高血圧の原因(年齢と肥満)


高齢のかたがたが、血圧が高くて病院に通っているという話はよく耳にしますね。
世間話が耳に入ると、おそらくはこうしたことを言っています。
そんなに全員というわけではないのですが、高齢になりますと多くのかたが高血圧になって生じるのは本当のことです。
それは、何故なのでしょうか。
なんらしようのないことなのですが、年をとると共に血管も老化してしまうからです。
手足など身体の末梢神経部分が、動脈硬化によって狭くなったり固くなったりして高血圧の原因になってしまう。
末梢神経の血行が悪くなりますと、心臓は血液を送り込もうとして、過度に働いてしまいます。
その結果として血圧が上昇してしまう。
また、 肥満のかたも高血圧になりやすいです。
肥満は、高血圧だけでなく、さまざまな病気の原因となりますから、これもまた早めに解消狙うものですね。
肥満になって脂肪が過剰につきすぎますと動脈硬化が進んでしまう。
それが原因となって高血圧になるということです。
肥満になり、身体の体積が大きくなりますと、身体全体のエネルギー消費量が増えてきますから、心臓が送りだす血液の量も増えて血圧が上昇することになります。
老化の方は、年齢を若々しくすることは不可能だが、肥満の方は努力次第で益々ダイエットできますから、後々、高血圧で苦しまないためにも、また、もはや高血圧のかたは、正常値に近付けるためにも、ぜひダイエットに励んで下さい。
肥満は正に見た目だけでなく、健康に非常に悪いですから、現在、肥満でないかたは、そのままの体系を保つことが大切です。

高血圧の改善(食事療法1)


前回まで何度かにわたりまして、高血圧の原因をお話してまいりました。
今回から高血圧の治療についてお話してゆきます。
原因がきちんと頷けることで治療の方も進め易くなりますが、最低でも原因の数だけ治療があると言えるでしょう。
ひとつの原因につき、いくつかの治療がある場合もありますから、治療はとてもたくさんあることになります。
ですから、現在、高血圧のかたも、それほどご心配なさらずに治療に専念して望むものだと思います。
ほとんど、高血圧の原因と考えられるもので多いのは、塩分の摂りすぎでしたね。
塩分を燃やすことで血圧が下がってくれるのなら、これほど簡単なことはありません。
ですが、塩辛い味付けに慣れてしまったかたにとっては、ちょっと苦しく憶える場合もあるでしょう。
食事は毎日のことでもありますし、一般的な人間の味覚として塩分がなんとなく多めのほうが美味しいと感じてしまいますから、たまたま執念深い味付けのものを召し上がって来たのだと思いますが、やっぱこれを淡泊に戻さなくてはいけません。
高血圧がいかほどキケンであるのかを本当に知ったうえで、一度に淡泊に出来るのであれば、それが望ましいですが、食事があまりにも味気なく見紛うこともうら淋しいですから、少しずつ淡泊としてゆくのがお勧めです。
塩分を控えてもの足りなさを感じる時折、トウガラシやわさび、からしなどの辛味を付け加えたり、お酢やレモンで酸味を加えるのが良いですね。
ハーブやスパイスなどの勉強も少ししてみてはいかがでしょうか。
これらを上手に使うことによって、塩分を随分燃やすことが出来ますし、また、初々しいお料理の味付けが出来るようになり、レパートリーもごっそり広がります。
ご自身が食事を作っていない場合には、食事を作っているかたにお勧めしてみてはいかがでしょうか。
また、塩分を減らしていくうちに、不思議と淡泊に慣れてゆくものだから、そうすれば閉めたもの。
もっと塩辛い食事を食べられなくなりますよ。

高血圧の改善(食事療法2)


高血圧を改善するための食事療法として、前回は塩分を引っこ抜くことに焦点をあててお話いたしました。
今回は、高血圧を改善に導いてもらえる食ものについてお話してみようと思います。
毎日三度、体内に入れる食事ですから、ここで高血圧を改善させて得る食ものを摂らないでいるのは、あまりにももったいないことですね。
遺伝でなければ食事によって高血圧になってしまったかたが多いので、同じように今度は食事を改善して、高血圧も治してゆきましょう。
高血圧のかたに良いとされている食ものがいくつかあります。
その中けれども、調理などせずに気軽に食べられるものが「りんご」でしょう。
りんごには「カリウム」というもの質が入っているのですが、このカリウムがナトリウム(塩分ですね)を体外に排出して受け取る働きを持つのです。
一般的なお話ですが、一日にりんごを3個食べれば血圧が下がり、脳卒中などのリスクがなくなると言われています。
ですが、りんご3個を毎日というのは、何だか続けられないと思います。
ほかの方法も並行しながらであれば、毎日1~2個のりんごも良いのではないでしょうか。
また、玉ねぎも血圧を下げてもらえる食品として有名です。
とくに、皮の部分をよく洗って、煎じて呑むのがよく効くようです。
皮の部分などというと味が悪そうに思うかもしれませんが、オニオンスープものの風味でほんとにおししく呑むことが出来ます。
再び、血液をサラサラにする成分が豊富な青魚やお酢も普段より多めに摂ると良いでしょう。
ほかにも海藻類や大豆製品などが良いと言われています。
食もの繊維が豊富な食材も、塩分を排出してくれるのでたくさん摂りたいですね。

wakiga4118man