使用して行うと言うことです。
人工透析を行うようになりますと、一週間に何度か病院へ赴き、何時間もかけて透析をすることになりますから、そんなふうになってしまいますと、仕事も出来なくなってしまいますし、経済的な負担も大きなものとなってゆきます。
腎臓の病でそのようになって仕舞うのなら、いまだに諦めも付くかもしれませんが、益々早くにほんのり気を付けるだけで改善したかもしれない高血圧が原因でそのようになってしまうのでは、悔やんでも悔やみきれないと思います。
高血圧をほおっておくと、いずれはこのようなことにもなり得るということを忘れないようにして下さい。

wakiga4118man