霜焼け予防に影響的なグッズ(靴のインソール)

寒い地方のお子さんたちは、近年でも、よく霜焼けに成りますし、冬季に水ワークを、するかたも霜焼けになり易いです。

もっとも霜焼けになり易いボディーの部位は、足と手だと言われていますが、、足と手では、どちらが、なり易いかと申しますと、足のほうが、なり易いとおもわれます。

靴やスリッパを、履いていると言うのは、いえ、常に冷たいグラウンドや床と接しているからです。

そこで、足の霜焼けを、予防するためのグッズとして靴の「インソール(中敷き)」を、おススメします。

一定グレードのインソールを、一枚、靴のなかに敷くだけでも、かなりの冷気を、遮断してくれるものですが、、近頃のインソールは、多様な工夫を、凝らしたものが、いっぱい有ります。

霜焼けの予防として利用するとすれば、冷えを、撃退する工夫が、なされたものが、良いですよね。

たとえば、インソール全体が、カイロになっているものや、つま先部位が、カイロになっているもの等は、酷い冷え性のかたや、冬季でも、外でワークを、しなくては、なら無いかた、そして、過去に霜焼けになったことが、有るかたには、とくにお奨めです。

ミニ大きさのホッカイロを、入れておいても良いのですが、、それですと異物感が、有りますから、インソールスタイルになっていれば爽やかなま迄温かい足もとを、保ってくれます。

又、湿気を、吸収しつつ発熱してくれる素材を、利用して創られたインソールもおススメです。

カイロほどでは、無いにしろ、辛い冷えから足もとを、守ってくれます。

断熱性が、高いインソールも良いですよ。

インソールは、本質的には、靴のなかに入れて利用するグッズですから、家のなかでは、利用しませんが、、常々、戸内履きやスリッパを、利用しているかたでしたら、そこにインソールを、入れ、家でも、お手軽に温かい足でいることが、出来ます。

進歩した近頃のインソールを、お試しちょーだい。

wakiga4118man